私と夫と猫の幸せ生活

Welcome to my blog

ウィーン2日目。これからウィーンに行く人は要チェック!

いつもならヨーロッパ最初の夜は時差の関係で朝の2時(日本時間朝9時くらい)くらいから目が覚めて、ベッドの上で右向いたり左向いたり、どうしても寝ていられなくなって起きるのが5時頃。
しかも夫は眠っているので、1人でバスルームに籠って本を読んだり、真っ暗な部屋でカーテンを開けて真っ暗な外を眺めたりするのが常。

ところが40時間ぶりにベッドで寝たこの晩、


朝7時まで眠れました!


ヨーロッパは数十回行っていると思うけど、初めての経験!!!



ウィーン2日目は冷たい雨。
DSCF5676.jpg

このホテル、朝ご飯も充実。
まるでパン屋さん
DSCF5678.jpg

チーズの充実ぶりもすごい!
DSCF5677.jpg
この他、撮ってないけど、ハム類、スモークサーモン、果物、甘いものもものすごい充実。

お腹いーーーーっぱい食べたら、お出かけ。
今日はウィーン中心部に行きます。
フロントで聞くと、シェーンブルンからメトロに乗るのが一番便利とのこと。

シェーンブルンは地上駅。
DSCF5679.jpg

ウィーン中心部まで5駅くらいだったでしょうか。
路地で見かけた建物。
DSCF5681.jpg

なんと!モーツァルトが住んでいたんですって!!!
DSCF5682.jpg

ウィーンのシンボル、シュテファン大聖堂
DSCF5684.jpg
wikiで見たら、モーツァルトさん、ここで結婚式も挙げたのね。
大聖堂の前には、中世の格好をしたチケット売りがコンサートチケットを売ってました。
...でも、私の調べではこの週はいいコンサートはなかったはず。


ほおお〜!すごい教会!じゃなかった、大聖堂!(教会=church、大聖堂=cathedral)
DSCF5685.jpg
軽く膝を曲げ、胸の前でクロスをきる方多数。

ここは古いエレベーターに乗って塔の上まで行くことができます。
エレベーターの運転をするおじさんも一緒に乗って、狭いのよ〜。
DSCF5687.jpg

上からの眺め。
実は足元が金網になっている部分もあり、高所恐怖症の人はちょっと...かも。
夫は下を見ないようにしてました。
DSCF5688.jpg

私もそれほど高い所が得意というわけではないのだけど、平気で写真を撮っていたみたいです(笑)。
ズームで撮った覚えのある、馬車の列。
DSCF5690.jpg

南塔も登れるセット券を買ったのですが、閉所恐怖症の私は教会のベルタワー(窓のない狭い螺旋階段)が特に苦手。
久し振りだから大丈夫かも?と思いましたが、登り始めてすぐに気分が悪くなりギブアップ。
なんかね、息ができない感じになっちゃうの。
DSCF5693.jpg

どうやら、この辺がウィーンの目抜き通り。
DSCF5694.jpg

なんかのモニュメント(テキトウなレポートだわ!笑)。
DSCF5696.jpg

そして、こちらがハプスブルグ家の本宅、ホーフブルク宮殿の入り口(シェーンブルンは夏の別荘)。
DSCF5699.jpg

来ました!ウィーンで行きたかった所2つ目!
DSCF5700.jpg

階段の雰囲気からして、わかるでしょうか?
DSCF5701.jpg

以前は無料だったのですが、現在はひとり7ユーロ。
世界的には無料が普通。
DSCF5703.jpg


ここは...



世界で一番美しい図書館

DSCF5705.jpg

国立図書館大広間(プルンクザール)
DSCF5706.jpg

左向いても、上向いても、右向いてもすごい!
DSCF5707.jpg

地元の子供たちも図書館の歴史をお勉強。
DSCF5711.jpg

ここ、古い大きな地球儀も置いています。
これは17世紀、1693年製。
DSCF5712.jpg

ヤバい!
北海道が大陸にくっついてる!!!(笑)
DSCF5713.jpg

お昼はパン屋さんのカフェでお水とアップルシュトゥルーデル。
DSCF5718.jpg
たいしておいしくなかった上、ヨメは高級レストランに入りたがらない夫にかなりムカついていました
性格悪っ!

偶然、見つけたDEMEL(デメル)
DSCF5719.jpg
普通はウィーンまで来たら、こういう所でお茶したりランチしたりするもんでしょ?
夫は甘いものを食べないので、カフェはあきらめてたけどね〜。

ウィーンのザッハトルテと言えば、ホテル・ザッハーデメル
買って帰りたいのは山々でしたが、1ヶ月の旅行は始まったばかり。
DSCF5720.jpg

デメルと言えば、この猫の舌(ラングドシャ)のチョコレートも有名。
DSCF5721.jpg

さてさて、ウィーンで行きたかった所、3つ目!!!
gratisとは、ドイツ語で無料のこと。
DSCF5722.jpg



なんと!

パイプオルガンの無料コンサート


なんとも豪華な内装のペーター教会
DSCF5727.jpg

当日のプログラム。
DSCF5726.jpg


動画に初挑戦
雰囲気、伝わるかな。
[広告] VPS

*無料ですが、帰るときにはひとり1〜2ユーロくらいの寄付をするといいと思います。

コンサートのあとは再びホーフブルグ宮殿に戻り、心優しい夫の好きそうな蝶の館(Butterfly house)(←英語サイトです。ごめんなさい)へ。
DSCF5735.jpg

中は暖かく、別世界♪
DSCF5739.jpg

広げた羽根の内側はそれなりに綺麗だったりするんだけど...飛んでる蝶を撮るのは難しい!
...で、止まっている蝶の羽根の外側はそれほど綺麗でなかったり。
DSCF5746.jpg

...と、写真を撮っていたら、近くの人がジェスチャーで、”あなたの腕に!”

