ウィーン1日目前編

チャイナエアラインCI63便。
到着予定時間は朝の6:30でしたが、6時に着いたと記憶しています。

こちらがウィーンの空港を外から見た所。
DSCF5619.jpg

まだ、外は真っ暗。
DSCF5622.jpg


夫があらかじめ、ホテルに行く手段を調べてくれていて、ちょっとビックリ。
実は夫は(海外)旅行は嫌い!だから、その話をすることさえいい顔をしない人。
その人が、事前に調べてくれていたなんて!!!

空港から、ウィーン西駅までバスに乗ります。
オーストリアはドイツ語圏ですが、ドイツ語も夫の守備範囲。
運転手さんともドイツ語で話していました!!!(私ならどのバスに乗っていいかわかんないし、切符も買えないかも)
DSCF5621.jpg

バスがウィーン西駅に着く頃には明るくなっていました。
プリントアウトした地図ではホテルはウィーン西駅のすぐそばに見えたのですが、実際に歩いたら、20分ほど(スーツケースなしだともうちょっと早いと思います)。
重いスーツケースを押して、腕がパンパンッ!!!
そして、着いたのが朝の8時頃。



なんと!

超アーリーチェックイン

させてもらいました〜!
しかも、すっごい広いお部屋!!!
DSCF5624.jpg

クロゼットが独立した小部屋みたいになってて、写真左側がひとつ目のスペース。
DSCF5625.jpg

で、その隣が棚のあるスペース。
DSCF5627.jpg

そして、その奥がバスルーム。
ここまで広い作りになっているのに、バスタブが無かったのが不思議な気もしましたが
DSCF5626.jpg

とりあえず、顔を洗って(マスカラが落ちて、目の周りが黒かった。笑)、歯を磨いてすっきり♪♪
また、お化粧して。


お腹空いてきた...と思って、宿泊客の使えるエグゼクティブラウンジに行くと、これはうれしい!!!
ラウンジの存在はわかっていたのですが、結構ちゃんと食べられました。
ちなみに、泊まったのはオーストリア トレンド ホテル パーク ロイヤル パレス ウィーン(私のレビューもあります)。
DSCF5628.jpg

でね、市内からはちょっと離れたこのホテルにしたかというと...
シェーンブルン宮殿に近いんです!

ウィーンを調べていて、私は市内よりもシェーンブルンに強く惹かれたんです。
“毎日通いたいかも!”と思ったほど。

疲れて眠かったけど、ここで寝てはマズい!
早速、徒歩10分弱ほどのシェーンブルンにお出かけです。
ゲート前は人がたくさんいます(敷地内に入るだけなら入場無料)。
DSCF5629.jpg


これが、ハプスブルグ王朝の夏の離宮!(シェーンブルン宮殿
DSCF5630.jpg

反対側を向くと、遥か向こうにグロリエッテ。
DSCF5631.jpg

夫の豆知識に寄ると、シェーンブルンの敷地はモナコ公国より広いらしい!
DSCF5633.jpg
午前中はちょっと肌寒くて、カシミアのセーター着てました。

グロリエッテまで登って、見下ろす宮殿の遠いこと。
市街も一望。
昔はここを馬で走ったのでしょうか。
DSCF5636.jpg

晴れてきて、美しい庭園を望遠で撮ってみました。
DSCF5642.jpg

撮影禁止だったので写真はありませんが、このあと宮殿の中(有料)に入り、ヘッドフォンで日本語解説を聞きながら見て回りました。
現在、一部は公務員用のアパートとして使われているらしいです。
宮殿内に住めるなんて、羨ましい!!!

だいぶ疲れてきて、休憩もしたかったのですが、ここで座ると眠ってしまいそう。
頑張ってお昼もとらずに歩き続けます

続いては、迷路(有料)。
DSCF5645.jpg

これね、”なんで濡れてるのかな?“と、ちらりと頭をかすめたんです。
夫は左の橋。私は右の飛び石を通りました。
DSCF5646.jpg
きゃーーっ!

飛び石を通ると、水がビュッと飛び出てきました。
横を通って帰っていく人が笑っていたけど、そのことを知ってるってことはその人も水がかかったってこと。
引っかかっちゃったたわね、お互い(笑)。


ここ、シェーブルンはオーストリアでも一番重要な観光資源だそうです。
中◯人も多かった...
DSCF5649.jpg
なんとも壮大。


そして、私がシェーブルンに来たかった一番の理由!!!


...を書こうかと思いましたが、あまりにも長くなってきたため、2回に分けることにしました。
そんなにもったいぶることもないんだけどね(笑)。


帰国して1週間。
やっと時差ボケも治まってきました。
今日も最後まで読んでくれてありがとう
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村 料理ブログ 洋食・洋風料理(レシピ)へ

コメント

No title

私も行きたい~~~。
写真見てたらその思いが強くなっちゃう。
私ね、こんな風に見えてこう言うところがガーリーなの。
洋服はバロック調が好きだし(勿論時代に合わないし似合わないから着ないけど)、ベルバラがもともと大好きなの。

って事はウォークインクローゼットだったの?
すごい部屋だね。

No title

ウィーンは少し寒そうですね
朝8時に到着してそのまま観光に行けるだなんて
ビジネスクラスで眠れたから?

だんなさま 海外旅行がキライだなんて
書斎で本を読みたいタイプ?
でも妻さんのおかげでお外にも出られますね ( ̄m ̄* )
ドイツ語もばっちりでたのもしーい

No title

v-354reeちゃん
reeちゃん、ベルバラ好きなのね!
私の中学の時の同級生もベルバラの熱烈ファンで、”パリに行きたい!”と恋い焦がれて、高校の卒業旅行で行ったの。
マリーアントワネットもこのハプスブルグ家の娘。

このお部屋、フロアマップで見ても広いお部屋だったの。
4泊したので、アップグレードしてくれたんだと思う。

v-354けいちゃん
ウィーンはもともと寒さの厳しいことで知られる所。
パリよりもずっと寒いと思うわ。

>だんなさま 海外旅行がキライだなんて
書斎で本を読みたいタイプ?
でも妻さんのおかげでお外にも出られますね ( ̄m ̄* )
ドイツ語もばっちりでたのもしーい

もうね、旅行が嫌いなあまり、実家に帰る話さえ嫌がったのよ。
日程を聞こうとしても、”ワタシは旅行が嫌いだ!”って言ってね。
で、私がキレた!
“私のわがままで言ってるんじゃない。これはあなたの両親に合いに行くための旅行。あなたが話したくないって言うなら結構!もうこの話はしないから!”ってね。
それが結婚2〜3年目だったかな。
夫のいい所は、一度言われると学習すること(すごいでしょ?!一度で学んでくれるの!)。
今でも海外旅行は好きじゃないけど、それなりに楽しんでるかな。付き合いで(爆)。

No title

ご主人さまが旅行嫌いなんてびっくりしました。
飛行機や車に長時間乗ってるのが苦手なのかな~?
国内旅行はどうですか~?
守備範囲の広いご主人さま、うらやましい~

No title

v-354あっぴぃちゃん
うちの夫、国内旅行は好きなのよ。
バスツアーでさえ、楽しいって。
なのに、海外は...って、きっと、夫の超心配性のせいなんだと思うわ。
考え過ぎの取り越し苦労で、行く前から眠れなかったりするらしいの。
“なにか起こるんじゃないか”ってね。
それだけ夫の中でも、”日本は安全”って思いがあるんでしょうね。
非公開コメント

プロフィール

愛されている妻

Author:愛されている妻
イギリス人の夫と結婚して、27年目。
結婚したときは、想像してなかった。今でもこんなに幸せとは。
専業主婦で食べることが好き。旅行が好き。おしゃれが好き。猫が好き。夫が好き。
現在は猫いない生活中。
コメント大歓迎♪♪

ブログランキング

ランキングに参加しています。 応援してね♪

FC2Blog Ranking

最近の記事+コメント

カテゴリー

検索フォーム

Wedding Anniversary

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: