私と夫と猫の幸せ生活

Welcome to my blog

Category猫、動物 2/6

その後の様子

血液のデータ上は、黄疸は解消し、肝臓も良くなってきています。つまり、治療の効果は出ているんです。なのに。キアはまったく食べません。最近は流動食を見るだけで嘔吐するようになってしまいました。病院では、吐き気止めの注射をして、口から胃にチューブを通し、流動食を飲ませています。(そんな苦しいことさせたくなかったのに)食事の後は吐き気から大量のよだれを垂れ流し、それはそれは苦しそうです。入院時より更に痩せ...

  •  14
  •  -

癌検査

今朝、自宅から撮った空。刷毛でちょんちょんと描いたような雲。獣医さんが一番最初に疑ったのがエイズ発症。血液検査の結果、エイズではなく肝臓とわかり、次の疑いは癌。今日、レントゲン、エコーとキアの癌の検査でした。肝臓はやはりかなり大きくなっています。が。腫瘍はなし。つまり、癌ではありませんでした。“なんなんだろうねぇ”と院長先生。“黄疸がひどいし”正常値は0.4までなのに、キアは5以上ありました。(単位失念)...

  •  17
  •  -

キア入院

キアの状態が思わしくありません。この2日ほどはまったく食べず、胃液を嘔吐すること2回。今日、月曜日、さっそく動物病院に連れて行きました。体重3.8kg、今年始めと比べて1kg減。体温、39.2℃。微熱。鼻づまりはあるけれど、食べられない程度じゃない。血液検査をしてもらいました。結果がでるまでしばらくいろんな話をしました。まず、キアはFIV(猫エイズ)のウィルスを持っているので、エイズ発症の怖れがあること。14歳にも...

  •  22
  •  -

キアもお年?!

なんか、まっすぐに座ってないな~と気づきました。そういえば、手すりに乗っていたときも左足を投げ出していたし。すぐにしゃがみ込んで左足を出してる。テーブルの上で寝るときも左足が。床の上でも。触ってもまったく痛がらないし、年齢のことかも(キアは14歳)と、少し様子を見ていました。でも、昨日は歩き方もちょっと変。心配なので、病院に行って来ました。診察台の上で左足を診てもらっています。触られても、まったく嫌...

  •  24
  •  -

エリザベスカラーが!

抜糸まで入院させようかとも考えましたが、それは来週だそう。なので、昨日連れて帰ってきました。家に着いてバスケットから出したとたん、走る!逃げる!キアにしてみれば、エリザベスカラーは異物が首に着いているのも同然。嫌がって逃げても走っても、その異物は壁に当たり、階段に当たり、キアの首に食い込みます。パニックになった猫は余計に走り、隠れようと狭い所に入ろうとするのですが、エリザベスカラーのせいでどこにも...

  •  38
  •  -
About this site
英国人の夫との幸せな毎日 
About me
イギリス人の夫と結婚して、28年目。
結婚したときは、想像してなかった。今でもこんなに幸せとは。
専業主婦で食べることが好き。旅行が好き。おしゃれが好き。猫が好き。夫が好き。
現在は猫いない生活中。
コメント大歓迎♪♪