いざ、アドリア海へ!

8月6日早朝。
あらかじめ予約しておいたタクシーでブレッド・ジェゼロ駅。
2015:8:6-1


チェックアウトの時間が早く、ホテルレストランも開いていなかったのですが、前日までに予約すればお弁当を持たせてくれます。
2015:8:6-2


電車の中で朝ご飯。
中身は生ハムとチーズのオープンサンドと果物とミネラルウォーター。
よりによってなんで生ハム?って思いましたが、考えてみると生ハムってイタリアでもスペインでもバルでカウンターに放置(?)されてるし、ハム屋さんでは真夏でも天井から吊るされてるし、実はとっても腐敗しにくい??
2015:8:6-3
ちょうどこの数日前にmilkyさんのところで、”桃を皮ごと食べる”と読んだばかり。
ナプキンでキュッキュッと拭いて、かぷりといってみました。
あらら〜、シャキシャキとした歯応えで、これはこれでおいしい!


ブレッド湖から次の目的地まではバスがいちばん効率的な移動手段だったのですが、ヴェネツィアからスロヴェニアのバス移動でほんっっとにバス移動には懲りちゃって。
だから電車を選んだの。
なのになのになのに〜〜〜!!!


リュブリャーナ(スロヴェニアの首都)で乗り換えようとしたら、
「電車はありません。振替バスに乗って下さい」って。


確かにね、スロヴェニア鉄道のHPにも運休のお知らせはあったのよ。
でも、それは5月の話。
今は8月ですから!
もう3ヶ月も経ってますから!





でも、動いてないもんは動いてない。
日本だったらあり得ないんだけどね。




バスを待つ間、この日最初のカフェイン補給。
2015:8:6-4


不本意ながらバス。
またとんでもなく時間かかるのかしら?って。
電車の停車駅に寄ってくのよね?って。
2015:8:6-5

ところがこのバス、高速に乗って途中どこにも止まらず、ものすごくスムーズに目的地まで着いちゃいました。
びっくり!
途中駅で待ってた人はどうなったのかしら?
それとも別にバスが走ってたのでしょうか。

コペルという町でローカルバスに乗り換え。
ね!ここでも行き先をダッシュボードの上に出してるの。
スロヴェニアだけでなく、ヨーロッパではよくあります。
2015:8:6-6


着きました〜♪
今度はアパート。
広〜い!
部屋に案内されたときに、心の中で“自分、でかしたぞ!”って思いました。
Apartments Pri Mari 英語のHP英語のHP→こちら
私の使ったホテル予約サイト→こちら★(私のレビューあり)
2015:8:6-7


外から見ると、いちばん右側がアパートの建物の入り口。
その隣が私達の部屋。
覗き込む人(特に女性)多し!
外に比べて室内は暗いので、ほとんど見えないのですが(笑)。
でね、隣の日よけ(シェード)のかかってる所がオーナーの経営するレストラン
このレストラン(Pri Mari)がホントに人気のお店!!!
2015:8:6-8


荷物を置いて、町を歩いてみます。
ここはアドリア海に面した小さな町、ピラン
2015:8:6-9


かつてはヴェネツィア共和国に属していたこともあり、強い影響を受けています。
こういう路地もそのひとつ。
2015:8:6-10


頂上の教会まで来ました
2015:8:6-11


青く輝くアドリア海!
2015:8:6-12


岬の先端にあった人魚像。
ま〜、ずいぶんとおっぱいばかり触られちゃったのね(笑)。
2015:8:6-13


夕方、オーナーの経営する隣のレストラン(プリマーリ)へ。
2015:8:6-14


私が頼んだのはシーフードのグリル盛り合わせ。
カマス一匹、ドンと来たっ!
2015:8:6-15


夫のはシーフードのフリット盛り合わせ。
こちらもすごいボリューム!
2015:8:6-16


お腹いっぱい食べたあとに、ジェラートもいただきました。
2015:8:6-17


中心部のステージで夜9時からショーをやってると言うので、お散歩がてら出かけました。
地元バンドによるスロヴェニア民族音楽だったかな。
ボーカルのおばちゃんが赤のミニドレスでクルクルクルクル。
おばちゃん自慢の黒いパンツに、周りの皆さん苦笑隠せず
2015:8:6-18
黒いパンツ見せて回るおばちゃん、この記事書いたら思い出して夢に出てきそう!(笑)
クルクルクルクル...



