私と夫と猫の幸せ生活

英国人の夫との幸せな毎日 
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOP国際結婚 ≫ 国際結婚の食卓

国際結婚の食卓

日本に住んでいると和食を食べる機会はたくさんあります
特に夫が初めて来日した30年以上前は...
その頃彼の住んでいたのは都会とは言えないところだったので、和食以外の選択肢がほとんどなかったくらい。
「美味しい美味しい!」と喜んで食べる彼に、周りも「この人は和食大好きなんだ!」と思っていました。
えぇ。和食も大好きです
ただ、和食を食べる機会はいくらでもある。
逆にヨーロッパの家庭料理を食べる機会は外ではほぼありません。
だから、うちではほとんど和食を食べないようになってしまいました。
もし外国に住んで、和食を食べる機会があまりなければ、家でももっと頻繁に和食が登場すると思うのです。
そして思うこともう一つ。
国際結婚の場合、夫婦どちらかの母国に住むことが多くなります。
うちの場合は私が自分の国で暮らして、よりストレスが少ない。
なので、合わせるべきは私。
食事くらいでストレスが減らせるものなら、和食なんか食べなくてもへっちゃら!
夫がいない時にいくらでも食べられるしね(笑)。


よく行く近所の居酒屋さん。
サラダにいつもは入ってないキャベツが〜!
野菜高いからお店も大変ね。
2016/10/23-3

夫の好きな焼きおにぎり。
2016/10/23-4


りぷママさんのところで、サバを焼いたのが美味しそうだったので、うちでも超久しぶりに和食。
カレイとサンマの干物。
グリルに入れようとしたら入りきらなかったので、サンマの頭と尻尾は落としました。
多分、サンマの開きって、結婚して初めて食べる!
2016/10/25-1

家にあるもので(ニンジン、油揚げ、ひじき)で炊き込み御飯。
炊き込み御飯って秋って気がします
2016/10/25-2

大根おろしに使った大根の残りと、炊き込み御飯に使ったニンジンの残りと、キャベツ、きざみ昆布で浅漬け。
2016/10/25-3

あぁ、サンマの開きが美味しい〜!
...と思える味覚は遠くになってしまいました。
やっぱりいつものサバにすればよかった(笑)。



上で、うちが洋食ばかりを作るようになった経緯を書いたけど。
これが!本当に!!
大変だったの〜〜〜!!!
コーンスープにハンバーグにスパゲティやグラタンやオムライスなど。
あーいうのはみんなニッポンの洋食
夫は和食よりもいい顔しなくてね。
かといって、ヨーロッパの家庭料理なんて教えてくれる人皆無!
当時はネットなんてなかったし。
あ、夫はパソコンは持ってました。
マックプラスって言ったかな?
白黒で、ワープロ(これが既に死語?)に毛が生えた程度だったけど、プリンターとセットで100万近くしたらしい
...あ、脱線(笑)。
とにかく、頼れる人は誰もいなくて。
外国人男性って何でもできるってイメージがあるようですが、夫は料理しない人。
なので、頼りの綱は本
新婚時代は洋書の料理本をひたすらめくる日々でした。
朝から何を作ろうかとページをめくり、メモを片手にスーパー行って。
和食なら、メモなくても材料わかるのにね。
しまいにどの本のどのページに何が載ってるか覚えちゃいました(笑)。
そんな苦労(?)があったので、ブログを始めて、こういう方向性になったってわけ。



でも。
未だに言われます。

おたくはいいわね〜。
ご主人が何でもやってくれるんでしょ?
掃除も洗濯も料理も。


いえいえ、夫は何もしません。
釘も真っ直ぐ打てない人です(笑)。

いいわね〜。海外旅行できて。

夫の実家に帰ることは海外旅行ではありません。
実家ではヨメですから。
ヨメだけが働くということではないけれど、自宅にいても夫の実家でもすること一緒。
毎日スーパー行って買い物して料理して。掃除して。
両親がいるので、自分たちだけ食事に出かけるということもできませんでした。
海外旅行できるようになったのは、両親が他界してからです。

先日会った従姉妹も、
「え?そうなの?」って驚いてました。

特にアジアから来たヨメはイギリス人の兄嫁と比べて、上手いことも言えない。
でもいいヨメだと思ってほしくて、頑張ってました。
日本人(有色人種)に偏見のある人もいましたが、夫の両親にはとても可愛がってもらいました。

それでも帰ったのは年に1〜2回。
夫が日本で仕事に就いたのは本人の選択ですが、現地女性と結婚したことによって息子が帰ってくる可能性は限りなく低くなった。
結果として、息子を取り上げるようになってしまったなと、申し訳なく思うこともあります。
国際結婚に限らず、どの結婚にも起こり得ることだけど。

結婚して27年目。
夫の親が他界してからも15年以上経ちました。
思い出すこともたくさん。





Thank you for visiting my blog and I will greatly appreciate it if you click those three buttons.
来て下さってありがとう。
クリックしてもらえるととてもうれしいです♪

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村 料理ブログ 洋食・洋風料理(レシピ)へ

国際結婚 | Comments(7) | Trackbacks(-)

Comment

編集
ご主人さまのご両親が亡くなって15年ですか…。
淋しいですが、ごきょうだいがおられるようだし、ご主人さまには愛する妻さんがおられますもんね。

やはり結婚生活がうまくいくには、妻さんみたいに気配りが大事ですね。
毎日の料理にしても、イギリスのご両親様に対しても。

やはり、大切にされる妻はご主人を大切にしてるんだなと思いましたよ。

2016年10月27日(Thu) 23:36
編集
今日の内容の数々、大いに同感!!
うちも外じゃなんちゃってが多いから、うちじゃ日本の食卓だし、父ちゃんはBBQ以外は出来ない・・・ってか、私がBBQ苦手だから、自分が食べたけりゃ自分で作るしかない。
洗濯機の使い方すら知らないし、掃除なんて頼んでもやらないし、海外旅行は私が日本に帰ってお金を使うから全然行けないし。
でも妻ちゃんのだんな様は記念日やお誕生日にちゃんとカードやお花などプレゼントも用意してくれるじゃない?
うちはそれすらない、珍しいと思ったら菊だもん。
2016年10月28日(Fri) 04:46
mika
編集
国際結婚に限らず結婚する…生まれも育ちも違う人と
一緒に暮らしていくって事…あらためて色んな事が
あるし大変なんだなぁ~っと!
お会いした時に結婚当初はヨーロッパの家庭料理の事
少しお話ききましたが…あらためて…ブログ読んで
ちょっとかなり感動しちゃいました(涙)

そんな中で旦那さまやご両親さまを大切にして
お互いの立場を尊重して結婚生活を送っている
妻さんホント素晴らしいです。
milkyさんとゴンゾーさんもですけど…
お互いを思いやって優しい気持ちで毎日過ごすって
すごい事ですし…ステキだなって思います。
みーとモフのママさんじゃないですが…
大切にされる妻はご主人を大切にしてる…
ホントにその通りですね!!

炊き込みご飯美味しそう~!!
味のついたご飯大好きです。
ホント炊き込みご飯って秋って感じ
しますね(笑)不思議!!


2016年10月28日(Fri) 10:46
えらいと思う!
編集
妻さんから聞く前から、ずっと妻さんのそういう気持ち伝わってきていましたよ。
えらいなぁ、って思ってました。
ハンバーグとかは本当のヨーロッパの家庭料理ではないのね~
結婚して彼に合わせていろいろ苦労しながらお勉強して、そして今のお料理があるんですもの
すごいわ!!
それをこうやってネットでご披露していただいて、苦労もせず真似させていただいちゃって
申し訳ない!感謝でござる!

そっか、ヨメとして行っても海外旅行って感じじゃないのか~
でもさ~、やっぱりそこんとこは羨ましいなぁ~(笑)
2016年10月28日(Fri) 16:49
編集
v-354みーモフママさん
夫は3兄弟の真ん中。
みんな別々の国に住んでいて、3兄弟が一緒に揃ったのは7〜8年前かな。
でも、スカイプなどで毎週話してるし。
昔は国際電話代が月に何万もかかって大変だったの!
ヨーロッパに行くのに時間とお金がかかることは変わりないけど、便利な時代になったと思うわ。

>やはり、大切にされる妻はご主人を大切にしてるんだなと思いましたよ。
そう言っていただけると嬉しいわ。
特に父が逝ってから一人になった母を、できるだけ精一杯大事にさせてもらったわ。
夫のことは、大事に...してるかなぁ?(笑)

v-354reeちゃん
reeちゃんちはうちと逆パターンだものね。
夫婦でも、よりストレスの大きいのは外国で暮らすreeちゃん。
だからreeちゃんの食べたい物を食べるべき!と思うもの。
記事にも書いたけど、うちも外国暮らしになったら和食の割合がもっと高くなるだろうな〜って思う。

>でも妻ちゃんのだんな様は記念日やお誕生日にちゃんとカードやお花などプレゼントも用意してくれるじゃない?
お花くれたりするようになったのはごく最近。
実はブログの影響もちょっとあるんじゃないか?と思ってるの。
自分のことが書いてあると気になるみたいだから(笑)。
でも、菊はイヤだな〜。
そちらでもお祝いに用いられるお花じゃないんでしょ?
しかも色をつけたものって、気持ち入ってなさすぎだもん。

v-354mikaちゃん
私も結婚の経験は1度しかないけど、カップルの数だけそれぞれの形があるんだろうな〜と強く思うわ。
この世に全く同じ人間は一人もいない。
だから、結婚の形もそれぞれ。
うちの場合は、人種から違うのに、なぜかとても似た者同士。
>お互いの立場を尊重して結婚生活を送っている
妻さんホント素晴らしいです。
ううん、素晴らしくなんかないって。
父を送って3年あまり。
今の私はただの怠け者状態だもの(笑)。

>ホント炊き込みご飯って秋って感じ
しますね(笑)不思議!!
ね〜。炊き込み御飯って絶対秋よね。
本当は松茸ご飯とか栗ご飯なんだろうけど(笑)。
私は白いご飯あまり好きじゃないので食べないけど、こういうご飯だと食べちゃうから危険〜!

v-354milkyさん
>ハンバーグとかは本当のヨーロッパの家庭料理ではないのね~
ハンバーグって、もともとハンブルグという地名からきているので、ドイツ料理になるのかな。
ファストフードになじみの深い人はヨーロッパ人でも喜んで食べるかも。
夫の家はきちんと料理してきちんと食べる家庭だったので、そういうのを受け付けてくれないの。

>そっか、ヨメとして行っても海外旅行って感じじゃないのか~
国は違っても嫁は嫁。
嫁姑問題も世界共通なのよ〜。
幸い、私は「4人目の子供」と言って可愛がってもらったけど。
それでも、海外旅行ではなかった。
まぁ、海外旅行に行って外から眺めるのと、実際に結婚して中から見るのとでは随分違うので、その意味ではできない経験をしたとは思ってるけど。
里帰りも国際電話代も大変だった〜!
向こうの親に何かあってもすぐに帰れないし!ってね。
2016年10月28日(Fri) 20:35
編集
私、もし男に生まれてたら、妻さまに結婚申し込むv-343v-346
国際結婚に憧れる女の子は多いけれど、結婚は夢じゃなくて現実。
でも妻さまのように現実を夢に変換して楽しめる女性は、男にとって真珠妻だわ。

*遅れたコメント、返信要らないからね〜。
2016年11月06日(Sun) 16:50
編集
v-354pcommeparisちゃん
>私、もし男に生まれてたら、妻さまに結婚申し込む
YES!YES!
返事はYESよ〜〜〜!!!(笑)
でも、私とpcommeparisちゃんが結婚したら、残された夫たちは...?
あ、でも、意外と似合いのカップルになるかも?(笑)
pcommeparisちゃんの結婚記念日ディナー、ご主人様がまるで夫を見ているようにそっくりの体型なんだもの!!!
2016年11月06日(Sun) 21:44












非公開コメントにする