バカヨメ?!

アイアイアイアイアイラブユ~~~♬
アイアイアイアイアイラブユ~~~♬
きのうの夜、2階の書斎で仕事する夫に送ったメールです。(バカヨメ?)
そうしたら降りてきて、”うたって♡”と言うので、
アイアイアイアイアイラブユ~~~♬
アイアイアイアイアイラブユ~~~♬
歌ってあげました。
今朝、パソコンを開いたら、メールの返事が入ってました。
And I love you too, darling~~~♬
朝からノロけてます。
まっ、自分のブログだし、いいかっ?!

普通のヒトは、お休みの日は休んでると思うけど、夫はうちでも仕事。
なので、1年365日、仕事してる。
夜も9時過ぎても仕事してることが多いので、時々ちょっぴり淋しい。
ごめんね。って言ってくれる。
夫の書斎。書斎
夫の著書もあるけど、見えない!
これで8畳あって、引っ越してから、まだ2年経ってないんだけど。
でも、私が手を出す訳にもいかないし。

夫に守られて、お気楽主婦やってます。
今晩は、Pork with Mustard and Tarragon。クッカリーブック
お料理大好き。
Cocinera de casa=Cook of the houseと、言ってます。(自称)

ひとりご飯の夜

きのうの夜、いちおう念のため!と思って、夫に聞いてみた。
“Who is the most beautiful woman in the world ?”
私を指差し、
“M子チャン。But you knew that already。”
うん。わかってた。
ということで、私は世界一の美女でした♡やっぱり?!

きのう作った食事の写真を撮った。
カツオの土佐づくりと呼んでいるもの。カツオ
大根の千切りをたっぷり敷いて、カツオのお刺身をたくさん載せて、貝割れ大根、大葉、ミョウガを刻んで載せてポン酢で頂きました。
油で焼いたにんにくスライスがあるとおいしいんだけど、対人関係に響く(?)のできのうは無し。
これで一人前。
こちらがインド料理のサモサ。サモサ
餃子の皮を使って、中にはカレー味のじゃがいも、たまねぎ、グリーンピース、クミンシードが入ってる。
炭水化物の固まりを油で揚げた、高カロリー料理。
夫は、“I had four, at least.”
“えーっ、私はその倍は食べてるよ!”
おなかいっぱい頂きました。

スペイン語の先生、会う度に、
“ホソーイ、キレーイ”って言ってくれるんだけど、最近、自分のことを、
“Gordo(太ってる)”と言い始めた。
そんなことないよぉ。おなかだけ、ちょっと肉がついてるけど、脚なんかはキレイだもの。
ふくらはぎが細いのが、外国の人の特徴よね。
とにかく、昨日の朝は健康診断のために、朝食抜きだったらしい。
“ポキート(ほんの少し)ダイエット。毎朝、健康診断やって欲しい(スペイン語で言った)”
かわいい先生です。

今日は夫がお弁当付きの会議。
なので、ひとり晩ご飯。
つまんないよぉぉぉぉぉ。
けど、夫がいる時には食べられない物を食べる。
夫はおそばのアレルギーがあって、おそば屋さんで“うどんなら大丈夫!”と思ったのに、同じお湯を使ってるかなにかで、激しくおなかをこわし、それ以来、うどんも嫌がる。
だから、今日はおうどん!(おそばは危ないので、うちにはない)
おうどんだけだとさみしいので、天ぷらも!!(けっこうやる気になってる?!)
ええぃ!ひとりでさみしいから、食べてやるっ!!

そんなに華やかでない過去

中学、高校、誰ともおつきあいをした事がなかった。
片思いで中学、高校とも一度ずつバレンタインデーにチョコレートを渡したけど、フラレた。
メガネをかけた冴えない女の子。背が高いのがコンプレックスで猫背で歩いてた。
まともに”好き”って言ってくれる人もなく、”好きだ。ハァハァ”とイヤラシい電話があるくらいだった。
中学2年でメガネをコンタクトに替え、高校から地元の吹奏楽団に入って、少しずつ私は変わっていった。
吹奏楽団の社会人の先輩が”きれいだ。美人だ。猫背じゃもったいない。”何百回も言ってくれて、自信を持たせてくれた。
自信が女の子を輝かせる。でも本当にうぶだった。
大人になって振り返ってみると、あの放課後、4人でお喋りしてた時、クラスで一番モテた男の子が”僕は君に興味があるけど、君はどう?”のジャブを繰り出してたのに、その時はそのサインに気づきもしなかった。
隣のクラスの担任の先生が、私と結婚したいと言ってると聞いた。
私の担任と仲が良かったので、多分お酒を飲みながら”ああいう子がいいなぁ”と言う話になったんだと思う。
数学の先生は”君は僕の永遠のマドンナだ”って言ってくれた。数学はトップクラスの成績だったので。
でも数年後、高校を訪ねたら私に気づかなかった。
二十歳になる頃からみんなが振り返るようになった。
母でさえ”息をのむ程だった”と言っていた。
もう26年も前の話。

男の子3人と遊んでた時もあった。3人で飲んだり、1人ずつ食事したり。
3人から”好きだ”と言われたけど、あれはひとりが言い出したら”俺も”となる”感染症”みたいなものと思った。
私は自分の周りに高い高い塀を築いていった。
難攻不落の城壁。そうやって自分を守ってた。
私の前で下ネタも許さなかった。
男の子達は”甘えて欲しい”と言ったけど、私はストリクトだった。

何年か前、友達と話してて、”私の周りは紳士ばかりだった”と言ったら、訂正された。
“M子は紳士でないと相手にもしなかった” 
確かに。

結婚したら自分で自分を守る必要はなくなった。
夫が守ってくれる。
私は夫に甘えられる。とってもとっても楽になった。

おいしかったローストチキン

昨日のローストチキン、夫はとっても喜んでくれた♡
帰るコールのときに、”今日はローストチキンだよ”って言ったんだ。
そうしたら、きっと帰りの足どりも、少しは軽くなるだろうと思って。
おいしい、おいしいって食べてくれた。
ほんとにおいしかった。
昨日、買い物のかえり、近所の人に、
“あなた、いいご主人に恵まれて、しあわせねー”って言われて、
“えぇ、ホントに優しい人なんです”と、のろけてしまった。
その話を夫にしたら、
"I'm the lucky one"
(結婚して)ラッキーなのは、ぼくのほうだよ。
18年経っても、しあわせ、しあわせ♡

しあわせ

もう、雪、溶けちゃった。
お日様、とても暖かかったし。
そう言えば、”あたたかい”って言葉、夫には、とても言いにくいの。
あたたかかったとか、もう最悪。
あた、あたた、あたかっとか、スタッタリング(どもる)しちゃう。
英語舌には発音しにくいのね。
私はわざと、暖かくなってきた、とか言って、
“ショウオフしてる”(見せびらかし)と、良く言われた。
でも、そんな私が、夫には可愛くて仕方がないんだ。
結婚して、もう18年目。
子供はできなかったけど、仲の良さは世界一。
あぁ、しあわせだなぁ…
プロフィール

愛されている妻

Author:愛されている妻
イギリス人の夫と結婚して、29年目。
結婚したときは、想像してなかった。今でもこんなに幸せとは。
専業主婦で食べることが好き。旅行が好き。おしゃれが好き。猫が好き。夫が好き。
現在は猫いない生活中。
コメント大歓迎♪♪

ブログランキング
ランキングに参加しています。 応援してね♪

FC2Blog Ranking

最近の記事+コメント
カテゴリー
検索フォーム
Wedding Anniversary

FC2カウンター
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: