クリスマスディナー

2018.12.26 19:00|食べ物
左のお鍋はブレッドソース用のたまねぎみじん切り。
右のフライパンはスタッフィング用のたまねぎとベーコン。
2018/12/28-1


バター(マーガリン)少々で炒め、
2018/12/28-3


牛乳、生パン粉、塩胡椒を入れて、弱火で煮込みます。
2018/12/28-4


ブレンダーでガーッとすれば、ぽってりとしたブレッドソースの出来上がり。
2018/12/28-7


イギリスでは鳥のローストにブレッドソースはマスト!
なのに、今までブレッドソースを知ってるアメリカ人に会ったことがないんです!
あれほど、メイフラワーで渡ってきたことを自慢する人たちなのに、なぜブレッドソースは伝わらなかったのか。
私の七不思議の一つでした。
でも、昨日コメントの返事を書きながら、思いつきました。
もしかして、イギリスのブレッドソースはメイフラワー後に普及したのかも?
メイフラワーが大西洋を渡ったのは1620年(ググりました)。
もう400年前のことですもんね。


こちらはベーコンの脂だけで炒めます。
2018/12/28-2


生パン粉と卵1個、オールスパイスとシナモン、丸のままの白粒胡椒、たっぷりの自家製ラムレーズン。
2018/12/28-5


よく混ぜて。
お腹に詰めるスタッフィング。
2018/12/28-6


1キロちょっとのちょうどいいサイズの鳥が買えました。
2018/12/28-9


耐熱皿にキッチンペーパー数枚、塩胡椒にオリーブオイル、楊枝、スタッフィング。
2018/12/28-8


このお店の方、リボン結びができないようで...気になって直してみました(笑)。
2018/12/28-10


ごめんなさい。ここからは両手を使っての作業なので写真がありません。
鳥はお腹の中も水洗いして、キッチンペーパーで拭いて。
お腹の中に塩胡椒して、スタッフィングを入れます。
皮を縫うようにして楊枝で止めて。
全体にオリーブオイルを塗って、塩胡椒。
最後にキャラウェイシードをパラパラ。
ここまでできたら手を洗って、あとはオーブンに入れるだけ。
2018/12/28-11


210℃(予熱あり)下段で30分。鳥を入れて10分後に赤ワイン100ccをかけます。
その後、180℃に落とし、50分。
途中2〜3度、刷毛でワインと油を塗ってください。


先日のビーツの残り1個はスープにします。
クリスマス本命 簡単ローストチキン
いつものようにたまねぎとジャガイモを炒めて、ビーツも加えました。
2018/12/28-12


お水とコンソメ入れて、ブレンダーでガーッとしたら...
まぁ、なんて綺麗な色!!!
味付けは塩胡椒かお砂糖か迷いましたが、甘い野菜の時は甘めにするのが好き。
お砂糖大さじ1くらい加えました。
2018/12/28-13


たいして難しいことも何にもないけど...お鍋がたくさん。
2018/12/28-14


ビーツのスープに生クリームたらり。
クリスマス気分が盛り上がります!
2018/12/28-15


チキンも焼けました♪
2018/12/28-16


かんぱ〜い
Merry Christmas☆
2018/12/28-17


私のお皿です。
右に乗っているのがスタッフィング。
2018/12/28-18


んんんん〜〜〜!!!!!
最近、スタッフィングなしのローストチキンが多かったのですが。
やっぱりこれ!
美味しいいいい〜〜!!!
2018/12/28-19


チキンとスタッフィングとグレイビーソースとブレッドソース。四味一体!
胸肉のお代わりをしました。
2018/12/28-20


りぷママさんのコメントから、
>ダンナ様が最後の晩餐に召しあがりたいのよね?確か(笑)
そうそう!そう言ってました!
でも、それも何年も前なので、改めて聞いてみました。
「ラストディナーをリクエストできるとしたら、何が食べたい?」
「やっぱりコレ!」
...だそうです。
クリスマスにいかが?ローストチキン♪
*今回は鳥の下に敷く香味野菜とか手抜き省いています。



あ〜あ。
今年も使わなかったな〜。クランベリーソース。
これもとても伝統的なものですが、夫も私もあまり好きじゃないのよね。
なんで買ったんだか...ってブロガーだからです(爆)。
2018/12/28-23


みーモフママさんからもコメントでご質問いただきました。
>そうそう、イギリスのクリスマスではデザートは何をめしあがるのですか?
夫の実家ではクリスマスプディングが欠かせませんでした。
様々なドライフルーツなどが入った重いフルーツケーキのようなかんじです。
これを温かくして、ブランデーバター(バターとブランデーとお砂糖を練り合わせたもの)を添えていただきます。
下の写真は手抜きでアイスクリームだけど(笑)。
あとはミンスパイやアイシングのたっぷり乗ったどっしりとしたドライフルーツケーキも人気です。
クリスマスプディングを食べた年の記事はこちら→Merry Christmas ☆
2015/12/25-8


おまけ。
「ファーザークリスマスがクリスマスソックスになにか入れてってくれたみたい」と言うので...
わぁ!
ベルギーのチョコレートが入ってました!
2018/12/28-21


ファーザークリスマスさん、ありがとう〜〜
2018/12/28-22


ほかにクリスマスカードももらいました。
ヨメからはなにもなし!
夫はクリスマスディナーの後片付けも手伝ってくれました。
夫婦はギブ&テイク。
...じゃないかも(笑)。





Thank you for visiting my blog and I will greatly appreciate it if you click those three buttons.
来て下さってありがとう。
クリックしてもらえるととてもうれしいです♪
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村 料理ブログ 洋食・洋風料理(レシピ)へ

コメント

No title

そうかぁ。
スタッフィングがある方が、ないよりおいしいのかぁ。
手間が違えば、やはりおいしさもその分おいしさも増えるのでしょうね。
私が作るとして、スタッフイングの量をどのくらい用意したらいいのかが問題でもあります。

質問に答えてくださってありがとうございます。
クリスマスプディングは聞いたことあります。
本で読んだり、妻さんの過去記事でも読みました。
妻さん、リンクしておられるところ読んだけどwalkerの箱だけで中の写真がない~。
どんなのか見たいから、今度カルディとかであったら買ってみよう。
もうクリスマス過ぎたからないかな。

1キロの丸鳥ってお値段もそんなに高くないんですね。
このくらいの大きさなら手を出しやすいです。
コストコのは大きいんですもん...。

No title

うちのチキンはスタッフィングもなければグレイビーソースもない(笑)。
父ちゃんしか食べないからさ~。
なのに娘しか食べないクランベリーソースは出すんだよ(爆笑)。

そう言えば2年連続シュートメさまのフルーツケーキがなかったわ。
ドライフルーツとピカンナッツがたっぷり入った重いケーキで、恐らくイギリスのクリスマスプディングに似てるんだと思う。

No title

おはようございます

本格的なローストチキンでオシャレに素敵な
クリスマスディナーになりましたね♫
ローストチキン、美味しそうです(^O^)/

夫さんからのベルギーチョコのクリスマスプレゼントも
素敵です。
いつも仲良しご夫婦の妻さんと夫さん
これからもず~っとお幸せに(*´∀`*)

ふぅー😊
フラクリパからバタバタしてて
ずーっと読み逃げしてました~
ごめんなさぁ~い❗
やっぱり妻三宮お宅の
X'mas🎄ディナーはこれですよね(笑)
今年こそは…って思いながら
今年もバタバタヘロヘロで
何もできなくて😢
🍗も♥️だけどプディングも食べたこと
ないから一度食べてみたいな🎵
うちはきなこといい子にしてたけど
🎅さんからの🎁なかったですよ(笑)
優しい🎅さんがいていーな♥️
今日から年末年始にむけて寒波到来
みたいですので防寒しっかり
して下さいね♥️

No title

ここ数日ワタシが作ったのが妻ちゃんのと被ってた~
(チキン、ラム、ベシャメルソース)
やっぱりクリスマスシーズンだからかな~
結局ブレッドソースは作る余裕なかった
もう5時間ぐらいぶっ通しで料理してたわ

チキンはもう翌日のランチでなくなった
リメイクする間もなくサンドイッチとつまみで完食
でも骨はスープにしたよ
普段はハムが多いのよ
で親戚とか来て人数多くなったらターキーも追加するカンジ

こんにちは

スタッフィングありの方が
より、ご馳走感というか特別感ですね!
ご主人様、沢山食べて喜ばれたでしょう。
そういえば、昔習ったイギリス人の
先生がミンスミートパイが大好きらしくて、持ってきてくれたのを思い出しました。

靴下にチョコの贈り物なんて、洒落てるなあ。

No title

あ~!!
やっぱりこれよ!!これ!これ!
四味一体の美味しさを知ってるだけに~
う、うらやましい~!!

そりゃラストディナーはこれに決まり!!
ですよね?夫様?(笑)

クリスマスはなーんにもしなかった。
チキンすら食べてないわ!

