母と仲良く

2013.06.26 10:25|私の家族
父は6月21日金曜日の夕方、息を引き取りました。
すべての苦しみから解放されて、楽になったと思います。

21年前に伴侶と死に別れ、ずっとひとりだった父。
「早く房子(私の母)に会いたい」
よく言っていましたね。
今ごろ手を取り合って再会を喜んでいるでしょうか。

昨日(6月25日水曜日)、告別式を終えて、お骨は私の自宅に帰ってきました。

情けないのは私の体で、父の死を受け入れてくれないのです。
のたうち回るような激しい腹痛、嘔吐などを繰り返し、昨日の告別式も列席できたのは最後の5分のみ。
すべてを終えた今日からは不眠と腹痛から解放されると思っていたのに、今朝も腹痛でしばらく横にならなければなりませんでした。
そして、脱力感...

今まではどんな天気でもほぼ毎日外に出ていましたが、これからは雨が降れば家にいればいいんだし。
そう思っても、“もう私を待っていてくれる人がいない”寂しさ。
どうしようもなく体が重い。
でもそれも、数日も経てばきっと良くなってくれるでしょう。

進めていた父の自宅の売却話は最終契約が明日の予定でした。
存命中に売却すると税金がかなり有利になるはずでしたが、残念ながら間に合いませんでした。

この1ヶ月、家のことはほとんどなにもやっていなかったので、これから少しずつ片付けていかなくちゃ。
ブログのお友達の所にも、少しずつ遊びにいくので待っててね。
それから、お花やお香典など、ごめんなさい、遠慮させて下さい。

コメント

NoTitle

お父様も妻さんも、本当に頑張られましたね。
お父様につきましては、ブログで何度かお目にかかってたので、
元気に散歩されてた姿が思い出されます。
サングラスのチョイワルな感じも素敵でした。
きっと今頃はお母様と再会されていることでしょう。

私も父が亡くなった時、妻さんと同じことを思いました。
やっと苦しみから解放されたね。
帰りたいって言い続けた家に、みんなで帰ろうね、って。。。

情けないなんてないですよ。
今までの妻さんの献身的な頑張りを思うと、受け入れられない方が本当でしょう。
妻さんにとって、大切な大切な存在だったのですから。。

無理かもしれませんが、思いつめませんよう。
お父様のようにはいきませんが、ここに遊びに来るみんなが妻さんを待っていますよ!!
今は時間が過ぎるのを待つしかないかと思います。
ゆっくりゆっくりいつもの素敵な妻さんに戻られますよう。。。
お父様の御冥福を心よりお祈り申し上げます。

*何て言ったらいいか言葉が見つからず、
 私のコメントにお気に触る箇所がありましたら、ごめんなさい。
 

お父様のやっと亡き奥様に会えるという気持ちわかるきがします。
私は最近具合いがわるくて、
今までは、もしフランスで死ぬなら海に散骨してほしいとおもっていたのですが、
最近は、亡くなった子供の横に埋葬してもらって主人がくるのを待ちたいと思っています。
今、お父様は天国でお母様に会えてお幸せだとおもいます。
それに妻さんはご主人がいます、一人じゃないです、待っているひといます。
お粥や果物なにか消化のよいものを召し上がって、ぬるめのお風呂に温泉のもとやバスソルトをいれて、横になって休まれてください。
妻さんはできるだけのことをされたんですから、今はやすまれてください。心からお悔やみ申し上げます。

NoTitle

お父様の事、、、本当に最後の最後まで、献身的にお世話をされていたから、今はその疲れが一度に押し寄せてしまっているのでしょう、、。もう頑張らないで、これからゆっくりと心と身体を休めてね。お父様はこんな愛情溢れるお嬢さんを持って本当に幸せだったと奥様の元にいらしたと思うから。今はお父様との楽しかった時を思い出しながら、悲しみを乗り越えていって下さいね。お父様のご冥福を心からお祈り申し上げます。

NoTitle

お父さまは
天国でお母様と再会されてるでしょうか
(まだかな?)
ご両親揃って 空から妻さんのこと見守って
くれるんじゃないかと思います

でも大好きなひとと会えないのは
ほんとに辛いことですね
受け入れるのはとても難しいことと思います
どうぞしばらくは心と体を休めてください
月並みなことばですが 心からお悔やみを申し上げます

NoTitle

お父様のご冥福を心よりお祈りします。

ずーっと妻ちゃんのブログを読んでいて、お父様が妻ちゃんの心の支えだった事は、このブログを訪れるみなさんにも分かっていた事と思う。

お父様はそんな妻ちゃんを誇りに思い、感謝してるとも思うよ。

私も父の死を受け入れられなかった時があったからよく分かります。
時間をかけてゆっくり、ね。

NoTitle

ご無沙汰しております

お父様は、お母様と再会して、お喜びのことでしょう
ご冥福を心よりお祈り申し上げます

愛されてる妻様、本当にお疲れ様でした
少し横になって、ゆっくりお過ごしくださいませ
私、家族は亡くしたことはありませんが、強いストレスにより酷い頭痛と吐き気がして起き上がれず、数日間何も食べられなかったことがありました
あちこちの病院に行きましたが、原因は不明でした
どうしても仕事に行かなくてはならない日は、会議室を借り切って寝たまま仕事をしたり…
最終的には鍼治療と静脈注射で回復しましたが、心と体のバランスの乱れは、焦りは禁物ですよ
ゆっくり横になれるよう、体が警告を発しているのだと思います

NoTitle

お父様も、妻さんも、旦那様も、お疲れさまでした。

妻さんがおっしゃる通り、お父様はもう苦しくなくて、お母様のもとに行けるという安らかなお気持ちではないかと思います。

涙が出なくなるまで、何年も何年もかかるかと思いますが、それほどの心のつながりがあったのですから、それが自然なことなのでしょうね。

体調を崩されていると、旦那様はもちろん、仲良く寄り添われているお父様、お母様もご心配かもしれません。
どうぞ、無理せず、少しずつ、心も体も回復されますように。

ブログ、書いて下さって、ありがとうございました。
お父様のご冥福をお祈りいたします。
妻さんも、ゆっくり休んで下さい。

NoTitle

お父様のご冥福を心よりお祈りいたします。

お父様は、最後まで寂しい思いをすることなく、妻さんやご家族に見守られて安らかに旅立たれたんだと思います。
残されたご家族の御悲しみは、到底癒せるものではないと思いますが、どうぞ、ゆっくり休んで、お体いたわってくださいね。
きっとお父様も、自分のためにこれ以上ないくらい献身的に尽くした妻さんのこと、見守ってくださってるはずですから。

NoTitle

ただただ休んで、
そして復活してね。

待ってるから!

妻さん

今はゆっくりしてね。
辛すぎる時はここに遊びに来て。妻さんのたくさんのお友達が妻さんを出迎えてくれるはず。

何も無理に前進しなくても良いじゃないですか。
横になっても、何もしなくてもテレビをずーっとつけていても音楽を聴いていても。
体調だけは崩さないように何か食べてね。
妻さんの辛い姿を見ているご主人も体を壊されませんように。

お父様、妻さんに最後まで付き添ってもらえて安らかな旅立ちだったと思いますよ。
これからも心の中で妻さんを支えてくれるはずですよ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