Thank you for visiting my blog and I will greatly appreciate it if you click those three buttons.
来て下さってありがとう。
クリックしてもらえるととてもうれしいです♪

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村 料理ブログ 洋食・洋風料理(レシピ)へ

ピラン!? 素敵な町!
何段もの石畳を上っていくと眼下に広がる紺碧の海
と町並み。
屋根の色が統一されてる?から邪魔しないね。

カマス、でかっ!!
シーフードフリットのボリュームもすごいけど
いろんな種類入ってるから飽きずに食べられそう♪
レモンを搾るご主人様の手(特に爪)の綺麗さに感動!!(失礼!)
自分の爪が短いもので(笑) いいな~と。
[ 2015/09/17 01:51 ] [ 編集 ]

いい眺め~。
あはは、その逆で男性のだとオティンティンばっかりになるんだよね。

生ハムって多分私達が思っているのと違うんじゃないかな、って思うの。
一般家庭でも骨付きのまま保存してるじゃない?
そのまんま干してるって事だと思うんだけど違うのかな。

[ 2015/09/17 02:34 ] [ 編集 ]

妻さん、こんにちは!
今回の町、ピラン。初めて聞きましたが、とっても良さそうな所ですね!
アパートメントスタイルのお部屋もいいし、レストランのお料理も美味しそう!そのフリットの盛り合わせ、食べてみたいです!ズッキーニなども入っているのかなぁ、美味しそう。

長めの旅行では、お部屋が広いと居心地良く、のんびりできますよね!
当たりですね♪

生ハムってそういえば、その生じゃなくて、なんていうか、乾燥して保存食っぽいですよね。妻さんがおっしゃるように、常温で、風通しのいいところにあるって感じ(でも、切った面はラップとかで覆っておくのが良いみたいですよね。気をつけないとネズミにやられるし)。
[ 2015/09/17 11:25 ] [ 編集 ]

石畳の路地に赤い屋根が並ぶ景色と青い海、
こんな景色のきれいなところだと、本当に癒されますね。
シーフードの盛り合わせ、どちらもすごい!!
全部食べられましたか?
[ 2015/09/17 12:52 ] [ 編集 ]

私には行く事が無い ヨーロッパ 素敵な街 目の保養が出来ます~  
水中にも良く 沈められてるけど やっぱり 胸の部分が減ってます~(笑)
[ 2015/09/17 17:22 ] [ 編集 ]

アドリア海に面したピラン。
いいね〜。
アパートホテルも良さそうだし、早速メモっちゃう。
ここでも夫さまはお約束の揚げ物を食べてるんだ。
流石に英国紳士、徹底してるわ。

スロベニア鉄道は、イタリアのお隣さんだけあってかなりラテン化しているね。
でも狼狽えないで郷に入れば郷に従う…。
これが楽しい?旅の仕方だって聞くもん。
妻さま、旅のプロだわ〜。
[ 2015/09/17 18:13 ] [ 編集 ]

楽しいわ~^^
海外の電車、数えるほどしか乗ったことがないから
とっても物珍しくて、駅も好きよ~
途中私の名前が出てきてビックリしちゃった!
桃ね~(^m^)
ヨーロッパの桃はカシっと硬めで齧った時の食感や噛みごたえがいいんじゃないかな~^^
バス、今度はぴゅーーんと着いて良かったね!

石畳の路地、そそられる。
そういう登り道を見たら絶対入り込みたくなる。
登って行った先には教会があるのね~
素敵な展望ね。

由緒ありそうな建物のアパートに泊まれるなんて最高ね!
そういう経験してみたいわ。
お隣のレストランのお食事、すごい量ね~!
カマス一匹どどーん!!すごっ!
食べれた~?
[ 2015/09/17 20:37 ] [ 編集 ]

☆りぷママさん
狭い路地を登って行って開けた時の開放感は特別♪
気持ちいい〜♪けど、暑かった(笑)。

カマス、デカいでしょ。
これ、私達はメインを1人ひとつずつ取ったけど、これは2人でシェアする量よね〜。
夫の手はおよそ肉体労働に向かない手。
釘もまっすぐに打てないわ(笑)。

☆reeちゃん
>あはは、その逆で男性のだとオティンティンばっかりになるんだよね。
ええ〜、それはあんまり触りたくないかも〜(笑)。

>そのまんま干してるって事だと思うんだけど違うのかな。
生ハム、イタリアやスペインのハム屋さんに行くと天井からたくさんぶら下がってる。
熟成させると旨味成分のアミノ酸が切ったときに星のように白く見えるのがおいしい生ハムの目安...チーズみたいなもんなのかしら。
熟成チーズもアミノ酸がシャリシャリしてるもの。
冷蔵庫は使わないもんね〜。

☆ポーレイちゃん
ピランはとても小さな町で、その分静かで好きだったわ。
アパートも広くて、洗濯機も使えたし!
ホテルと違って、チェックインの時間が限られていたりとか、荷物を預かってもらえないとか、不便な所もあったりするけど、便利な点も確かにあると思うし。

生ハム、あれってきっと熟成させているうちにタンパク質の組成が変化するんじゃないかな?って気がするの。
普通のハムは冷蔵保存だけど、生ハムはあちらでは常温保存だものね。

☆あっぴぃちゃん
>石畳の路地に赤い屋根が並ぶ景色と青い海、
こんな景色のきれいなところだと、本当に癒されますね。
お天気が本当によかったので、色も余計に鮮やかに見えるわよね。
35℃を超えるくらいだったので、かなり暑かったけど(笑)。

>シーフードの盛り合わせ、どちらもすごい!!
全部食べられましたか?
うん!お腹一杯になったよ〜!

☆kin&fuuままちゃん
>水中にも良く 沈められてるけど やっぱり 胸の部分が減ってます~(笑)
へ〜、水中にもあるんだ。
胸を触りたがるのは男性って気がするけどね〜(笑)。

☆pcommeparisちゃん
ピラン、小さい町だったけど静かでよかったよ〜。
ホントはレストランの経営するホテルみたいな所に泊まってみたいんだけど。
パリもアパートホテルが大人気って新聞で読んだわ。
揚げ物、実は私の方が好きかな(笑)。
この旅行中、なぜかフライドポテトがすっごく食べたかった!!!

>スロベニア鉄道は、イタリアのお隣さんだけあってかなりラテン化しているね。
でも狼狽えないで郷に入れば郷に従う…。
従わざるを得なかったの。
他の選択肢はもともとあるバスルート。
でもうちは最初の駅で電車の切符を買ってあったし。
それにしても、その最初の駅で切符を買うときに、「電車は動いてないですよ」って教えてくれればよかったのに。
それでもやっぱり選択肢はバスしかないんだけど。
とかなんとか書いても、夫に任せっぱなしでついて行ってるだけだし(笑)。

☆milkyさん
ヨーロッパの桃、スーパーに行くとそれこそいろんな種類があって白桃から黄桃、柔らかそうなのから固そうなものまで。
いつもはむいて食べるんだけど、milkyさんの所で読んだばかりだったので、そのまま食べてみたの。

>石畳の路地、そそられる。
そういう登り道を見たら絶対入り込みたくなる。
あら、milkyさん、路地好きなんですか?
それならぜったいヴェネツィアもお好きなはず。
私は方向音痴気味なので、実はちょっと苦手。

>カマス一匹どどーん!!すごっ!
食べれた~?
しっかり食べました〜!(笑)
[ 2015/09/18 20:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する