No title

おいしそうな~お料理が一杯ですね~

優しいダンナ様と幸せ~なクリスマス~~~ いいなあ~

わたしは1日早いターキーを頂きに和歌山の山奥へ行って帰ったらイブからずっと~年末まで ひとりごはん(涙)

来年も素敵な年でありますように\(^o^)/

v-354みーモフママさん
>私が作るとして、スタッフイングの量をどのくらい用意したらいいのかが問題でもあります。
一応レシピのページに大体の量を載せてるけど、あまり細かいことは気にしなくて大丈夫。
鳥の大きさは違っても、骨の大きさってそれほど変わらないので、1カップくらいの量かな。
多少足りなくても気にしない(笑)。

>どんなのか見たいから、今度カルディとかであったら買ってみよう。
クリスマスプディングをカルディで見かけたのは10月初めころだったかしら。
来年あったら、我が家でも買って載せようかな。

>1キロの丸鳥ってお値段もそんなに高くないんですね。
この時は特に安かったの!
いつもは1000円くらいかな。
サイズ的にもこのくらいだとちょうどいいし。

v-354reeちゃん
>父ちゃんしか食べないからさ~。
なのに娘しか食べないクランベリーソースは出すんだよ(爆笑)。
あはは。怪獣家での順位がソースに現れてるのね。

>ドライフルーツとピカンナッツがたっぷり入った重いケーキで、恐らくイギリスのクリスマスプディングに似てるんだと思う。
そういうケーキはケーキであるのよ。
黒くて重いケーキで、その上に分厚くアイシングがかかってる。
クリスマスプディングはさらに重く、あっためて食べるのが特徴なの。
好き嫌いが結構分かれるところ。
私は嫌いじゃないけど、わざわざ自分で買って食べるほどじゃないって感じ。

v-354かこさん
>本格的なローストチキンでオシャレに素敵な
クリスマスディナーになりましたね♫
本当はターキーを焼くのですが、2人でターキーは大きすぎるし、どこでも売ってるものでもないので、もう10年以上ターキーを食べていない気がします。
このチキンも美味しいし。

>夫さんからのベルギーチョコのクリスマスプレゼントも
素敵です。
夫からではないです。
「ファーザークリスマス(サンタクロース)からのプレゼント」と夫も言ってました(笑)。

v-354mikaちゃん
>🍗も♥️だけどプディングも食べたこと
ないから一度食べてみたいな🎵
来年のクリスマスは我が家に来る?
ローストチキンとクリスマスプディングくらいは出せるから(笑)。

>優しい🎅さんがいていーな♥️
どうやらファーザークリスマスは私のブログを読んでるらしいの(爆)。

v-354すなちゃん
>もう5時間ぐらいぶっ通しで料理してたわ
腰が本調子でないのに、5時間も!!!
それで親戚とか来て人数多くなったら、1日中料理する感じ?
うちは夫が割と親からしつけられていて、クリスマスになるとより積極的に手伝ってくれるわ。
狭いキッチンに立ってるだけでも邪魔なんだけどね(笑)。

>でも骨はスープにしたよ
えらい!
私はそれをやったことがない。
今度やってみようかな。

v-354yunkoさん
>スタッフィングありの方が
より、ご馳走感というか特別感ですね!
そうそう!、クリスマス感があるわ〜。

>そういえば、昔習ったイギリス人の
先生がミンスミートパイが大好きらしくて、持ってきてくれたのを思い出しました。
ミンスパイが好きな人もいるし、クリスマスプディングが好きな人もいるし。
noodleさんはクリスマスプディングが苦手なんだそう。
私は嫌いじゃないけど、わざわざ買ってくるほどのものでもないかなって(笑)。

v-354りぷママさん
>四味一体の美味しさを知ってるだけに~
う、うらやましい~!!
うん!久しぶりにスタッフィングありのを食べたら、「やっぱりこれ!」って思ったもん。
四味一体、美味しい!

>そりゃラストディナーはこれに決まり!!
ですよね?夫様?(笑)
私は自分で作るより外食したいような(笑)。

v-354kin&fuuままちゃん
>わたしは1日早いターキーを頂きに和歌山の山奥へ行って帰ったらイブからずっと~年末まで ひとりごはん(涙)
ご主人様はご旅行かしら?
でもきっとお正月はまたどこかに行くんでしょ?
私は海外は遠くなっちゃったわ〜(笑)。

>来年も素敵な年でありますように\(^o^)/
あきちゃんもね♡
非公開コメント

プロフィール

愛されている妻

Author:愛されている妻
イギリス人の夫と結婚して、31年目。
結婚したときは、想像してなかった。今でもこんなに幸せとは。
専業主婦で食べることが好き。旅行が好き。おしゃれが好き。猫が好き。夫が好き。
現在は猫いない生活中。
コメント大歓迎♪♪

ブログランキング

ランキングに参加しています。 応援してね♪

FC2Blog Ranking

最近の記事+コメント

カテゴリー

検索フォーム

Wedding Anniversary

FC2カウンター

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: