私と夫と猫の幸せ生活

英国人の夫との幸せな毎日 
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 家
CATEGORY ≫ 家

おうちの定期点検

お家ができて、もうすぐ2年なので、定期検査を受けました。
このあいだ電話で、“午後のほうがいいんですけど”と言って、1時半に約束していたのに。
ぴんぽ~ん、ぴんぽ~ん
チャイムが鳴ったのは、朝の9時半。
もちろん(!!)眠っていました。
チャイムは無視したけど、直後に電話。
午後の1時半って、家内から聞いてますけど”

来たんだから入れてくれと言わんばかりに、かなり不満そうだったらしいです。
でもっ!!!
1時半って約束したのに、なんで9時半に来たのよ(怒)!
こっちにもいろいろ都合があるんです。
たっぷり寝て、シャワー&シャンプーして、トイレと洗面台の掃除など。
…なぁんて顔は露ほども見せず、1時半にお迎えしました。
今日の最高気温は34.9℃。
外回りのチェックのあとに氷を浮かべた冷え冷え麦茶も御馳走してあげました。
床下収納庫を外して、床下の漏水もチェック。
天井裏、水回り(掃除しておいてよかった)、窓も開けたり閉めたり。
汗だくになったので、また麦茶を御馳走。
家はなにも問題ありませんでした。
パティオに付けた電動ブラインドシャッターがいたくお気に召したようで、
“メーカーはどこですか、いいですね~、開放感があって”
はあ?ハウスメーカーにお勤めでしょ?!

うちのセントラルエアコン、全館冷暖房だとカビにもいいらしいです。
全館空調していると、お金がかかりそうですが、そんなにかかりません。
うち(40坪)はオール電化で、全て電気ですが、エコキュートも入れて7月分は1万5千円弱。
たぶん今月は2万円くらい。
家中涼しいし、排気口と吸気口で家中の空気を循環させてるので、冷気が直接あたることもありません。
冬は暖かく、お風呂に入るときの温度差もなく、心臓にも優しい。
大満足です。

新しいお家とグランドピアノ。
2つの夢が叶って、次の夢はハウスクリーニングサービスで、お掃除から解放されること。
頑張れ、夫!

イギリス式

きのうは夫の大好きなローストチキンを作りました。
とってもおいしくできました。
元気を出してもらいたかったの。
ありがとうって、何度も言ってくれました。
どういたしまして。
私は夫が大好きなんだもの。
ローストチキン6/27-1

こういう切り分けは、すべて一家の主の仕事。
夫が切り分けてくれます。
お客様のときは、“Leg or breast ?"(脚か胸?)と好みを聞きます。
夫は胸肉。私は脚が好き。
ローストチキン6/27-2

私のお皿。
鳥の右側にあるのがおなかに詰めたスタッフィング。
タマネギ、ベーコン、ラムレーズンなど。
グレイビーとブレッドソース

2種類のソースと共にいただきます。
手前が焼き汁を使ったグレイヴィーソース。
奥は(なぜかこれを知ってるアメリカ人はいないの)タマネギ、牛乳、生パン粉でできたブレッドソース。
イギリスでは本来これに加え、クランベリーソースも出します。
私、あまり好きでないので出しません。
でも、クランベリーソースが好き、という人にも会ったことがない。

とってもおいしかった♡
残りは今日のお昼のサンドイッチです。

オーヴンって、システムキッチンに組み込む人が多いと思うけど。
私はあえて、別にしてます。
オーブン

夫の実家では、オーヴンは目線高さにあって、とっても使いやすかったの。
でも、日本のシステムキッチンだと、ガステーブルの下でしょ?!
私はオーヴン、毎日のように使うし、チキンも途中で焼き汁かけたり。
しゃがんで使うようでは、使いにくいので。
このオークのシステムキッチン自体は、とても好き。
とってもいい色なの。

キッチンの隣に家事室(パントリー)を作ってもらいました。
パントリー

お風呂の脱衣所に洗濯機、というのがあまりにも生活感あり過ぎで好きになれないの。
ここに生活感を閉じ込めてます。
猫トイレも。

みんな、勝手に…

午後になって晴れてきた。
夫は2階で仕事。
猫は毛布の中で眠ってて、9時まで起きてこない。
静かな午後。
家の中の写真を撮った。

1年半前に商店会のがラポン抽選会で貰った、多肉植物。
観葉植物
テレビの上がよほど居心地がいいらしく、のびのびと育った。
27インチのテレビの上も、もうすぐ足りなくなりそう。
どうしよう。
どうしたらいいの?!

