私と夫と猫の幸せ生活

英国人の夫との幸せな毎日 
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP私の家族 ≫ ほんとにうれしかった

ほんとにうれしかった

私の母は16年前、50代半ばで亡くなった。
母の姉はそれから更に10何年か前に40代半ばで逝った。
残された子供たちは16歳の女の子と、14歳の男の子。
私の母は姉に替わって、子供たちの面倒を見ようとしていた。
彼らにとっては、さぞかしうるさかったに違いない。

子供たちは成長し、女の子が24歳の時、結婚した。
間もなく妊娠。
夫が帰ってこないようになった。
更に不幸が襲い、父親も亡くなって、ひとりになった。
数ヶ月後、シングルマザーとなって、ひとりで働き、子供を育てた。

サッカー好きの少年は、サッカーの強豪高校に進み、今年大学受験だった。
私の父は気をもみ、
”なんか、してやれることはないかなぁ”
あるわけないでしょ!
”受かったら電話かかって来るだろうし”
落ちてたらかわいそうだから、こっちからかけちゃダメよ。
でも、父は待てずに電話してしまった。
“いいニュース!”
”筑波大学に合格だって!”

よかった、よかった、よかった、よかった。
これから経済的には厳しくなるかもしれないけれど。
よかった。
サッカーの強い大学だね。
一般入試で合格した君は、頭も十分、自慢できるよ。
自慢の息子だよ!

私は彼女に電話した。
”おめでとう、ほんとによかったね”
それからひとしきり、いろんな話。
”でも、私これから一人暮らしになっちゃうんだ。”
“さみしいから犬か猫でも、飼おうかなぁ?”
ホント、さみしくなっちゃうね。
でも、本当に良かったね。
これから自分の人生を生きてほしいな。
もっと幸せになってもらいたい。

ほんとにほんとにうれしかった話。


Comment

本当に良かったですね。
編集
本当に良かったですね。 人生、本当になにがあるかわかりません。宗教めいた事や、運命的な事は言うつもりはありませんが・・・・哀しい事や辛い事あれば、必ず。幸せな事も同じ数だけやってくると信じたいですね。

そうかぁ~ シングルかぁ~ 本当に大変だっただろうね!その青年も、懸命に働き育ててくれた母親を見て、本当にがんばったんですね、そういう頑張っている人の話を聴くと、最近涙腺が緩んでいる僕は、ウルウルしてきます。
本当に良かったですね。きっと、幸せを掴めますよ!
2008年03月26日(Wed) 18:30
編集
彼女の場合、親も無く、夫も無く、本当にシングル。
よく頑張ったと思います。彼女も息子も。
これからは彼女自身のための人生を送ってほしいと、心から思います。
なんかきのう自分でもブログを書きながら、泣いてしまいましたe-445
私は夫に恵まれて、とっても幸せでなんか申し訳なくて。
でもその分、子供ができなかったり、母を早く亡くしたり。
やっぱりみんな、いい事と悪い事、同じ数だけやってくるのかな。
 

2008年03月27日(Thu) 16:52












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL