私と夫と猫の幸せ生活

英国人の夫との幸せな毎日 
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPおのろけ ≫ そんなに華やかでない過去

そんなに華やかでない過去

中学、高校、誰ともおつきあいをした事がなかった。
片思いで中学、高校とも一度ずつバレンタインデーにチョコレートを渡したけど、フラレた。
メガネをかけた冴えない女の子。背が高いのがコンプレックスで猫背で歩いてた。
まともに”好き”って言ってくれる人もなく、”好きだ。ハァハァ”とイヤラシい電話があるくらいだった。
中学2年でメガネをコンタクトに替え、高校から地元の吹奏楽団に入って、少しずつ私は変わっていった。
吹奏楽団の社会人の先輩が”きれいだ。美人だ。猫背じゃもったいない。”何百回も言ってくれて、自信を持たせてくれた。
自信が女の子を輝かせる。でも本当にうぶだった。
大人になって振り返ってみると、あの放課後、4人でお喋りしてた時、クラスで一番モテた男の子が”僕は君に興味があるけど、君はどう?”のジャブを繰り出してたのに、その時はそのサインに気づきもしなかった。
隣のクラスの担任の先生が、私と結婚したいと言ってると聞いた。
私の担任と仲が良かったので、多分お酒を飲みながら”ああいう子がいいなぁ”と言う話になったんだと思う。
数学の先生は”君は僕の永遠のマドンナだ”って言ってくれた。数学はトップクラスの成績だったので。
でも数年後、高校を訪ねたら私に気づかなかった。
二十歳になる頃からみんなが振り返るようになった。
母でさえ”息をのむ程だった”と言っていた。
もう26年も前の話。

男の子3人と遊んでた時もあった。3人で飲んだり、1人ずつ食事したり。
3人から”好きだ”と言われたけど、あれはひとりが言い出したら”俺も”となる”感染症”みたいなものと思った。
私は自分の周りに高い高い塀を築いていった。
難攻不落の城壁。そうやって自分を守ってた。
私の前で下ネタも許さなかった。
男の子達は”甘えて欲しい”と言ったけど、私はストリクトだった。

何年か前、友達と話してて、”私の周りは紳士ばかりだった”と言ったら、訂正された。
“M子は紳士でないと相手にもしなかった” 
確かに。

結婚したら自分で自分を守る必要はなくなった。
夫が守ってくれる。
私は夫に甘えられる。とってもとっても楽になった。

Comment

そんなコトが有ったの?
編集
i-175順風満帆の人生かと思えば、色んな悩みがあったのですね!(^-^9 貴女の魅力を開花させてくれた吹奏楽団の人は素晴らしいですね。 でも、他の人も貴女の魅力には気が付いていたんでしょうね~。僕は東京に引っ越さなくて良かったのかも知れません、僕の人生が、全然違いモノになっていたかも知れません。
ご主人と巡り合ったのも、運命だったのでしょうね!僕は紳士じゃないから・・・
僕の経験から言うと、女性で背が高く尚且つハイヒールを履いていると、近寄りがたい・・・ってイメージがあるみたいですね。彼女らの性格は、サバサバしていて、優しくて・・・ご主人は当たりくじを引かれたのですね! めでたしめでたい! 貴女も理想的なご主人と!i-175
愛されていますね!i-179
2008年04月30日(Wed) 18:54
モテモテさんへ
編集
吹奏楽団の先輩は自分でも言ってました。”僕があの子を美人にした”って。
でもほんとに感謝。です。
Maverickさんが紳士じゃない?!そんなことないでしょ!
きっとMaverickさんを知ってる人ならみんな、紳士!って言ってくれる気がします。

昔は日本の男性に迎合して(ちょっとでも小さくなるように)ハイヒールは履けない!と思ってたんです。
夫と結婚して、履けなかった!の反動からか?ハイヒールe-124になりました。
でも最近は日本人で背が高いのも珍しくなくなってきましたね。
舞ちゃんの彼に夫も負けそう…
2008年05月01日(Thu) 18:28












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL