ホテル住まい中

数年前にも泊まったことのあるホテルがリニューアル&リブランドオープンしたのでとってみました。


あらまぁ!素敵!!!
広いし、お日様ポカポカ。いい眺め!
2017/2/6-13
*到着した時は既に暗かったので、今日の写真です。

プライベートバルコニー(ルーフテラス?)みたいなのまで付いてます!
2017/2/6-11

最上階のこのお部屋は、エレベーター降りた時からちょっとペントハウス気分。
すっかり気に入ったので、これから常宿にするかも。



あらかじめ、人気のビストロを予約して行きました。
ニッパチの日曜日だというのに満席!!!
夫のビールはレーベンブロイ、私はヒューガルデン。
アミューズは牡蠣のリエット。
おまかせコースをお願いしました。
2017/2/6-5

ここはワインリストがありません。
ソムリエが希望を聞いて見繕って持ってきてくれます。
スパークリングワインか白ワインか迷っていて、辛口でしっかりした味のものをリクエスト。
右からフランスシャンペン、スペインカヴァ、フランス白、フランス白、イスラエル白。
2017/2/6-1

どれも美味しそうでしたが、他では飲めそうもないイスラエルをチョイス。
イスラエル航空ファーストクラスでも提供されているそうです。
2017/2/6-2

自家製ハムや、天使の海老のフリットなどの前菜盛り合わせ。
2017/2/6-3

アボカドムースとグレープフルーツ、ヤリイカのフリット。
2017/2/6-4

お魚料理は紙包み焼き。
フランス語でいうと、パピエット・ド・ポワッソン?
2017/2/6-6

魚介のスープが素晴らしい〜!
2017/2/6-7

肉はどれが来るかな?と。
私の第一希望はギニーファウル(ホロホロ鳥)のコンフィとドフィノワーズ。
隣のテーブルのドフィノワがすっごい美味しそうだったんだもん!
第二希望がアニョー(子羊)。
第三希望がカナール(鴨)。
2017/2/6-9

あぁ、カナールでした。
クランベリーソースだったと思います。
これも美味しかったけど、このお店3回目で鴨も3回目。
2017/2/6-8

この次はアラカルトで注文したいわ。
でも。
昔は大仕事前夜に食事を楽しむなんて考えられませんでした。
夫は緊張のあまり、戻してしまうこともしばしば。
朝は真っ青な顔で仕事に行ったものです。

「自分の入試の時もそんなに緊張したの?」と聞くと、「いや、全然」と。
自分の入試ならば結果はどうあれ自分の責任だからと。
受けさせる方の立場になると、失敗は許されないのです。絶対に!!!

いつもの授業ならば、完全に英語オンリーです。
でも試験監督は試験を始める前に日本語で注意事項を言わなければなりません。
それも夫の心理的負担になっていたのかな?と。
4半世紀も続けてきて、さすがに慣れてきたようです(笑)。

デザートはベイクドチーズケーキ。
美味しかった!
よく食べました!!!
満腹、満足♪
2017/2/6-10


朝はドトールでハムとチーズのホットサンド。
この後、夫は仕事へ。
ヨメはデパートの開店を待って、ふらふら買い物へ。
2017/2/6-12

ドンキでこれだけ買いました。
2017/2/6-14

夫は昼間は試験監督。夜は採点。
一人の受験生の回答は3人の先生によって3回採点されます。
試験問題は金庫で厳重に保管されています。
朝は受験生よりずっと早く、深夜まで採点。
入試問題作成チームはそのメンバーであることも口外禁止です。
印刷業社名も極秘。
受験生ならば遅刻しても救済措置が取られますが、受けさせる方はどんなことがあっても早くからスタンバイしていなければまりません。

が。のんきなヨメは主婦休み。
今晩はひとりご飯。
何食べようかな〜?



ブログ村国際結婚(ヨーロッパ)3位。
ブログ村洋食1位。
今日も読んでいただき、ありがとうございます!!!

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村 料理ブログ 洋食・洋風料理(レシピ)へ