英国人の夫との幸せな毎日 
豚肩ロース1キロで
2018年09月20日 (木) | 編集 |
平野レミさんだったかな。
違っていたらごめんなさい。
「なるべく肉がぎっちり入る小さめのお鍋を使うと、調味料も少なくて済む」って。
我が家はこれが一番小さいサイズのお鍋だけど、肉をぎっちり入れれば同じこと(笑)。
500gの豚肩ロースを2本。
それにこのテフロン加工のお鍋は「焼き」にも使えるので便利。
2018/9/18-1


油少々を入れて、向きを変えながら全面焼き付けます。
表面を焼き固めて旨味を閉じ込めるって料理の基本。
2018/9/18-2


お酒とお醤油ドボドボ。
お好みの中華調味料。
甘みは黒砂糖を使うとより美味しいです。
アク取り&落としぶたを兼ねて、キッチンペーパーかぶせ、蓋もして火が通るまで煮込みます。
2018/9/18-3


そのまま冷めるまで待って。
焼き豚1キロ完成〜
我が家はこれを2人で...はさすがに無理(笑)。
2018/9/18-4


切ってから、冷凍用ジプロック4つに分けました。
2018/9/18-5


ラーメンを食べるための準備でした。
涼しくなってきたしね。
焼き豚さえあれば、あとは簡単。
2018/9/18-6


2人で小松菜1束、もやしも1袋。
野菜もたっぷり♪
焼き豚もたーーーっぷり!!!
久しぶり大変美味しゅうございました
2018/9/18-7


もうね、焼き豚も自分で作ると市販のものは食べられません。
味付けも好みに調整できるし、添加物の心配もないし。
最初に時間はかかっても、冷凍しておけばいつでもラーメンOK!
ただ。
夜ラーメンの罪重し。
翌朝は1キロ増&ニキビ1個のおまけ付き
あ〜あ。
でもまた食べます(笑)。




Thank you for visiting my blog and I will greatly appreciate it if you click those three buttons.
来て下さってありがとう。
クリックしてもらえるととてもうれしいです♪
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村 料理ブログ 洋食・洋風料理(レシピ)へ