私と夫と猫の幸せ生活

英国人の夫との幸せな毎日 
2012年01月 ≪  1234567891011121314151617181920212223242526272829 ≫ 2012年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年02月
ARCHIVE ≫ 2012年02月
      

≪ 前月 |  2012年02月  | 翌月 ≫

元気に帰って来て、相変わらず食べまくってます(笑)

九州の旅行、とーーっても楽しかったです♪♪
でもね、当初は夫が難色を示していたの。
だって、旅行の予定を見てみると→九州大謝恩祭5日間
毎朝、ホテルの出発が7時半。
起きるのが決して早くはない我が家にとって、これは大変な早起き。
せっかくのお休みなのに楽しくない!と夫は反対。
で、説得しました。

4時間の時差がある海外旅行と思えばいいんじゃない?!

これで妙に納得してくれた夫。
初めての九州に行くことができました!
九州旅行記は今度書くとして、とりあえず直近のことを...


九州から帰宅すると、梅子さんが2輪開花していました。
DSCF2117.jpg

4日経った今日は、もう2~30輪ほど咲いています。
DSCF2158.jpg
そばによると、かすかに甘い香り。

帰宅して一番のびっくりは銀行からのお知らせ。
DSCF2131.jpg
みずほで住宅ローンを借りているのですが、5000円プレゼントしてくれるんですって!
驚いたわ~。

帰宅した夜は駅向こうのトラットリアに行きました。
いつものシャルドネ。
DSCF2125.jpg

この日のアンティパストミストは9種盛り。
DSCF2124.jpg

うずらのたまごのように見えるのはリピエーノというニョッキのポルチーニソース。
DSCF2127.jpg

リピエーノとはイタリア語で詰め物のことで、割ってみるとこの通り。
もっちもちでと~ってもおいしかった♪
DSCF2128.jpg

メインにはサルティンボッカ(子牛肉、生ハム、チーズの重ね焼き)。
DSCF2129.jpg


土曜はシーズンチケットを買っている読響のマチネ(午後のコンサート)。
指揮:オスモ・ヴァンスカ
チューバ:次田心平(読売日響チューバ奏者)
シベリウス/森の精  作品15
アホ/チューバ協奏曲(日本初演)
チャイコフスキー/交響曲 第6番 ロ短調 作品74 〈悲愴〉

シベリウスはやたらと散らかった印象だったし、アホのチューバ協商曲は斬新過ぎて私には理解不能。
チャイコフスキーでさえ眠くなった、がっかりコンサートでした。

仕切り直しよ!
恵比寿に来ました。
DSCF2136.jpg

ここは昔、サッポロビールの工場があった所。
DSCF2138.jpg

クリスマスにはバカラの世界最大級シャンデリアを中心に飾り付けられます。
DSCF2140.jpg

“今度はここに来よう”と夫。
DSCF2141.jpg
ジョエル ロブションです。

やって来たのは楽天のプライベートセールでクーポンを買った、エノテカ ルーチェという昨年12月にオープンしたばかりのお店。

■前菜1
 帆立貝とカブの一口スープ
DSCF2144.jpg

■前菜2
 フォアグラとモスタルダ サラダ仕立て
DSCF2146.jpg

■パスタ1
 ズワイガニとアスパラガスのタリオリーニ
DSCF2147.jpg

■パスタ2
 イベリコ豚のオレキエッテ
DSCF2150.jpg

■魚料理
 黒ムツのオリーブオイルのエムルショーネ
DSCF2151.jpg

■口直し
 紅茶のグラニテ
DSCF2154.jpg

■肉料理
 牛フィレ肉のグリル トリュフソース
DSCF2155.jpg

■チーズ
弟と父の家について電話で話していたため、写真なし。

■デザート
 ティラミス、パンナコッタ、ココアのプリン
DSCF2156.jpg

おいしかったです。
ただ、クーポンだからかな?
ちょっと一般的なメニューすぎて、面白みに欠けていた(特に肉料理)のも事実。
ここはクーポンなどでなく、個人客として行ったほうが確実にもっとおいしそうです。
2人で2万円強でした。