ええ~~妻ちゃん。。。。

回復に向かってると思ってたのに。。。

辛かったね。。。寂しかったね。。。心が張り裂けそうに悲しいでしょうに。。。

良く頑張りましたよ~~
お父様もきっと幸せにいい娘を持ったときっと お母様 今頃お話してると思いますよ

まだまだ 売却契約のお仕事とか色々大変だけど 身体壊さないでね 


お父様のご冥福をお祈りします 

合掌

NoTitle

はじめまして。
親孝行な主さまのブログを拝見させて頂いておりました。

お父様のご冥福を心よりお祈りいたします。

体調には本当に気を付けて少しずつ回復して下さい。

NoTitle

この度は、心からお悔やみ申し上げます。

妻さん、その後体調はいかがでしょうか。
眠れていますか。食べていますか。
大切な人を失うって本当に辛いですね。
この喪失感って本当に失ってみないとわからないです。

残された方としては、いろいろと悔やむことも多いと思いますが、あまりご自分を責めたりなさらずに。
毎日お父様のもとに通われて、十分にお父様にできることをして差し上げたと思います。
お父様も、寂しさを感じることなど、なかったでしょうね。

気温も不安定な時期です。
どうぞご自愛ください。

お通夜、告別式を終えてもその後にはまだまだいろんなことがあって大変だと思います。
無理なさらず、マイペースに過ごしてくださいね。

NoTitle

お父様のご冥福をお祈りします。

お父様はきっとお母様と再会されているでしょうし、妻さんをこれからも見守ってくださっています。

妻さんは、長い間、献身的にお父様を支えその疲れもあるでしょうし、また、お父様の存在が妻さんを支えていたこともあって、その死が受け入れられないのでしょうね。

とにかく、今は身体を大事に、無理せず過ごしてくださいね。

NoTitle

この数年間、お父様の存在がとっても大きかったもんね。
妻ちゃんほど献身的に親孝行してくれる
娘なんかなかなかいないと思う。

すごくよく頑張ったね
本当にお父様、幸せだったと思うよ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

遅くなってしまいましたが、お父さんのご冥福お祈りいたします。

妻さんの体調が早く回復されるのを心から願います。無理せず、ゆっくりしてください。

NoTitle

妻さん、お父様、本当に幸せいっぱいですよ。こんなに娘の妻さんに愛されて、そして今はお母様と仲良く、大事な大事な妻さんのことずーっとみてられるもん。妻さん、ゆっくり体調戻してまたお父様とお母様に笑顔見せれますように★ 焦らずゆっくり。。。

お悔やみ申し上げます

少しは落ち着かれましたか?
妻さんほど献身的にお世話をされてたら
いなくなった途端に、心にぽっかり穴が
開いてしまうのは当然だと思います
私の父ももう亡くなりました。
若くして死んだので当時私はあまり世話しませんでした。
今思うと悔やまれます

妻さんこれだけは覚えていて下さい
親が先に死ぬのは当たり前の事です
今は悲しくても時間が少しづつ解決してくれます
そばに優しい御主人もいらっしゃるのですから
大丈夫です♪

NoTitle

妻さん
お父様のご冥福を心からお祈り申し上げます。
今は無理に「こうしなきゃ、ああしなきゃ」と思わずに自然に身を任せてゆっくり休んでくださいね。
私も日本に帰ってから父の死、夫のリストラ、日本の生活に馴染めずで鬱病まではいかないまでも鬱の状態になり薬にお世話になっていました。今はすっかり大丈夫ですが、睡眠不足が続くのはとても悪い事だと学びました。なのでもしも眠れない日が続くようで民間療法が効かない場合はお薬で強制的に寝て脳を休ませてくださいね。

お父様は妻さんが側にいてくれて幸せだったろうな。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール

愛されている妻

Author:愛されている妻
イギリス人の夫と結婚して、27年目。
結婚したときは、想像してなかった。今でもこんなに幸せとは。
専業主婦で食べることが好き。旅行が好き。おしゃれが好き。猫が好き。夫が好き。
現在は猫いない生活中。
コメント大歓迎♪♪

ブログランキング

ランキングに参加しています。 応援してね♪

FC2Blog Ranking

最近の記事+コメント

カテゴリー

検索フォーム

Wedding Anniversary

FC2カウンター

電力使用状況&電気予報

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: