英国人の夫との幸せな毎日 
ウィーン4日目
2014年11月10日 (月) | 編集 |
お天気だったこの日、


ドナウ川を見てみたい!


私は希望(と文句とわがまま)を言うだけ。
あとは夫が調べて、連れて行ってくれます。
ありがたや〜。


まずはトラムに乗って、ウィーン西駅へ。
歩くと15〜20分ですが、トラムなら早い。
DSCF5793.jpg

ウィーン西駅から電車に乗って、途中で乗り換えて...
30分かもうちょっとだったでしょうか。
夫に任せきりで付いて行くだけの私は、電車の中でも数独のパズルで遊んでいる無責任ぶり(笑)。



えっ...
なんか、イメージ違う...
DSCF5798.jpg

...と思ったら、ここはドナウ・アルテ(古いドナウ)なんだそう。
DSCF5802.jpg

なんだかとってものどかでね。
お天気もよく、ぽかぽかで。
ホテルからくすねてきたパン(そういう用意はしてました。笑)を白鳥さんにあげたり。
DSCF5799.jpg

水もきれい。
驚いたのは、この薄茶の白鳥。
夫が近づこうとすると、シャーッって威嚇するの!!!
白鳥が人間を威嚇するなんて!
そもそも白鳥ってそんな攻撃的とは知りませんでした。
でも、パンを持ってた私は歓迎されたみたい(笑)。
DSCF5800.jpg

このドナウ・アルテの川沿い、そこに家を持つ個人の船着き場(一般の人は入れないように鍵付きのフェンスで守られてます)になっています。
睡蓮の写真を撮ろうとしたら、ちょうどカヤックの用意をしていたオーナーさんが、“よければどうぞ”と入れてくれました。
DSCF5803.jpg
このドナウ・アルテ、時の流れもゆったりとした感じで、ウィーンに住むならこの川沿い!と思ったのでした。
ま、現実は冬が寒過ぎて無理!なんだけど(ドイツ語もできないしね。笑)。


ドナウの本流まで小一時間ほど、ちょっと歩きました。
川幅広く、やはりこちらの方がドナウのイメージ。
DSCF5807.jpg

橋の途中で撮った一枚。
ドナウは大河。
イタリア(と書きましたが、夫に確認したらスイスでした)の客船がたくさんいました。
船旅もいいかもね。
DSCF5808.jpg
お天気のいい日にドナウ見れてよかった〜!

ドナウ・アルテの方にはレストランも多くあったのですが、ここまで来たらお店もほとんどなくなっちゃって。
遅いお昼はピザ屋さん。
私の頼んだのはトンノ。ツナのピザ。
30センチ弱くらいのこの2切れでなんと1ユーロ!(140円くらい)
DSCF5811.jpg
学校帰りの子供たちがたくさん来てました。
1ユーロで食べ盛りのお腹も満たされるって、親も大助かりよね!


お天気のよかったこの日、ウィーン市内の人出もかなり多く、混雑しています。
夏のピーク時にはもっとすごいんでしょうね。
DSCF5812.jpg

前々日は暗くてあまりよく撮れなかったけれど、シュテファン大聖堂の前でたむろするコンサートチケット売り。
中世の格好もさまになっています。
DSCF5813.jpg

チロルの民族衣装を着たグループが演奏してました。
うちはこの翌日、チロルに行く予定!
なんか、この偶然がとってもうれしかったな〜。
いいことありそうで♪
DSCF5814.jpg

で、また戻って来ちゃった。ペーター教会。
DSCF5816.jpg

本物の古い教会のパイプオルガンコンサート、おそらくこれが最後の機会。
プログラムは前々日と一緒だったけど。
心に刻みました。
DSCF5819.jpg

ホテル最寄りのシェーンブルン駅に戻り。
でねでねっ、これ、体重計なの!
なんで駅前に体重計(有料)があるのか。
世界不思議発見とかテレビの番組になりそうだわ〜。
DSCF5820.jpg

ホテル周辺は公園やら、とても緑の多い所。
ジョギングする人もとても多かったです。
DSCF5821.jpg

芝生の上で裸足で走り回る子供たち。
子育てをするなら、こういう環境いいな〜(冬寒いけど)。
DSCF5822.jpg

昨晩は断られたレストラン、今日は予約をしてきました。
Herzog's Wirtshaus
トリップアドバイザーでも高評価!
DSCF5823.jpg

メニューは手書きのドイツ語で、はっきり言って(ドイツ語できる夫でも)読めない!!!
でも、お店の女性が詳しく説明してくれます。
ワインも良さそうなものを選べるように持ってきてくれました。
DSCF5824.jpg
ただ...こんなことで文句言うのもなんだけど。
ドイツ語喋る人(=夫)がいると、オーストリアの人もドイツ語で話す。
すると、ドイツ語わかんない人は蚊帳の外って気分になる。
夫が英語に訳してくれるんだけど、ちょっとおバカな女の気分。
このお店だって、英語が十分に通じるはずなのに!
これが理不尽な文句ってこともわかってるんだけどね。