つくレポのご紹介もしたい所ですが、ちょっとバタバタしていています(明日も入試でホテルにお泊まりなの)。
九州から帰って、今日が初めて家にいられた日(=家事に追われた)。
5時台に起きていた寝不足も解消できていないし。
今週中に九州旅行記が始められたらいいな。

おまけ。
九州のお土産たち。
DSCF2123.jpg
鶴乃子はお隣に。めと書いてあるのは明太子風味のおせんべい、友達に。
ざぼん漬けは大分出身のヤチヨさんご夫婦にも喜んでもらえると思って、ホームに。
そして知覧茶はお茶大好き北村さんに🍵

北村さん家に持って行ったら、ピスタチオたくさんに化けました(笑)。
DSCF2160.jpg


今日も応援してってね~!
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 料理ブログ 洋食・洋風料理(レシピ)へ



外食 | Comments(10) | Trackbacks(-)

只今パッキング中

ホームのひとみさんのお部屋で、おひな様を見せてもらいました。
DSCF1819.jpg
50年近く前の物なのに、親王飾り(おひな様とお内裏様だけ)とはびっくり!
流行先取りだわ~。
関西流におひな様が左。

“京雛だから、つり目なの”と、ひとみさん。
DSCF1820.jpg
長く垂らした髪の毛は本物の人毛!

ホームの玄関に飾られているおひな様は関東流におひな様が右側。
DSCF1822.jpg
ひとみさんのおひな様と比べると、やっぱりお顔が現代風かも。

父がホームに入居しているというと、“やっぱり、なんにもわからなくなっちゃってるの?“とか言われます。
北村さんにも、”うちのおばあちゃんが使ってたおむつをあげるわ”と言われたし。
でもね、父はボケてません!
おむつもまったく必要ありません!
物忘れがある程度です。
特養(特別養護老人ホーム)と混同されちゃうのかな。


さて、明日の朝、九州旅行に出発します。
慌ただしくパッキング中。
...というか、ブログ書いてるけど(笑)。
DSCF1836.jpg
4泊するので、ワインも4本持って行きます。

サプリメントも日数分をキティに入れました。
DSCF1838.jpg
ビタミンC、ヒアルロン酸、L-システイン、悪あがきしています(笑)。

梅子さんのつぼみも、少しずつ膨らんで来ています。
DSCF1829.jpg
今年の一番花、開花が見られるかな?
帰ってくるまで待っててね。

今日も応援してってね~!
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 料理ブログ 洋食・洋風料理(レシピ)へ
普段の話 | Comments(17) | Trackbacks(-)

完全脱皮と災害への備え(寝袋編)

薬剤に足を浸けて4日目。

さぁ、いくわよっっ!

ぺり。
DSCF1798.jpg

ぺりぺり。
DSCF1802.jpg

ぺりぺりぺり~♪
DSCF1801.jpg

でもね、この日はまだ踵まではむけませんでした。
DSCF1803.jpg

更に2日経ったシャワーのあと。
IMG_0111.jpg

見て見て~♪♪
完全に脱皮して、生まれたてのぴっかぴか
IMG_0116.jpg
実は脱皮したのは3回目ですが、100%脱皮できたのは今回が初めて。
頑固な角質も、繰り返すことで薄くなって来てたんですね。
脱皮後は保湿クリームでケアしましょ♪
早く、裸足の季節にな~れ。


災害への備えの一環として、寝袋を買いました。
DSCF1795.jpg

我が家はオール電化住宅。
停電になってしまえば、調理はもちろん、暖をとることもできません。
なので、こんなのを買いました。
DSCF1811.jpg

これなら寝るだけでなく、昼間も着たまま使えると思って。
モデルは185センチ、男性(笑)。
DSCF1808.jpg
楽天の安い順のリンク貼っておきます→こちら☆

同じお店で同じシリーズを買いたかったのですが、売り切れていたので、ピンクのはもうちょっと安いもの→こちら☆(私の買ったのは最高値かも。ハハハ)
モデルは168センチ、女性。
DSCF1809.jpg
足が余ってます(笑)。