私の右肘上にとまってるの!!!
すごいわかりにくいけど(笑)。
IMG_0664.jpg

温かい温室はまるで夢の世界。
外に出たら、ザンザン降り

再びメトロに乗ってシェーンブルンまで戻り、信号待ちをしていたら、


バッシャーーーン



スピードを上げて私の前を通過した車に、思い切り胸下まではね上げられてしまいました。
コートから出ていた足はびしょびしょ。
パンプスで石畳を歩き、時差を引きずり、疲れきっていた上にこの始末。
情けないやら悲しいやら


夕食はホテルから2番目くらいに近いお店。
この白ワイン、ウィーンで作られたもの。
そして、ウィーン名物のヴィエナシュニッツェル(ウィーン風子牛のカツレツ)。
IMG_0559.jpg


結局この日も10時間近く歩き回り、またしても夜は撃沈だったのでした


とんでもなく長い記事になっちゃいました。
今日も最後まで読んでくれてありがとう
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村 料理ブログ 洋食・洋風料理(レシピ)へ

Comments 6

けい  
No title

教会と大聖堂って違うんですね!
宗教的にはどう違うのかわかりませんが…

古い図書館スゴイ!たまんない!

ちょうちょわかりました
妻さんのお花のブラウス すてき!
これなら 高級レストラン行きたくなりますよねぇ

そーいえば わたしは
ピザチェーン店とか マクドナルド的なバーガーショップに入りたがる夫にムカついて
アパートメント派になったことを
思い出しましたよ…

2014/11/07 (Fri) 23:19 | EDIT | REPLY |   
ree  
No title

お昼寝もしなかったのがよかったんだろうけど、それでもそれだけ寝れたって私にはまだない。
日本に帰ると空港から実家までの移動もまだあるし、40時間くらい寝ないんだけど、やっぱ時差で朝早く起きちゃうもん。

今日の写真も・・・ここに住みたい~~~!
夢うつつで過ごしちゃいそうな場所だよ~~~!
本場のザッハトルテにパイプオルガンコンサート・・・はぁ・・・ため息が出ちゃう・・・。

2014/11/08 (Sat) 03:08 | EDIT | REPLY |   
KAYOKO  
No title

これだけの観光をパンプスでできてしまう妻さんすごい!!
私、足が悪くて、パンプスも履けないくらいなので、驚きです。
世界一美しい図書館、すごいですね~。
そこで普通に学べる子どもたちもは恵まれた環境ですね。
デメル!!
ザッハトルテに惹かれますね~。
日本で手に入るものとは味違うのかな?

2014/11/09 (Sun) 00:41 | EDIT | REPLY |   
愛されている妻  
No title

v-354けいちゃん
教会と大聖堂、一番の違いは大きさだと思う。
宗教的には大聖堂はだいたいカトリック(保守的。神父様は結婚もできない)。
プロテスタントはもっと庶民的で牧師さんは結婚もできるし、教会ももっと地味目。
だから、大聖堂みたいにデカイのはプロテスタントではほぼないと思うの。
私が結婚式を挙げた教会もプロテスタント。
カトリックだと洗礼も受けていない、信者でもない人間を受け入れてくれないもん。

>ピザチェーン店とか マクドナルド的なバーガーショップに入りたがる夫にムカついて

確かにそれもムカつく〜!
せっかく旅行に行ったら、食事も楽しみのひとつだと思うもん。
でも...ファストフードでもその国によってちょっとメニューが違うみたい。
夫の兄が来日したときに、日本のマクドナルド独自メニューを“食べたい!!!”って、付き合わされたことが(笑)。

v-354reeちゃん
>日本に帰ると空港から実家までの移動もまだあるし、40時間くらい寝ないんだけど、やっぱ時差で朝早く起きちゃうもん。

ええ〜〜、reeちゃんはいつも40時間くらい寝てないってこと?
すごいな〜。
時差ってやっぱり体内時計が狂っちゃって、辛いよね。

ザッハトルテはこちらでも売ってると思うんだけど、あちらで食べておけばよかったかな(笑)。

v-354KAYOKOさん
>私、足が悪くて、パンプスも履けないくらいなので、

高校の保健室の先生が、生徒の足を見て、”あなたの足はかかとの高い靴なんか履いちゃダメ”とか言ってたのを思い出したわ。
ちなみに私は、”あなたは大丈夫”と言われたっけ。

ザッハトルテ、こちらで買えるものも味は同じだと思うわ。
さすがに味が違ったら、デメルやホテルザッハーの看板が泣くでしょ。

2014/11/09 (Sun) 16:16 | EDIT | REPLY |   
まつもと  
No title

パイプオルガン いいなあ~ 美しい図書館 蝶の館に動物園みんな 素晴らしいなあ~

2014/11/12 (Wed) 08:50 | EDIT | REPLY |   
愛されている妻  
No title

v-354kin&fuuままちゃん
教会も図書館も、素晴らしく美しかったの!
動物園は私の期待の方が大きかったかも(笑)。

2014/11/12 (Wed) 19:32 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
英国人の夫との幸せな毎日 
About me
イギリス人の夫と結婚して、28年目。
結婚したときは、想像してなかった。今でもこんなに幸せとは。
専業主婦で食べることが好き。旅行が好き。おしゃれが好き。猫が好き。夫が好き。
現在は猫いない生活中。
コメント大歓迎♪♪