私の頼んだものは...写真を見ると、牛ホホ肉の煮込みだったかな?
DSCF5825.jpg

夫のお料理はワイルドボア(イノシシ)だったと記憶しています。
DSCF5826.jpg
夫にカメラ渡して撮ってもらったんだけど、ブレてるし!(笑)


とにかく、ウィーンに来てからで初めて“美味しいものを楽しく”食べたのでした。
でも...
これがウィーン最後の夜だったのよね(笑)。
翌日には次の目的地に発ちます。


今日も最後まで読んでくれてありがとう
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村 料理ブログ 洋食・洋風料理(レシピ)へ

コメント
この記事へのコメント
No title
グルメが1€ピザで大丈夫なの〜?と思ったら、ちゃんと夜には埋め合わせしてる(笑)。
ウィーンって、本当に綺麗な街なのね。宮殿や大聖堂に美術館・図書館、どれもこれもが骨董の芸術作品で、パリよりもきらびやかなんじゃない?
美術館前の子象くんの、背中か牙の上に乗らなかったの?思わず乗りたくなる形してるんだけど。でも寄り掛かるだけでも幸せを呼ぶ子象くん〜♪会いたいなぁ。
2014/11/10(月) 23:02:44 | URL | pcommeparis #-[ 編集]
No title
親友がペルー人で、もう10年前にだんな様の国ドイツに引っ越したんだけど(だんな様はあのギャランドゥ)、親友はスペイン語、ドイツ語、ラテン語、英語を話すけど、引越した当初はドイツ語はまだ十分じゃなく、外国人の訛のあるドイツ語だったからバカにされたらしいよ。

ピザ、安いね~。
ここは2トッピングで日本の倍の大きさで$5.99(笑)。
うちでは忙しい時の非常食になってるよ。

娘が飛行機酔いするから、機内でもほとんど寝れてないから、実際は40時間以上寝てないの。
だから2年前会ったように、唇にヘルペスが出ちゃったりするのよ~。
2014/11/11(火) 00:22:28 | URL | ree #-[ 編集]
No title
おお~憧れのドナウ川 白鳥が威嚇するんだ~ でも賄賂には弱いのね
寒いのは。。。私も苦手 
建物も風格があるね~ パイプオルガンも素晴らしい~
ピザ お安くていいなあ~
2014/11/12(水) 08:37:17 | URL | まつもと #-[ 編集]
白鳥って、
けっこう怖いらしいのです!
長野の友達が言ってました。
威嚇は普通みたいですよ😅。

またしても美味しそうな数々!
あ、ちょっとわかる気がするのですが、
ふつうだと、「英語がわからなくて蚊帳の外」ですので、
妻さんご夫婦のレベルが高すぎます☺。

あああ、ピザ食べたくなってきました~!
2014/11/12(水) 19:24:13 | URL | すぷまんて #GsJUbQrU[ 編集]
No title
v-354pcommeparisちゃん
1€ピザってパリでもあるの?
英語はぜーーーーったいに通じなさそうだし、私なら選ばないお店だったけど、思ったほど悪くなかったわ。
記事にも書いた通り、ガキンチョにはいいお店だろうな〜って(笑)。

美術館前の子象、”乗らないで!”って書いてあったの。
でも、そんなの書いてなくても、私は大人だから乗らないわよ〜!(なんちゃって!笑)

v-354reeちゃん
>外国人の訛のあるドイツ語だったからバカにされたらしいよ。

それ、ちょっとコワいかも。
ドイツは極右がすごいイメージが私にはあるし。

1€ピザ、ここだけでなく、時々見かけたわ。
140円ほどでお腹がいっぱいになるって、旅行者にも便利!
栄養の偏りと肥満にご注意って感じだけどね(笑)。

あぁ、そうだったわね。
ニコちゃん、飛行機酔いしてた。
でも、今は大きくなったから酔いにくくなってるかも!
私の弟も車酔いがひどかったんだけど、体が大きくなったら治ったの。

v-354kin&fuuままちゃん
オーストリアはヨーロッパの中でも特に冬が寒いみたい。
ただ、家の中はセントラルヒーティングがあるので、日本の家より温かいと思うけど(笑)。
南欧だとかなり暖かいのよ。

1€ピザ、時々見かけたの。
できれば、もうちょっとマシなお店に入りたかったかな(笑)。

v-354すぷまんてちゃん
>けっこう怖いらしいのです!
長野の友達が言ってました。
威嚇は普通みたいですよ😅。

そーなんだ!!!
では、あれも普通のことだったのね。
でも、なぜにして長野のお友達が知ってるの?
長野って白鳥来るんだっけ?
長野って人間があったかくて好きなの♪

>ふつうだと、「英語がわからなくて蚊帳の外」ですので、

あっ、そっか!
そんな感じかも!!!
2014/11/12(水) 23:33:06 | URL | 愛されている妻 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する