まもなく九州旅行なので、ブックオフでガイドブックを買ってきました。
ブックオフに行くと、ついつい洋書コーナーも見ちゃって、余計なものまで買っちゃって
DSCF1812.jpg

実用的というより、挿絵がきれいな、見て楽しむタイプのレシピ本。
DSCF1813.jpg


作ったよ~のご紹介♪♪
前回に引き続き、ぴぐみい日記のぴぐみいちゃん。
今度はブッフ・ブルギニヨンを作って記事にしてくれました。
ぴぐみいちゃん、ありがとう~♡
黒目がちなぴぐちゃんはとってもフォトジェニック!
20120210233747fd2.jpg
でもね、ちょっぴりたれ目なの。
猫なのにね!(笑)
ぴぐみいちゃんのブッフ・ブルギニヨンの記事はこちらから☆


そして、我が家の食卓🍴
とーーーっても久しぶりに麻婆豆腐チンゲンサイのあんかけ
DSCF1732.jpg
箸を使う食事自体が珍しいし(笑)。

ローストポークのシリーズはどれも簡単でおいしくって♪
これはハーブローストポーク
DSCF1751.jpg

そして、コーニッシュパスティーズ
DSCF1754.jpg
焼きたてもおいしいけれど、残りをランチで食べてもおいしいの♪

ここからはホテルから帰ったあと。
やっぱりレストランよりおいしいかも?!と思ってしまう、チキンwithヴィネガー
DSCF1794.jpg

ポートワインさえあれば、とっても簡単でおいしいチキンブレストinポートワイン
DSCF1805.jpg

ときどきとっても食べたくなる、チキン・アルジャントゥイユ
DSCF1814.jpg
片付けてる時に気付いたのですが、このお料理、包丁もまな板も使わないの!
今度、”包丁もまな板もいらない”ってカテゴリーを作ろうかしら?!(笑)


今日も応援してってね~!
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 料理ブログ 洋食・洋風料理(レシピ)へ


今度は町内会の環境部に呼び出されてしまいました
無人になって2年あまりの父の家、道路に張り出した庭木の手入れをして下さい、側溝の落ち葉を片付けて下さいって。
弟に話したら、“カネがかかる!”って言うし。
えぇ、どーせ私は専業主婦ですよ。
何でもかんでも私がやればいいと思ってるみたい。
仕方ないから、持ち出しでも庭師を頼もうかしら。


お買い物 | Comments(16) | Trackbacks(-)

2キロ増、減らさなければ!

夫の採点が順調に進み、一日早く自宅に戻ってくることができました。
...が、しかし!
1週間、まったく空調していなかった家の寒いこと!!!
おまけに1日早かったため、エコキュート(給湯システム)もまだ動いておらず、お湯もほとんど使えない状態
それでも1晩経ったら、家全体が温かくなり、かなり快適に過ごせるようになってきました。
新聞などは、明日から届く予定です。


ホテルにひとりでいる間に食べたものと言ったら、カップ麺とかファストフード店でハンバーガーとか。
ひとりで外食するのが苦手なんです...
唯一、お店らしかったのは、てんやという天丼屋さん。
ジェニーちゃんのご主人様(アレ吉さん)が食べて、けっこう良かったっておっしゃってたし。
私が食べたのは冬の国産野菜天丼550円。
DSCF1779.jpg

頑張って、お米一粒も残さずに完食!
DSCF1780.jpg
揚げたてのてんぷら、おいしゅうございました。
お昼過ぎに食べて、夜までお腹いっぱい。
結局、この日は夜ご飯もいりませんでした。
今度、天丼好きのお父さんを連れて行ってあげなくちゃ♪

今年はお買い物もほとんどせず、買ったのはダウンの膝掛けだけ。
DSCF1782.jpg

スカートのように巻いて、下半身を温めていました。
DSCF1783.jpg
小さいので、旅行にも持って行かれるし。
西友で1500円なり~。

あとは毎日お風呂三昧
のりぞうちゃんからもらった、Bath & Body Worksのバスソルトも2回に分けて楽しみました♪
DSCF1781.jpg

ホテル滞在最後の夜は、採点を終えた夫と一緒に、“お疲れさま”のお祝いディナー
評判の良さそうなレストランをネットで捜して、小雪の中をiPhone頼りに行ってみると...

