私と夫と猫の幸せ生活

英国人の夫との幸せな毎日 

Entries

クリスマスディナー

丸鳥は24日のうちに買っておきました。
これ、正解だったわ〜。
クリスマス当日のスーパーはすでにお正月ムードになっていて、丸鳥なんてまったくありませんでしたから。
1.2kgくらいのちょうどいいサイズ。
2019/12/26-10


まずは一番時間のかかるブレッドソース作り。
たまねぎのみじん切りをバター(マーガリン)で炒め、
2019/12/26-1


牛乳ドボドボ入れて、生パン粉。
2019/12/26-4


極弱火で煮詰めるほどにトロトロ。
2019/12/26-5


ですが。
ここは文明の利器の力を借りて、ブレンダーでガーッとしました(笑)。
これはお好みです。
あまり煮込まずにたまねぎの形が残ったままのブレッドソースもあっさりして美味しいもの。
塩胡椒で味を整えます。
これも気になる人は黒胡椒でなく、白胡椒を使うと真っ白なソースになって綺麗です。
2019/12/26-13


そして鳥のお腹に詰めるスタッフィングも準備。
私はブレッドソースと同時進行でやっていました。
ベーコンの脂で、
2019/12/26-2


たまねぎのみじん切りを炒め、
2019/12/26-3


我が家のラムレーズン。
空き瓶にレーズンを入れて、ラムを注いだだけですが、年を経るごとにレーズンがふっくらと柔らかく、アルコールのツンとした角が消えてとろりとなり。
とてもまろやかで美味しくなります。
毎年使った分を足しながら...すでに5年以上経過。
こうなるとほぼお宝(笑)。
アイスクリームに添えても、パウンドケーキなどに使っても美味です。
2019/12/26-6


ベーコンとたまねぎを炒めたものにラムレーズンたっぷり。ラムレーズンの浸かっていたラムも大さじ1〜2。
卵1個。
粒のままの白胡椒大さじ1くらい。
オールスパイスとシナモン各小さじ1/2くらい。
2019/12/26-7


よく混ぜました。
2019/12/26-8


耐熱皿に香味野菜。
私が使ったのはにんじんの皮とたまねぎの端っこ。
あるものでいいんです。
セロリの葉っぱとかパセリの茎とか。
のせるつもりでいたローリエの葉っぱも忘れちゃったし(笑)。
なんだったら、全部省いて何にもなくても大丈夫!
2019/12/26-9


手が汚れる前にあらかじめ用意しました。
キッチンペーパーと楊枝、塩胡椒、サラダオイル(オリーブオイル)。
2019/12/26-11


鳥は中も外もよく洗い、キッチンペーパーで水気を拭き取り、中も外も塩胡椒。
スタッフィングを詰めて、お尻の皮を楊枝で止め、
両手にオイルを取って、鳥さんの全身マッサージ気分(笑)。
手を洗ってから、キャラウェイシードをパラパラかけました。
ここまでやったら、あとは冷蔵庫で待機させてもOK。
オーブンは予熱あり210℃、下段、120分。
焼き始めて10分後に赤ワイン1/2カップをまわしかけ、さらに20分後には温度を180℃に下げます。
そして途中何度か、お皿の赤ワインをチキンにかけながら焼きます。
2019/12/26-12


買ってあるのに、昨年出し忘れたクランベリーソース。
クリスマスディナー(2018年)
2019/12/26-15


ついに出しました!
鳥をローストすると、①グレイビーソース、②ブレッドソース、③クランベリーソースといったところでしょうか。
人気のソースです。
が。
缶入りはお手軽だけど、あまり好きではないので、いつもはパスしています。
でも、ブロガーだから出してみる(笑)。
手作りのクランベリーソースはとても美味しいけれど、フレッシュクランベリーは手に入らないし。
2019/12/26-16


付け合せはこちらもクリスマスにとてもポピュラーな芽キャベツ。
半分に割って、塩胡椒、オリーブオイル。
後入れで、チキンと一緒にオーブン焼き。
ジャガイモもアルミフォイルでくるんでローストにしました。
2019/12/26-14


