私と夫と猫の幸せ生活

Welcome to my blog

北海道旅行2日目 これがツアーの目玉

ロビーで出迎えてくれたのは、大きな桜の枝
2016/3/24 ロビーの桜

左側には洞爺湖。
島に光が降り注いでいるみたい。
2016/3/24-23

そして右側は...
わ〜!スペクタキュラー!まさに壮観!!!
こんなすごいロビー見たことない!
奥に見えるのは日本海です。
2016/3/24-24

ここは8年前にサミットが開催されたザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ
ま、 私たちのお部屋はサミットの取材に来たジャーナリストが泊まったみたいなレベル?(笑)
それでも、ゆったりとしたお部屋。
2016/3/24-25

洗面所の木製の箱にアメニティ。
石鹸もらいましたっ!
2016/3/24-26

ブルガリのオ・パフメだ〜!
2016/3/24-27

お部屋は日本海側でした。
雲の切れ目から、ちょうど海岸線を照らして、なんとも幻想的。
2016/3/24-28


そして、このツアーのハイライト!
ザ・ウィンザーホテル洞爺でのフランス料理ディナー
このためにワンピースとパンプス持って行きました。
おしゃれしなくっちゃね♪





ところが、案内されたのはレストランではなく、窓もない地下の宴会場。
しかも、他人と相席の丸テーブル。
夫と2人の食事もかなわないなんて
2016/3/24-29

まるで、新郎新婦のいない披露宴。
どれだけ面白くないか、想像できるでしょ?
2016/3/24-30

実はお料理はそれほど期待していなかったの。
サミットがあった時には日本のトップシェフが集められ、世界中の美味しいものを取り寄せたけど。
それは8年も前の話。
今は田舎のホテルだもの。
でも、味は悪くなかったかな。
2016/3/24-31

夫のそばアレルギーのことでも、「パンは2種類出るのですが両方そば粉を使ってるので、ライスでいいですか?」って言われて。
事前にアレルギーがあるって知らせておいたのにわざわざそば粉入りパンって...
それって嫌がらせ?
朝も洋食は食べられないってことよね?と、かなりがっかり。

末端の従業員がよくわかっていないのは往々にしてよくあること。
パンに関しては、「そば粉を使ったパンを焼いたことがあるので微量の混入の可能性あり」ということでした。
その程度なら、夫も大丈夫。
2016/3/24-33

夫はフォアグラもあまり好まないので、メインを牛肉とイチジクのパイ包み焼に差し替えてもらいました。
2016/3/24-32

実は羽田から嫌な予感がしてたのよね。
搭乗ゲート前で泣き叫ぶ幼児がいて、その家族が機内で私たちの真後ろだった。
これだけ席が近いと同じツアーの可能性大。
なので、泣き叫ぶ幼児プラス座席の背中を蹴飛ばす(かなり響く!)幼稚園児にも我慢し...
これがホテルのフランチレストランにいたら迷惑だろうな〜と思ったの。
2016/3/24-34

泣き叫ぶ子供連れと一緒のテーブルでなくてよかったということでしょうか。
このディナーは旅行の目玉だったはずなのに、一番がっかりしたところでした。


ブルガリのアメニティでお部屋のお風呂でもいいかな?って感じでしたが...
この高級ホテルの温泉、行かないと後悔する!!!!!!



結果。
もし次に泊まることがあるとすれば、温泉はもう行かなくていいかな。
ホテルのキャパと比べて、浴場はかなり小さめ。
シャンプーなども普通のもの。
大浴場だったら、ブルガリアメニティ使い放題?って思ったのにな〜(笑)。



Thank you for visiting my blog and I will greatly appreciate it if you click those three buttons.
来て下さってありがとう。
クリックしてもらえるととてもうれしいです♪

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村 料理ブログ 洋食・洋風料理(レシピ)へ

Comments 8

ポーレイ  
NoTitle

妻さん、こんばんは!

コメントご無沙汰してしまってますが、ブログ拝見してます。
ご旅行三昧ですね!!
今回の北海道も楽しそうです♪

が!飛行機で泣き叫ばれたり、座席を蹴られたりは、かなりキビシイ状況ですね。
そんな時、もしも親御さんが他人に無関心だと、嫌な気分倍増ですね。。。

旦那様と2人でゆっくりのディナーではなかったようですが、お食事内容は悪くなかったようですね!

アメニティは今度のお泊まりお仕事の時に活躍しそうですね♪

2016/04/01 (Fri) 20:10 | EDIT | REPLY |   
milky  
NoTitle

妻さん、こんばんは♪

洞爺湖の景色、素晴しい!
もうそれでいいことにして(笑)。
飛行機の中、大変でしたね。

お食事風景はツアーで海外旅行へ行くとそんな感じかなぁ~
ツアーの仲間と一緒のテーブルで、何日かそれが続くので
けっこうお友達が出来たりするのよ。

有名なホテルだけあってアメニティは豪華なのね~
お部屋もいい感じ!
ツアーでそのお部屋なら悪くないな~^^

2016/04/01 (Fri) 21:52 | EDIT | REPLY |   
みーとモフのママ  
NoTitle

子連れの旅はこういうことがないかと気を遣うもので、ツアーなんかとても入れないと思っていましたが。子供は仕方ないとして、保護者の様子が気になります。

ホテルのお部屋は素敵ですね。ブルガリの写真の奥に映っている銀色のものはなんですか?こういうホテルにも大浴場があるんですね。お料理はそれなりにおいしくても、レストランでもなく、相席で、中華を食べるようなテーブルっていうのがいただけないですね。妻さんのワンピースが...涙。デザートの黒いプチプチはもしやこの間バジルシード?と思いました。

でも、洞爺湖の景色は神々しいくらいじゃないですか。きっとめったに見れないですよ。桜のアレンジも素敵です。やはり旅行はいいですね。

2016/04/01 (Fri) 23:42 | EDIT | REPLY |   
ジジママ  
おしい…

洞爺湖の景色が美しくて見惚れました!
光射す日本海のお写真まではドキドキ高揚してたんだけど
そこから残念が続いてしぼんじゃいますね〜T_T

そもそもフレンチディナーのあるツアーに
この年齢でやんちゃさんの子連れは厳しそう…
こんなに素晴らしい景色がある場所だから
もう一度来たいと思わせてほしいところですね。

2016/04/02 (Sat) 00:07 | EDIT | REPLY |   
ree  
NoTitle

お料理、見た目は悪くないのにね。
すっごい残念ってのが分かるわ~。
しかも事前に言っておいてその対応ってないよね。
日本はそう言うところが結構出来てないじゃない?

最後のブルガリ使い放題だと思った妻ちゃん、かわいすぎる~~!!
大浴場に置いたら持って行かれちゃって大変な事になっちゃうんじゃん?

実は帰りの国際線で後ろに座った小さな男の子が蹴とばす蹴とばす!!
でも眠気の方が勝って、イヤフォンで音楽聞きながら羽田からLAまでの間ずーっとウトウトしてた。

2016/04/02 (Sat) 03:08 | EDIT | REPLY |   
Utahスージー  
NoTitle

妻様

パンの対応は、え?!って感じですね。
毎回記事を(読み逃げして(笑))読んでて
自分もウットリしながら行った気になってる私。爆
私も、こんな理想なご夫婦になりたいな。って
旦那様を見つけるのが先だけど・・。アハハハ~~

2016/04/02 (Sat) 09:23 | EDIT | REPLY |   
pcommeparis  
NoTitle

洞爺湖に、神様が降りて来そうな感じ。
こんな幻想的な瞬間を、夫さまと分かち合える妻さま、幸せ〜。
旅行の非現実味…、いいよね。

そしたら、どっとオチが付いたぁ!!!
何?この宴会場ディナー。
ガッカリさせられた妻さまの気持ちは分かるんだけど、円形テーブルの写真から漂シラけた空気が、笑える(ごめんなさいっ)。
こっちは違う意味で非現実的だわ〜。

明日はいい事ありますように。

2016/04/03 (Sun) 17:52 | EDIT | REPLY |   
愛されている妻  
NoTitle

v-354ポーレイちゃん
お忙しいのにありがとう♪
>そんな時、もしも親御さんが他人に無関心だと、嫌な気分倍増ですね。。。
私思うんだけどね(次の記事でも書いた)、飛行機に幼児連れてくる親って、あまり他人のことを考えない人が多い気がするの。
私たちの後ろにいた上の子供はゲーム機で遊んでて、せめて音を消して欲しいってわずかな願いも抑えたけど。
フランス料理ディナーのツアーに幼児連れてくる親だもん。
ツアーバスでもちょっとうるさかったわ。

v-354milkyさん
>お食事風景はツアーで海外旅行へ行くとそんな感じかなぁ~
あ、このあいだの上海でもそうだった!
中華だから円卓なのねって思ったけど、まさかのフレンチディナーでも円卓とは驚いたわ〜。
女性同士は日帰りのバス旅行でも仲良くなってるのを見かけるしね。

ツアー客が泊まるお部屋でもかなり広め。
サミットでVIPが泊まったお部屋はさぞ豪華なんだろうな〜と想像するだけ(笑)。
そういえばサミット記念碑だけで1億かかったそうよ!

v-354みーモフママさん
>子連れの旅はこういうことがないかと気を遣うもので、ツアーなんかとても入れないと思っていましたが。子供は仕方ないとして、保護者の様子が気になります。
うん、私も小さな子供がいるうちはバスツアーとか避けたと思う。
でも、フレンチディナーのついたツアーに未就学児2人連れて参加する親って、「子供だから仕方ない」って考えなんでしょうね。
>ブルガリの写真の奥に映っている銀色のものはなんですか?
これね、バスタブのお湯の蛇口。
もっといいもんだったらよかったんだけど、つまんなくてごめんね。

>デザートの黒いプチプチはもしやこの間バジルシード?と
ピンポ〜ン!大正解!!!
カエルの卵!
じゃなくて、バジルシード(笑)。

v-354ジジママさん
>そもそもフレンチディナーのあるツアーに
この年齢でやんちゃさんの子連れは厳しそう…
うん、そう考えるのが一般的だと思う。
なので、そうは思わない人はちょっと普通とは違う常識を持ち合わせてるのかな。

ホテルに着いたのが5時ちょっと前。
幻想的な光のショーは太陽が完全に雲に隠れるまでの短いものだったけど、とても綺麗だったの!

v-354reeちゃん
>しかも事前に言っておいてその対応ってないよね。
アレルギー対応に関しては、この数年でものすごく変わってきたわ。
ホテルでもかなり気をつけていると思う。
ただ、末端の従業員までは...ってとこね。

>実は帰りの国際線で後ろに座った小さな男の子が蹴とばす蹴とばす!!
え〜、それきつい!
北海道までならわずか1時間半。
でもアメリカまでのフライトは長いもん!!!
救いは小さな男の子は電池切れになるのも早いこと?
寝られてよかったね!

v-354スージーちゃん
忙しいのにコメントありがとう〜♪
アレルギー対応はホテルとしてはちゃんとやってたんだと思うけど、パンが食べられないって聞いた時にはかなりガッカリしたわ。

>旦那様を見つけるのが先だけど・・。
カービーが魔法をかけられた王子様だったら、スージーちゃんは自分の命よりも愛してくれる男性と出会えたはず...と考えたこともあったけど。
カービー、ビビリだもんね〜。
ちょっと頼りないかな?(笑)

v-354pcommeparisちゃん
>洞爺湖に、神様が降りて来そうな感じ。
太陽が雲に完全に隠れてしまう前のとても短い時間だったけど。
神様、降りてきそうだった!!!
映画ならお迎えの光?(笑)

>円形テーブルの写真から漂シラけた空気が、笑える
私たちのテーブルはそれなりに着替えてきた人たちで...
だから、考えてるのは私と一緒かな。
他の人と一緒はヤダ〜!って。

2016/04/03 (Sun) 22:22 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
英国人の夫との幸せな毎日 
About me
イギリス人の夫と結婚して、28年目。
結婚したときは、想像してなかった。今でもこんなに幸せとは。
専業主婦で食べることが好き。旅行が好き。おしゃれが好き。猫が好き。夫が好き。
現在は猫いない生活中。
コメント大歓迎♪♪