潰れてるし!

ネットの情報、素人の食べログ、当てにならないな~。
仕方なく、近くにあった良さげなお店に入ってみました。
でもね、入った瞬間からかなり後悔。
だって、シートは切れて中綿でてるし。
DSCF1785.jpg

ビニール加工のテーブルクロスはこの状態。
DSCF1784.jpg
もう、サイテー。

でも、お気に入りのビストロは定休日。
外は雪降ってるし、ほかに行く所もないし。
チリのメルローをボトルでオーダー。
チリワインに5000円?って思ったけど、けっこうおいしいの。
DSCF1787.jpg

頼んだサラダ・ニソワーズ(ニース風サラダ)にびっくり!
なんだか、おいしそうなんだけど?!
DSCF1788.jpg
食べてみたら、もっとびっくり!!!
ハムも自家製、オリーブにもこだわりを感じさせるし、ドレッシングもおいしいし。
そして、たっぷりとしたボリューム。
ただ、残念だったのはサーモンの骨が抜いてなかったこと。

かなりテンション上がって来た所に、フレンチフライ登場。
これもすごい量だわ~。でもおいしそう♪
DSCF1790.jpg

もうほとんどお腹がいっぱいになった所で、メインの登場。
私は鴨のコンフィ。
DSCF1792.jpg

夫はポークカツレツのチーズ掛け。
“大きさがわかるように”って、ワインのコルクをお皿に乗せて撮ってたけど、私より写真のセンスがないわ~(笑)。
高さも3センチくらいあるもので、添えてあるフレッシュトマトのソースが抜群でした。
DSCF1793.jpg
もう、期待していなかっただけに、大満足!
でも、2人で15000円を高い!と感じるのはやはりお店の汚さととサービスのせい。
お料理もかなりのセンスを感じさせるのに、サーモンの骨が残ってるし、温め直したコンフィの皮はぶにゅっとしてるし。
お料理に緊張感がないというか、詰めが甘いというか。
食事してるテーブルに、タバコのニオイが来ないようにして欲しいし。
でも、また行くかな?(笑)
夫がとても気に入ったようだし。
次の九州旅行まで、束の間(1週間ちょっと)、日常生活に戻ります。


作ったよ~のご紹介♪♪
ぴぐみい日記のぴぐみいちゃんがシェパードパイを作って記事にしてくれました。
ぴぐみいちゃん、ありがとう~♡
心優しいぴぐみいちゃんは、子猫を見かけると放っておけない人。
先日も子猫を保護して、新しい飼い主さんにお渡ししたばかり。
来た時はボロボロの子猫だったのが、ぴぐみいちゃん家にいる間に、これほどまで人間を信じる顔になって♡
20120131201101282.jpg
ぴぐみいちゃんは幸せ作りの名人ね♪
ぴぐみいちゃんのシェパードパイの記事はこちらから☆

バンクーバーのえにっきのayaちゃんは鳥のオレンジジュース煮チンゲンサイのあんかけを作って記事にしてくれました。
ayaちゃん、ありがとう~♡
これはayaちゃんの好きだというバラードブリッジからの眺め。
IMG_0271.jpg
海のブルーと空のブルー、世界一住みやすいとされるバンクーバーです。
いつか行ってみたいな~♪
そして、ayaちゃんのホテルに泊まろうかな?!
ayaちゃんの鳥のオレンジジュース煮とチンゲンサイのあんかけの記事はこちらから☆


おまけ。
ちょっと前の写真ですが、夫が“スマイルみたい”と言ったお月様。
DSCF1693.jpg
三日月(crescent moon)の向きで、ちょうど笑ってる口みたい。

数日経って、半分より太って来た月。
DSCF1756.jpg
これを、gibbous moonっていうんですって。
日本語ではなんて言うのかな?!


今日も応援してってね~!
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 料理ブログ 洋食・洋風料理(レシピ)へ


普段の話 | Comments(11) | Trackbacks(-)

恐獣は忙しく、私はお風呂

猫柄のペアパジャマをカバンに入れ、
DSCF1758.jpg

下着も一週間分。
DSCF1759.jpg
この時期の恒例、夫の職場近くのホテルに泊まり込みに来ています。

土曜日の夕方にチェックイン。
ホテル近くのお気に入りのビストロにて食事。
前菜のパテ・ド・カンパーニュに、焼きたての自家製パン。
DSCF1761.jpg
美味しい♪

メインは骨付き地鶏の煮込み。
DSCF1763.jpg
“なんか、自分のお料理食べてるみたい”と言うと、
“それはかなりの褒め言葉だ”と夫。
どちらに対しての褒め言葉かと思ったら、レストランにとって褒め言葉なんですって(笑)。

でもね、私、ちょっと甘かったみたい。
うちのほうでは降った翌日には溶けてしまった雪が、こちらではまだ残っているの!
道ばたの汚れたグレーの塊は、紛うことなく、かつては白くてきれいだった雪。
降ってから10日以上も経ったのに、こちらではけっこう見かけます。
私が着て来たのはムートンの(コートと呼ぶにはいささか短い)ジャケット。
DSCF1772.jpg
昨日はちょっと入間のアウトレットまで遠出して来たのですが、ジーンズ1枚で無防備な下半身(タイツさえ履いてなかったの)は腸まで完全に冷えきってしまいました。
ホテルに帰ってお風呂に入って汗をかくほど温めたのですが、風邪ひいてないことを祈るばかり。

この日の夕食は、ネットで見つけたフレンチっぽい一軒屋の洋食屋さん。
まずはオードブルの盛り合わせ。
DSCF1766.jpg
特筆すべきものではないけれど、悪くもなく。
次のカボチャのスープはクルトンがまずくて、入っている意味が分からない。
サラダは普通。

私はメインにお魚(鱈のムニエル)をチョイス。
味は悪くはなかったのですが、魚の皮がべちゃっとしてるなんて、初めて見ました。
お料理の仕方を知らないの?
もともとお魚の皮は食べないけれど、かなりがっかり。
DSCF1769.jpg

夫のお肉料理(牛ロースステーキ)はまぁまぁだったそう。
DSCF1770.jpg
いずれにしても、ムニエルかステーキの2択なんて、レストランならもっとちゃんとお料理して欲しいし。
地方で食べたフレンチを思い出しました。
この日の晩は、ホテルの冷蔵庫に入れておいたビールも凍っていて、なんともついていない一日でした。

そして今日はね、お昼前後、お掃除のためにお部屋を空けて、午後早くに戻ってきました。
Junoちゃんからもらった桜シリーズのバスソルト。
DSCF1775.jpg

ほおら、混ぜたらきれいなピンクのお風呂になりました♪
DSCF1776.jpg
夫は仕事だけど、私はお風呂に入りに来てるんです!(笑)

お風呂のあとは、脱皮準備。
DSCF1777.jpg
脱皮の話をご存じない方は、ついに脱皮が始まりました!!!を読んでね。
2時間もこんな状態、家ではなかなかやってられないもんね。

今晩からは、夜ご飯もひとりです。
とりあえず、昨日買ったこれでも食べようかな。
DSCF1778.jpg


ホテルは掃除のために部屋を空けないといけないのが痛い。
毎日どこかに出かけなければ...
今日も応援してってね~!
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 料理ブログ 洋食・洋風料理(レシピ)へ
普段の話 | Comments(14) | Trackbacks(-)

地震に備える&香水コレクション

昨日の朝日新聞からの抜粋です。

東大地震研究所の試算ではマグニチュード7以上の首都圏直下型地震が4年以内に起こる可能性が70%。
京大の試算では5年以内に30%弱。
地震の発生頻度は震災前の約2倍で、震災前の水準に戻るにはあと約3年かかると見積もられた。
「確率を気にするより、地震が起きやすい状態だと忘れずに備えて欲しい」


NHKの解説番組でも、

震災の後、状況は一変しました。
うちのほうは地震が少ないから大丈夫!なんて所は今の日本にはありません。
日本中のどこでも地震が起こる可能性があります。


...みたいなことを言っていました。
かなり怖い。
できることは、備えること!
家具を固定して、3日分くらいの食料・飲料水を用意しましょ。
夫に言われて、寝袋も買うことにしました。
あと、使い捨てカイロも買わなくちゃ。
ハイヒールで出かけるときも、歩きやすい靴を持って行こうかな。

うちで用意してるのはカップ麺のほか、カップスープと早茹でマカロニ。
DSCF1749.jpg
茹でなくても、スープの粉末と一緒にマカロニをカップに入れて、お湯を注いでかき混ぜてれば食べられるの。
お腹もふくれるし、体も温まるし。
夫のお気に入りのカップスープはほうれん草とチーズ。
今度、買わなくちゃ。


香水コレクションは高校時代の趣味でした。
モナちゃんの影響で久しぶりに買ったのが、おととしの6月。
そのときの記事、こちら
1年半でこんなに増えてしまいました!
DSCF1734.jpg
写っていないのも含めると、今や30数本のコレクション。
まさに大人買い(笑)。

父のホームに行くときは必ずこれ。
グリーンティ エキゾチック(リンクしているのは香水の説明が秀逸なお店。最安値とは限りません)
調香師、ロドリゴ・フローレル・ルー。
DSCF1738.jpg
ベースのグリーンティがとっても穏やかで、安らぐ香りなの。

名前からして惚れてしまった、ローラメルシエのオードルーン(月の水)。
これ、ホントに好き♡
DSCF1739.jpg
これは日本で売ってないので、こちらで買いました。

20代の頃に使っていたシャネルのクリスタル、改めて買ったけど、やはり好き。
DSCF1740.jpg

こちらも名前が好きで買ったディオールのドルチェヴィータ(これは実際にこのお店で買いました)。
調香師、ピエール・ブールドン。
DSCF1728.jpg

今、一番のお気に入りはエスティローダーのビヨンドパラダイス(左)と、ビヨンドパラダイス ブルー
調香はエスティローダー社フレグランス・ライン統括カレン・クーリー。
今日、つけているのは左側のビヨンドパラダイス。
DSCF1742.jpg
このシリーズはエデンプロジェクト(要するに世界の希少植物を後世に残そうとする世界最大の温室)の協力があって生まれたそう。
エデンプロジェクトのあるコーンウォールは90歳になる夫の叔母もおり、来年くらいに行けたらいいなと思っています。

ビヨンドパラダイスと香調が似てるなと思ったのがオンブルブルー(右)。
磨りガラスのボトルもとっても好き。
なので、ほかのシリーズも好きかな?と思ったけど、ビオレットミントはいまいちでした(笑)。
DSCF1741.jpg

夫には不評だけど、つけるとうきうきするシンシアローリー。
DSCF1743.jpg
今は買うのは難しいみたい。

これもアシンメトリーのボトルデザインが大人かわいい♪
スペインブランド、トウスのタッチ
調香師、ソフィー・ラベ。
DSCF1744.jpg

夫が一番好きなのがエスティローダーのセンシュアス
調香師、アニー・ブザンティアン。
DSCF1745.jpg
なんとなくオリエンタルな香りは、夏の扇子に吹きかけても素敵なの。

やっぱり、ボトルデザインで一番かわいいのはこの子!
ザ・プリティキャットのキャリンヌ♪♪
DSCF1750.jpg
テスターだと安く買えるけど、キャップ(頭)なしはコワい

香水も勉強し始めると面白い!!!
普段はクロゼットの片隅でごちゃごちゃしてます(笑)。
DSCF1747.jpg


今日も応援してってね~!
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 料理ブログ 洋食・洋風料理(レシピ)へ
普段の話 | Comments(11) | Trackbacks(-)