汚れないように新聞を敷きましたが、英字新聞だとちょっぴりオシャレ?(笑)
2019/12/26-19


お皿はフェスティブシーズンにぴったりのフェスティビティーグリーン。
2019/12/26-18


まだチキンは焼けていませんが、お先に乾杯🥂
Merry Christmas
2019/12/26-20


チキンが焼きあがりました♪
2019/12/26-21


チキンを焼いた耐熱皿にお湯を入れて、旨味をこそげとり、ザルで漉してお鍋に入れてコンソメ1個、軽く塩胡椒。
一煮立ちさせます。
2019/12/26-22


ブレッドソース(左)とグレイビーソース完成〜!
2019/12/26-23


一家の主人が切り分けます。
2019/12/26-24


私のお皿。
チキンの右側がスタッフィングです。
2019/12/26-25


グレイビーソースとブレッドソースもかけて、チキンとスタッフィング。
四味一体!
んもお〜!美味しいです!!!
2019/12/26-26


このあともう少しお代わりして、残りは翌日にリメイクです。
ごちそうさまでした。
今年もいいクリスマスでした。
2019/12/26-27


クリスマスプディングも用意していたのですが、お腹いっぱいでたどり着けませんでした〜(笑)。
2019/12/26-17



この後、夫は兄と弟とスカイプでお喋り。
クリスマスは家族のことを考える日です。




Thank you for visiting my blog and I will greatly appreciate it if you click those three buttons.
来て下さってありがとう。
クリックしてもらえるととてもうれしいです♪
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村 料理ブログ 洋食・洋風料理(レシピ)へ

Comment[この記事へのコメント]

No title 

写真を見て思ったのですが、丸鶏ってお安いですよね。
もも肉が2枚入ったものががそのくらいの値段だったりしますよ。

やはりおいしそう。
1度は作ってみたいし、食べてみたい。
今年もお店で丸鶏は見たのですが、気合いが入らず…。
妻さんはいつも思ったより簡単と言われるけどなぁと思いつつ、通り過ぎました。

ご主人様、ご兄弟の仲が良くていいですね。
家族のことを思う日かぁ。
欧米ではそうですよね。
ステキなholidayを
  • みーモフママ 
  • URL 
  • at 2019.12.26 20:05 
  • [編集]

No title 

やっぱクリスマスはこれだよね〜!!
四味一体の美味しさ!!
食べたい!食べたい!

リメイクメニューがまたいいんだな〜
  • りぷママ 
  • URL 
  • at 2019.12.26 20:45 
  • [編集]

No title 

クリスマス気分頂きました!
ありがと〜。
それにしてもなんて素敵なディナーでしょう♡
テーブルに敷いてあるのが英字新聞だと、
暗くなる事が書いてあってもオシャレ〜。
でもこのアルファベットのマジックは、
夫さまに効くのかしら(笑)

クリスティの小説に出てきたクリスマスプディング、
見るの初めて!!!
正しい英国のクリスマスってどんな味かな?
  • pcommeparis 
  • URL 
  • at 2019.12.27 07:38 
  • [編集]

No title 

おはようございます

これぞ、クリスマス・・・って、感じがします
妻さんならではのお料理で羨ましいです(*´∀`*)
作れないけど、食べてみたいです
リメイクも楽しみです(^O^)/
  • かこ 
  • URL 
  • at 2019.12.27 07:46 
  • [編集]

こんにちは 

チキンでしたねー!
探してる時に限ってなくて、どうでもいい時に発見する気がします。
にわとりさん。塊肉も。
クリスマス前に見かけたのは、巨大なのでした。
クリスマスプディングってどんなお味なんでしょう。
ニュースでイギリス王室のちびっこ王子が作っているのを見ました。
ヨーロッパひろし。カナダとかアメリカとかオーストラリアとか。まだある?
其々、食べるお料理やお菓子が違って興味深いです。
テーブルクロスもクリスマスらしくて素敵です。小さく柄が散っていて可愛いな。
  • yunko 
  • URL 
  • at 2019.12.27 08:39 
  • [編集]

