私と夫と猫の幸せ生活

英国人の夫との幸せな毎日 
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP普段の話 ≫ きのうと今日

きのうと今日

きのうは夜もお出かけ。
近くのトラットリア。少なくとも月に一度は行ってる。
前菜にマグロのカルパッチョ アラ ジャポネーゼ、
トマトとパテ、2種類のブルスケッタ、
新鮮野菜とトマトのサラダ、
夫の好きなぱりぱりのピッツァ、クワトロフォルマージオ。
そしてメインのコトレット アラ ミラノーゼにレモンを搾る夫の手。
コトレット

昨日はとっても寒かったけど、昼も夜もおなかいっぱい食べちゃいました。

今日は近くのスーパーに買い物。
フレンチブルのはなちゃんともご挨拶。
幼稚園のときから仲良しだった京子ちゃんのお母さんと会った。
そういえば子供が今年、大学受験だった。
”どこになりました?”
“エーとね、立教大学”
”うわぁ、おめでとうございます”
商店街ではフリーマーケットやってた。
いつも行くスーパーでビールを2ケース買った。
昨日の夜も2ケース買ったばかりだけど、安いので。
昨日の夜は夫も一緒だったので、お店の中村さん(飲料担当で私は大の!!お得意)に夫もご挨拶したっけ。
私の買い物の友、ショッピングカートにビール2ケースがぴったり収まるから、
“もうひとつ(ショッピングカートを)買って下さいよ“なんて言ってた。

夫のおばあちゃんのものだったペンダントトップを短いチョーカーにして使ってる。                        チョーカー
買ってきたアンティークじゃなくて、おばあちゃんのものだった本物のアンティーク。
こういうのはラッキー!!
イギリス人と結婚した余録かな?!

Comment

素敵なチョーカー
編集
美味しい話で、幸せそうですね!i-175なんたが心が温かくなります。女性が幸せなことを書いていてくれると、幸せな気分になります。

切ない詩や、悲しい詩を書かれていると、胸がえぐられるようです。(昔の罪の潜在的な意識?)アクセサリーを代々繋いでいることは素晴らしいと思います。 

それに込められた全ての歴史を引き継ぐ・・・・。僕も、息子や娘に、リングとペンダントをあげました。チョーカーお似合いですね。
ワインだけじゃなくてビールもお飲みになるのですね! そりゃ、料理に合うお酒ってありますものねぇ~
>おばあちゃんのものだった本物のアンティーク ホントに素晴らしいと思います。
地域と、仲良くされていることが素晴らしいと思います。僕は、off では人に逢うのが苦手になっています。

イギリスでは、v-501100年くらいの家は値打ちがありませんものね~歴史のある歴史の大切さを知る方々と尊敬します。古ければ古いほうが良い! ボロ!って意味ではありません。 日本の間違った今の文化を憂いでいるのです。
壊しては創り、造っては壊す! それが僕の仕事です。フェイクを造るのが心の病を産みました。仕事のせいにしたらダメですね。
今日も美味しそうな料理の話で! 楽しく読みました。ありがとうございます。
2008年04月27日(Sun) 23:29
Maverickさん、こんにちは!
編集
おかげ様で本当に幸せですe-328
夫は本当に優しいのでもし私が先に逝ったら、他の女の人にも幸せを味わわせてあげて欲しいなって思ってるんですが。

夫のおばあちゃん、私と指輪にサイズが一緒で、星座も一緒みたいで何となく勝手に運命を感じてます。

ヨーロッパでは古い建物を大切にします。
夫の実家は"Owl's Nest"とニックネーム(実際巣があったらしい)のついた家でした。
家そのものが地域に愛されている感じですよね。
“このうちが欲しいってずっと思ってた”という人に買われました。
でも新築してみたら、それもすっごく楽しいんですね。
できていく過程を毎日、見に来てました。
この経験ができた事はほんとに良かったです。

Maverickさんの心の痛みを考えると、何か私にできたら、と思うのですが。
たまには人のせい、仕事のせいにしてもいいんじゃないですか?
きっとご自分に厳しすぎるのですよ。
2008年04月28日(Mon) 10:36












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL