私と夫と猫の幸せ生活

英国人の夫との幸せな毎日 
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPチャイナエアラインビジネスクラスで行く秋のヨーロッパ周遊1ヶ月 ≫ アムステルダム→バンコック→台北→成田 チャイナエアラインビジネスクラス

アムステルダム→バンコック→台北→成田 チャイナエアラインビジネスクラス

10月26日、日曜日。
ついにヨーロッパ最後の朝。

ホテルをチェックアウトし、電車でスキップホール空港に向かいます。
PA260422.jpg

チャイナエアライン 0066便バンコック行きはKLMとの共同運行便(コードシェア)でした。
ビジネスクラスラウンジもKLMを使います。
PA260423.jpg

ここ、スキップホールはKLMの拠点で一日中発着があるため、ラウンジも大混雑。
私達はゆったりとした椅子を確保できてラッキー♪
PA260424.jpg
それほど世界のビジネスクラスラウンジを知っているわけではないのですが、このKLMラウンジ、かなりお粗末。
一番混んでいる時間だったのでしょうか。
座る場所を見つけるのも容易ではなく、掃除もまったく追いついていない状態。
テーブルの上には使われたグラスなどが置かれたままで、床にもゴミが落ちていました。
飲み物もたくさん置いてあったけれど、抜栓も追いついてなくて、自分でスパークリングワインのコルクを抜きました。
ミールも乾きもの中心。
あれほど食べるものがないラウンジも初めて。
そしてなによりひどいのが、ラウンジのある場所。
セキュリティゲート外にあるんです。
そのため、搭乗の1時間ほど前、セキュリティゲートを通るために余裕を持ってラウンジを出なければなりません。
本来、ラウンジの意味はビジネスクラスのお客さんに搭乗までの時間をゆっくり過ごしてもらうためだと思うのですが、このスキップホール空港では違うようです。


結局、搭乗まで(座る場所もなく)立って待ちました。
↓私達の乗るチャイナエアライン。
PA260425.jpg

ウェルカムドリンクもお願いすればシャンペンを出してくれるのですが、このフライトでは断られました。
離陸前にボトルの栓を開けたままの状態にできないから。と。
んなことないでしょーっとは思うものの、まぁいいや。
窓3つ分の広い座席。
バイバイ、ヨーロッパ。
PA260427.jpg

安定飛行に入って、トマトとモッツァレラのカプレーゼとお魚のムースだったと写真から推測(笑)。
PA260432.jpg


テーブルクロスが敷かれ、
さぁ、食べるわよ
ラウンジと機内でがっつり食べる気でいたので、朝からなにも食べていなかった私(笑)。
ただね、ここでもちょっと文句言いたい。
チャイナエアラインのビジネスクラスはe-メニューと言って、事前予約ができるんです。
往路は予約して行きました。
でも、アムステルダムからのフライトは“予約できません”だったの。
おそらく、コードシェア便のため。
チャイナエアラインのお客さんだけ好きなものを予約して行ったら、KLMのお客さんはズルい〜!って思うかもしれないもんね。
なので、売り切れて食べられないものも...

Sliced veal loin with asparagus and vitello tomato sauce(veal=子牛)
脇役だけど、サラダのレモンドレッシングがよく冷えてて、すっごくおいしかったの!
PA260433.jpg

夫の選んだメイン。
Braised chicken stew with mushroom, mixed vegetables and rice
PA260434.jpg

私のメインはお魚。
Bake fish fillet with almonds, sauteed spinach, mashed potatoes with mustard and Bengal sauce
アップルソースがオランダらしい。
PA260435.jpg

チャイナエアラインで必ず出てくる果物。
PA260436.jpg

Dutch spiced biscuit "speculaas" with whipped cream and chocolate galette
PA260437.jpg

食事が終わると、チャイナエアラインでは寝る時間。
ブラインドおろして照明も落とし、”シャンペンのおかわり”なんてとてもじゃないけど言えない雰囲気!
仕方ないから寝ます(笑)。

途中、前菜で出てきたのと同じ子牛のお皿が出ました。
スナックも用意されていましたが、私はひたすら寝ました(笑)。

朝食。
チャイナエアラインならではの中華粥。
私は結構好き♪
食欲ない時でも食べやすい。
ただ、可哀想なのは夫。
洋朝食も売り切れて、慣れない中華粥はあまり合わなかったよう。
PA270439.jpg

早朝のバンコックで乗り換え。
バンコックの空港ラウンジも使ったのですが、写真は撮り忘れちゃったみたい。
ゴルフ帰りの茨城訛りおじさん4人組が孫自慢してたっけ。

バンコック→台北の機内食。
IMG_0598.jpg

バンコックからのフライトが、乗り継ぎ便の乗客待ちで遅れて、台北にも遅れて到着。
肩にワッペン貼られて、グラウンドスタッフを先頭にみんなで走りました
飛行機ってこうやって遅れて行くのね...
IMG_0599.jpg

台北→成田の機内食。
IMG_0600.jpg

成田着は27日の夜。
そのままリムジンに乗って帰っても、家に着くのは夜中。
しかも家は1ヶ月前の状態のままで、そのままでは寝られない。
ので、この日は成田のホテルに泊まりました。
PA270441.jpg

この記事を書いてみて思ったのは、私の文句のほとんどはKLMのせい。
ビジネスクラスでこんなだと、エコノミークラスなんて無理!って思うけど。
昔はよく乗ったのよね〜。
ブリティッシュエアウェイズやエールフランスと較べると、かなり安かったから。
この十年ちょっとはワンワールドの囲い込みに見事にはまり、ブリティッシュエアウェイズばかり。
ビジネスクラスもブリティッシュエアウェイズはワンランク上です。
でも、今回のチャイナエアラインのビジネスクラスはお値段考えるとかなりお得!
ブリティッシュエアウェイズの半額以下だと思います。
ヨーロッパに行く時は次も使う可能性大。
アムステルダムは外すと思うけど(笑)。


長かったヨーロッパ旅行記もこれで終わり。
今日も最後まで読んでくれてありがとう
クリック、プリーズ、
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村 料理ブログ 洋食・洋風料理(レシピ)へ

Comment

編集
あはは。
ワッペン貼られて、みんなでダッシュ。
想像しちゃった。
でも、ありますよね~。私はいつも安い飛行機会社だから
よくあります。
ビジネスクラスは広いし、ごはんおいそ~だしいいな~。
やっぱり高いんですよね~。
2015年02月08日(Sun) 22:39
編集
こんなワッペンがあるんですねー!
初めて見させていただきました

わたしはKLMのエコノミーに乗ったけど
正直もう乗りたくない…
でも安いし福岡直行だしまた乗るんだろうなぁ(^_^;)
2015年02月09日(Mon) 19:01
編集
私なんてビジネス、1回しか経験ないから、それこそ比較のしようがないわ~。
今じゃ3人だから、アップグレードより、一人無料って方をチョイスしちゃう(笑)。

うちも中華粥は絶対無理だな。
普通のお粥だって駄目だし、リゾットすら嫌がるもん。

えーーっ?
食事を1回でも抜くなんて絶対無理!
朝5時に起きると7時にはお腹がグーグー鳴っちゃう。
2015年02月10日(Tue) 01:45
編集
v-354KAYOKOさん
>ワッペン貼られて、みんなでダッシュ。
想像しちゃった。
でも、ありますよね~。

チャイナエアラインのレビューやブログを読むと、遅れることはしょっちゅうらしいの。
だから、ワッペンも用意してあるのかな?(笑)
ヨーロッパ往復で20万ちょっとだったので、かなりお安いと思うわ。
でも、(前にも書いたけど)エコノミーで我慢できるなら、それでいいと思うの。
ビジネス乗るより、そのお金でいろんな所に行く方がいいと思うもん。
我慢はたった10時間ほど。
贅沢は年齢重ねてからのお楽しみ(笑)。

v-354けいちゃん
上のコメントにも書いたけど、チャイナエアラインってよく遅れるらしいの。
だからワッペンを用意してるんじゃないか?って思ったり(笑)。

KLMって、ソフト面が悪いと思う。
お客さまに気持ちよく乗っていただこうなんて気持ちはさらさらない?って感じがするわ。
義妹はオランダ人だけど、日本に来る時はJALを選んでる(笑)。

v-354reeちゃん
>うちも中華粥は絶対無理だな。
普通のお粥だって駄目だし、リゾットすら嫌がるもん。

ええーーーっ、和食育ちで納豆大好きでもそうなんだ!
毎日お米食べててもそういうこともあるのね。
うちなんか、5キロのお米買うと1年もつ(爆)。

>朝5時に起きると7時にはお腹がグーグー鳴っちゃう。
そのお腹の鳴る状態で”若返りスイッチ”ONになるらしいよ!
2015年02月14日(Sat) 21:56












非公開コメントにする