やはり1年半前に、新築祝いで胡蝶蘭をいただいた。
書いてある通りに、植え替えた。とっても元気に咲いている。
とっても元気。でも。胡蝶蘭
なんか胡蝶蘭の気高さがない!!
売ってるみたいに、すくっと花茎が立ってないのよね。
元の花茎から、新しく伸びてくるもんだから、こんなになっちゃった。

カウンターの端っこ。きっちんかうんたー
これも貰ったランの一種。
とっても香りがいいので、また咲いて欲しいのだけど、咲いてくれない。
どうして咲いてくれないの?
額に入っているのは、大好きなマティス。
これは代表作のゴールドフィッシュ。
前は大きなポスターを飾っていたけれど、家が新しくなって、壁に穴をあけたくなくて、小さいのを置いている。
万華鏡と銀の猫(真っ黒になってる)、夫の実家がアウルズネスト(フクロウの巣)というニックネーム(昔、巣があったらしい)だったので、義母が集めていたフクロウのひとつ。
アンティメアリーからの絵はがき。

家の建て替えの前に、家具屋さんにふらっと入った。
いろんなソファに座ってみたら、掛け心地がものすごく違う!
ひとつ、とっても掛け心地のいい物があった。
何回も通った。何回も試してみた。
どうしても“それ”が欲しくなった。
白の一枚革のソファ。ソファ
毎晩、ここに座ってワインを飲みながら、映画を見る。
猫のおなかを触りながら。2008_0304AE.jpg
でも、買ってから気がついた。
猫のツメと皮のソファはいい組み合わせじゃない!!
気づくのが遅いよぉ!!!

家を買うとき

結婚したとき、引っ越そうかどうか考えたけど、夫のアパートにそのまま住むことになった。
四畳半と六畳の和室と四畳半のダイニングキッチン、小さいお風呂とトイレ、洗面所。
洗濯機はドア(玄関なんてものじゃない)の外だった。
水道メーターの検針の人が“ピンポーン”。夫が出た。
“水道の量が、今までの二倍近くになってるんですけど、洗濯機かなにか、新しくしましたか?”
“新しい奥さんが来ました♡”

安普請の古いアパートで隣の音が筒抜け。
隣は女子大生だったけど彼の所に行ってるらしく、ほとんどいなかった。
春になって、新しい住人が来た。
18歳の娘のいる、これから離婚するという女の人。(全部、聞こえる!)
この女の人、毎晩1時、2時、酔って友達を連れて帰って来て、うるさい!!
週末には娘がやって来て”金くれ!”と叫ぶ。
“離婚するのはあんたの勝手だから、私には関係ないでしょ!お金、ちょうだい!!!”

引っ越そうと決めた。
すでに患っていて気の弱くなっていた母が“(娘が)遠くに住むなんて、耐えられない”
“半分出すから、近くに買って”
不動産屋さんにあちこち見せてもらった。
17年近く前、不動産はかなり値下がりしていたが、坪200万を切るなら売らない、と言う人が殆どだった。
その中で坪180万で60坪、南道路で道路より高く、とても日当りのいい古屋付きの物件があった。
購入を決め、夏に夫の実家に帰った時、夫は株を売るように証券会社に頼んだ。
そして週末、ベルリンの壁が崩壊し、株価も崩落!!

あれから不動産価格は更に下落した。
お金のことだけを考えると、あまり得をしてるとは思えないけど、それでも自分の家を持ったことはとても大きな意味を持った。
あのとき夫は見かけのいい建て売りの小さな新築に惹かれていたようだったけど、私が反対した。
“家なんか建て替えられるんだから、土地のいいことが大切”って。
古い家に15年くらい住んだ。
全部、和室だったので夫はよく鴨居に頭をぶつけた。
前の住人が学者だったので、書斎があり、夫が使わせてもらった。
雰囲気のある日本家屋だった。
日当りのよさが今もこの家の財産。


New lawn mower

芝刈り機が届いてからやっと、時間のある日とお天気のいい日が重なったので、
芝刈りしました!!
箱から出して説明書を広げて、出てきた夫のベルトに延長コードのフックを掛け(フフっ、もう逃げられない)芝刈り開始!
電動なら10分くらいでできちゃう♫って(口コミで)書いてあったのに、半年刈ってなかった芝が長過ぎるのか、芝刈り機はすぐに(ブレーカーが作動して)止まっちゃう。
我が家の狭い庭を刈るのに1時間以上!もかかってしまいました。
しかも、わかっていたけど、際が刈れない。
あとはひとりで芝ばさみを使ってチョキチョキと地味に一時間ちょっとやったのだけれど、軍手してても指にマメができちゃって、今日はギブアップ。
あと際がりが1/4位残ってるけど、それでも少し達成感!
あ~~、疲れた。
それにしても、説明書、使い方のあとのページで”上手な刈りかた”っていうのを見つけたんだけど。
“長い芝は日をおいて、2回に分けて順次に短く”
”一度に短く刈ると芝生が枯れることがあります”
もう短く刈っちゃったあとだよ!!
”スイッチを入れ、芝を刈る”のページの前に書いて欲しかった。
枯れたらどうするのよ?!!