No title 

チキン、それほど高くないね。
需要が少ないだろうから、もっと高いイメージがあったわ。

明後日早朝から遠征に出るから、今日は必要な買い物したりと大忙しだったわ。
  • ree 
  • URL 
  • at 2019.12.27 11:32 
  • [編集]

No title 

v-354みーモフママさん
>もも肉が2枚入ったものががそのくらいの値段だったりしますよ。
そうなんだけどね。
丸鳥の場合は骨があるので、もも肉2枚の方が食べるところは多いかも。
そしてね、丸取りのモモ肉の小さいこと!!!
胸肉も小さい。
逆にモモとか胸とか普通に売ってる肉の元の姿はかなり巨大だったんじゃないか?って思うわ。

>妻さんはいつも思ったより簡単と言われるけどなぁと思いつつ、通り過ぎました。
あはは。本当にそうなのよ。
思うより簡単。
いつかやってみてね。

v-354りぷママさん
>やっぱクリスマスはこれだよね〜!!
四味一体の美味しさ!!
うん!やっぱりこれ!
スパイスの効いたスタッフィングがクリスマスって感じだもん。
りぷママさんも挑戦してみればいいのに。
思うより簡単だよ。

v-354pcommeparisちゃん
>でもこのアルファベットのマジックは、
夫さまに効くのかしら(笑)
ううん。日本語でも英語でも関係ないと思う。
というか、夫が新聞敷きたがるんだもん。
テーブルクロスが汚れるからって。
実家の食卓はいつもキャンドルに火を点けて、とっても素敵にしてたのに〜。

>正しい英国のクリスマスってどんな味かな?
スパイスやドライフルーツたっぷりで黒いの。
同じような感じでケーキもあるけど、プディングの方は温めてブランデーバターを添えて食べるのが王道。
かなりリッチで重いけど、なかなか美味しいものよ。
..と書いてみたものの、今日もまだクリスマスプディングまでたどり着けていないの(笑)。
クリスマスプディングでpcommeparisちゃんが元気になるなら、いくらでも送ってあげるのに...

v-354かこさん
>作れないけど、食べてみたいです
作れないことないですよ。
もしヨン様が「かこさんの作ったローストチキンが食べたい」と言ったら、かこさん作ると思います!(笑)

v-354yunkoさん
>探してる時に限ってなくて、どうでもいい時に発見する気がします。
にわとりさん。塊肉も。
そんなものかもね。
我が家の場合はどうしてもって言うときは西友頼み。
最寄りの西友は丸鳥も豚肉のブロックも常に置いてるから。
でも西友も店舗によるのよね〜。

>クリスマスプディングってどんなお味なんでしょう。
スパイスやドライフルーツをたっぷり使ったスパイシーでリッチな風味。
面白いのはこれ、あったかいデザートだってこと。
そしてブランデーバター(バターとブランデーと砂糖を練ったもの)を添えて、バターを溶かしながら食べるの。
甘くて結構ヘビーなんだけど、これがやっぱりクリスマスにピッタリなのよね。
イギリス以外でも英連邦みたいな...カナダやオーストラリアなどでは食べられているんじゃないかしら。
シェパードパイのようなイギリス料理もよく食べられているようなので。

v-354reeちゃん
チキン、それほど高くないね。
需要が少ないだろうから、もっと高いイメージがあったわ。
さすがにクリスマス前には需要があるようで、割とどこのスーパーでも置いてるっぽい。
普段はもうちょっと高いけど、そんなびっくりするような値段じゃないし。

>明後日早朝から遠征に出るから、今日は必要な買い物したりと大忙しだったわ。
楽しみだね!
いってらっしゃ〜い!
  • 愛されている妻 
  • URL 
  • at 2019.12.27 21:53 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

愛されている妻

Author:愛されている妻
イギリス人の夫と結婚して、31年目。
結婚したときは、想像してなかった。今でもこんなに幸せとは。
専業主婦で食べることが好き。旅行が好き。おしゃれが好き。猫が好き。夫が好き。
現在は猫いない生活中。
コメント大歓迎♪♪

ブログランキング

ランキングに参加しています。 応援してね♪

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村 料理ブログ 洋食・洋風料理(レシピ)へ

最近の記事+コメント

検索フォーム

Wedding Anniversary

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: