英国人の夫との幸せな毎日 
イギリス=紅茶?
2017年03月07日 (火) | 編集 |
昨日は珍しく中華にしました。
父が食事に来ていた時は、頻繁に登場したものです。
和食よりも中華の方が外国人夫の食いつきも良く、父も喜ぶし。
たくさん作って、父に持ち帰ってもらってました。
その父も亡くなって今年で4年目。
ホームに入ったりして、夫と2人だけの食卓になってから7年。


左、チンゲンサイのあんかけのレシピで小松菜のあんかけ。
右、鳥のオイスターソース炒め
なんか緑っぽい!(笑)
2017/3/7-1

量的には鳥のオイスターソース炒め1品で十分だと思ったのですが、1皿では寂しい気がして。
でも、やっぱりちょっと多かった!
お父さん、取りに来て〜〜!


昨日撮った写真はこれ1枚。
ちょっと寂しいので、少し前に撮った休日の朝の光景。
我が家は紅茶です。
夫はストレート、私はミルクティ。
セイロンだったり、アッサムだったり、イングリッシュブレックファストだったり。
イギリス=紅茶のイメージですが、実際はコーヒー党が多数。
夫も独身の頃はコーヒー党でしたが、嫁がポットで淹れる紅茶の美味しさに目覚めたようで、結婚を機に紅茶党になりました(笑)。
この日の夫は世界3台ブルーチーズの一つ、イギリスのスチルトンチーズ。
ポートワインを数滴、香り付けに垂らして練ってます。
2017/3/7-2

あまり趣味もなく、飲みにも行かず、お金のかからない夫ですが、チーズだけは少し贅沢をしています。
昨日も仕事帰りにチーズ専門店に寄ったようですが、
「ついてくれた子がチーズに詳しくなくて」
「アムステルダムの古いもの(ゴーダ系)と言ったら、”デンマークですね!”って言うんだよ」って。
あはは。それはチーズの前に地理の勉強が必要かも。



作ったよ〜のご紹介♪♪
ワニの国の怪獣家のreeちゃんが豚ヒレ肉の赤ワインクリームソースを作って記事にしてくれました!
reeちゃん、ありがとう〜〜

おいしいね~
これ、本当においしいよ~
fabulous!!



ってニコが言ってたよ~。

ですって!
reeちゃん、ニコちゃん、ありがとう〜〜!
reeちゃんの豚ヒレ肉の赤ワインクリームソースの記事はこちらから☆
うちも明日は豚ヒレ肉をお料理するつもりだけど、何にしよっかな〜。




FC2国際結婚1位。
ブログ村国際結婚(ヨーロッパ)3位。
ブログ村洋食1位。
今日も読んでいただき、ありがとうございます!!!

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村 料理ブログ 洋食・洋風料理(レシピ)へ

上流国際結婚
2016年12月11日 (日) | 編集 |
今年もお呼ばれしました。

都心の超一等地に建つ、外国人用超・超・超高級マンションの豪華クリスマスパーティー
マンション入り口には英語の堪能なコンシェルジュもいます。
マンション内エレベーターの案内も英語。
こんな機会がなければ、足を踏み入れることさえない世界!!!

広いリビング。
このリビングダイニングだけで、我が家の1階部分と同じくらいの広さじゃないかしら。
不動産屋さんのページでマンションの間取りを見ると、1戸の広さがが約260㎡。スゴイ!!!
2016/12/11-1

テーブルの上に並べられたご馳走。
メインの肉が3種類あって、真ん中に写っているのがロースト(でっかい)ハム。
左端でゲストの男性が切り分けているのはローストビーフ。
2016/12/11-2

別角度から、夫の撮った写真。
手前から2つ目のお皿がひろぽんちゃんが焼いた10キロのターキー。
本体はキッチンです。
2016/12/11-7

キッチンには大きなアイスバケットにシャンペンが10本近く冷やされていて、キラッキラの世界
ゲストは去年よりさらに多く、40人くらいいらしたのではないでしょうか。
彼女の人柄を表しています。
そして、集まるゲストは日本人でも全員英語堪能!
日本人=英語苦手はここでは別の惑星の話。


犬がキッチンでおこぼれを期待するのは万国共通(笑)。
そして、手ブレの写真になるのもいつものこと(笑)。
2016/12/11-6

とてもとても楽しい時間を過ごさせてもらいました!!!
そして、現実に戻る地下鉄の駅。
やっぱり日本人、英語できないようです。
「こんなのチェックしてもらうくらい、お金かからないのに」と夫。
例えばね、
Do not enter the track.とか、
It's dangerous to enter the track.とかね。
そもそも、そんなこと言われなくても誰も線路に降りないと思いますが(笑)。
2016/12/11-3


...話はちょっと戻って。
こんな豪華なマンションに住むって、それに見合う以上の働きをしてるということです。
去年はいなかった外国人のメイドさんもいました。
意味することは、昨年よりも偉くなって昨年よりももっと忙しくなったってこと。
その一家の主人はこの日もオーストラリアに出張中。
お家に帰ってくるのは月に数日。
だから、ゲストの男性がローストビーフ切り分けていたの。
うちの夫のお給料はこの豪華マンションのお家賃以下だけど、家にいてくれて幸せ!!!
...と、去年も全く同じこと書いてました(笑)。
昨年のクリスマスパーティーの記事→別世界!
ちなみに、私の思う上流階級の暮らしとは、その家のために専属で働いてくれる人がいること。
メイドさんや運転手さんや庭師だったりね。
我が家のような中流ではそのいずれのお給料も出せません(笑)。





作ったよ〜のご紹介♪♪
☆~ まめやのきなこ ~☆のmikaちゃんが白菜のクリーム煮を作って記事にしてくれました!
mikaちゃん、ありがとう〜〜
mikaちゃん溺愛のきなたん。
おすまししていれば本当に可愛いお顔なのだけど、美味しすぎて白目むいてます(笑)。
その分かり易すぎる表情の変化もまた可愛いね!
2016/12/11-5
mikaちゃんの白菜のクリーム煮の記事はこちら☆




Thank you for visiting my blog and I will greatly appreciate it if you click those three buttons.
来て下さってありがとう。
クリックしてもらえるととてもうれしいです♪

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村 料理ブログ 洋食・洋風料理(レシピ)へ

国際結婚の食卓
2016年10月27日 (木) | 編集 |
日本に住んでいると和食を食べる機会はたくさんあります
特に夫が初めて来日した30年以上前は...
その頃彼の住んでいたのは都会とは言えないところだったので、和食以外の選択肢がほとんどなかったくらい。
「美味しい美味しい!」と喜んで食べる彼に、周りも「この人は和食大好きなんだ!」と思っていました。
えぇ。和食も大好きです
ただ、和食を食べる機会はいくらでもある。
逆にヨーロッパの家庭料理を食べる機会は外ではほぼありません。
だから、うちではほとんど和食を食べないようになってしまいました。
もし外国に住んで、和食を食べる機会があまりなければ、家でももっと頻繁に和食が登場すると思うのです。
そして思うこともう一つ。
国際結婚の場合、夫婦どちらかの母国に住むことが多くなります。
うちの場合は私が自分の国で暮らして、よりストレスが少ない。
なので、合わせるべきは私。
食事くらいでストレスが減らせるものなら、和食なんか食べなくてもへっちゃら!
夫がいない時にいくらでも食べられるしね(笑)。


よく行く近所の居酒屋さん。
サラダにいつもは入ってないキャベツが〜!
野菜高いからお店も大変ね。
2016/10/23-3

夫の好きな焼きおにぎり。
2016/10/23-4


りぷママさんのところで、サバを焼いたのが美味しそうだったので、うちでも超久しぶりに和食。
カレイとサンマの干物。
グリルに入れようとしたら入りきらなかったので、サンマの頭と尻尾は落としました。
多分、サンマの開きって、結婚して初めて食べる!
2016/10/25-1

家にあるもので(ニンジン、油揚げ、ひじき)で炊き込み御飯。
炊き込み御飯って秋って気がします
2016/10/25-2

大根おろしに使った大根の残りと、炊き込み御飯に使ったニンジンの残りと、キャベツ、きざみ昆布で浅漬け。
2016/10/25-3

あぁ、サンマの開きが美味しい〜!
...と思える味覚は遠くになってしまいました。
やっぱりいつものサバにすればよかった(笑)。



上で、うちが洋食ばかりを作るようになった経緯を書いたけど。
これが!本当に!!
大変だったの〜〜〜!!!
コーンスープにハンバーグにスパゲティやグラタンやオムライスなど。
あーいうのはみんなニッポンの洋食
夫は和食よりもいい顔しなくてね。
かといって、ヨーロッパの家庭料理なんて教えてくれる人皆無!
当時はネットなんてなかったし。
あ、夫はパソコンは持ってました。
マックプラスって言ったかな?
白黒で、ワープロ(これが既に死語?)に毛が生えた程度だったけど、プリンターとセットで100万近くしたらしい
...あ、脱線(笑)。
とにかく、頼れる人は誰もいなくて。
外国人男性って何でもできるってイメージがあるようですが、夫は料理しない人。
なので、頼りの綱は本
新婚時代は洋書の料理本をひたすらめくる日々でした。
朝から何を作ろうかとページをめくり、メモを片手にスーパー行って。
和食なら、メモなくても材料わかるのにね。
しまいにどの本のどのページに何が載ってるか覚えちゃいました(笑)。
そんな苦労(?)があったので、ブログを始めて、こういう方向性になったってわけ。



でも。
未だに言われます。

おたくはいいわね〜。
ご主人が何でもやってくれるんでしょ?
掃除も洗濯も料理も。


いえいえ、夫は何もしません。
釘も真っ直ぐ打てない人です(笑)。

いいわね〜。海外旅行できて。

夫の実家に帰ることは海外旅行ではありません。
実家ではヨメですから。
ヨメだけが働くということではないけれど、自宅にいても夫の実家でもすること一緒。
毎日スーパー行って買い物して料理して。掃除して。
両親がいるので、自分たちだけ食事に出かけるということもできませんでした。
海外旅行できるようになったのは、両親が他界してからです。

先日会った従姉妹も、
「え?そうなの?」って驚いてました。

特にアジアから来たヨメはイギリス人の兄嫁と比べて、上手いことも言えない。
でもいいヨメだと思ってほしくて、頑張ってました。
日本人(有色人種)に偏見のある人もいましたが、夫の両親にはとても可愛がってもらいました。

それでも帰ったのは年に1〜2回。
夫が日本で仕事に就いたのは本人の選択ですが、現地女性と結婚したことによって息子が帰ってくる可能性は限りなく低くなった。
結果として、息子を取り上げるようになってしまったなと、申し訳なく思うこともあります。
国際結婚に限らず、どの結婚にも起こり得ることだけど。

結婚して27年目。
夫の親が他界してからも15年以上経ちました。
思い出すこともたくさん。





Thank you for visiting my blog and I will greatly appreciate it if you click those three buttons.
来て下さってありがとう。
クリックしてもらえるととてもうれしいです♪

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村 料理ブログ 洋食・洋風料理(レシピ)へ


2人だけのクリスマス
2009年12月26日 (土) | 編集 |
12月24日、父の病院から戻ったら、テーブルの上に夫からのクリスマスカードがありました。
夫からクリスマスカード
You are my wife, my wonderful partner in life,
and I love you more than ever.
Let's enjoy a great Christmas together.
Love

私は、いつもよりちょっといい葉巻(COHIBA)を1本、クリスマスストッキングに入れておきました。
本当はたくさんのプレゼントを交換するものだけど、夫の両親の他界後、止めてしまいました。
夫はお買い物が嫌い。
結局プレゼントは私が全部用意するしかないんだもん。


クリスマス(25日)の朝、届いたのは、
ちいちゃんから♪
ちいちゃんからクリスマスカード1
サンタさんがツリーになってるの!
メッセージカードも!!!
ちいちゃんからクリスマスカード2

ジェニーちゃんからも届きました♡
ジェニーちゃんからクリスマスカード

えっ?!びっくりのプレゼントも!!!
ジェニーちゃんからクリスマスプレゼント

わ~、これ観たかったの!!!
ジェニーちゃんからクリスマスプレゼント2
ジェニーちゃん、ありがとう


今年のクリスマスは、夫と2人だけ。
ミニターキーでも3キロくらいあるので、とても食べきれない!
なので、チキンを焼くことにしました。
2人だけだから食べきれないって言ってるのに、私が買って来たのはスーパーでいちばん大きかった丸鳥。
もう、ディナープレートからはみ出してるし。
ローストチキン12/25-1
これで約2.2キロ。

詰め物して、これから焼くところ。
オーブントレーもぎりぎりの大きさ!
ローストチキン12/25-2
ローストチキンのレシピはこちらから☆
*鳥の向きに気をつけてね。
焼くときは、このように↑お腹を上にすることをおすすめ。
せっかくの胸肉、上にして焼いた方がおいしいし、取り分けるときも簡単だし♪

チキンを焼いている間に、テーブルのセッティングをしてみました。
グリーンに赤い実のテーブルクロス。
なんかちょっと寂しい?!
クリスマステーブルセッティング1

ミニクリスマスツリーを置いてみたり(笑)。
クリスマステーブルセッティング2

イギリスの食卓にキャンドルは欠かせません。
夫の実家でも、必ず灯していました。
ふだんはしない我が家も、クリスマスにはね。
そして、クリスマスの飲み物と言えば、シャンペン。
クリスマステーブルセッティング3

小鳥のつがいのキャンドルスタンド、可愛いでしょ♪
クリスマステーブルセッティング4
一時期、クリスタルのキャンドルスタンドを趣味にしようかと思って集めていたの。

せっかくお洒落にしようとしてるのに、チキンを切り分けるのに新聞を敷く!と言う夫。
え~ん、そんな~。
せめて英字新聞にして!(笑)
クリスマステーブルセッティング5

新聞にもクリスマスのメッセージなの。
クリスマステーブルセッティング6

私は脚、夫は胸肉。
取り分けてくれました。
ローストチキン12/25-3

私のお皿です。
この芽キャベツ(スプラウト)が夫にとっての冬の味覚。
ローストチキン12/25-4
冷凍の輸入ターキーよりも、国産チキンの方が新鮮でおいしいかも♪♪

お腹いっぱい食べたけど、2人で頑張っても半身がやっと。
これ、食事の後です(笑)。
ローストチキン12/25-5
ローストチキンの残りを使ったレシピを後日載せますね。
ローストビーフの残りを使ったレシピも記事になるのを待ってます。

起きて来た猫がキャンドルの匂いを嗅いで、顔をしかめているところ。
キア12/25
やっぱり猫のいる家庭では、キャンドルは危ないかも。


食事の後、ジェニーちゃんから貰ったDVDを早速観ようとしたら...

再生できない地域番号のディスクです

が~ん!!!
ヴィデオは方式が違うから観れないのは知ってたけど、DVDもとは!
は~、がっかり
ごめんね、ジェニーちゃん。
せっかく送ってくれたのに、観れなくて。


クリスマス時期は、スーパーにもふだんあまりない食材などがあったりしてワクワク♪
この日は和牛様のブロックが売られていました。
しかも売れなかったらしく、半額!!!!!
和牛ブロック12/24
早速、その日のうちに焼いて漬け込みました。
超簡単、牛のたたきのレシピはこちら☆
で、今日、薄く切ってお皿に並べたのを北村さん家に持って行ったのだけど。
これがものすごいことになってしまいました!!!!!
それは次の記事ということで(笑)。


今晩は、年賀状を書く予定です。
皆さんのところへ遊びに行くのが遅れていてごめんなさい。
コメントのお返事ももう少し待っててね。
イギリスのクリスマス
2009年12月11日 (金) | 編集 |
今日は冷たい雨の一日。
病院に行く予定も止めました。
ビールがなかったけど、ネットスーパーで注文。
こういう日には嬉しいわ。

昨日はやっとクリスマスの飾りを出しました。
リースや小さなツリーなど。
クリスマスソックス

日本ではクリスマスは24日にするけれど、本来は25日に祝います。
独立した子供たちもこの日には帰り、家族が集まります。
それぞれにメインのプレゼントを用意するほか、ストッキングプレゼントと言って、値段の張らないちょっとしたものも用意します。
夫の実家では、このストッキングプレゼントをいくつも用意して、25日、ターキーの焼き上がりを待つ間、みんなで順番にひとつずつ開けたものでした。
これは’92年、夫の実家でプレゼントを開けているところ。
実はこのセーター、自分で用意したの(笑)。
義姉にはバレバレ。
そういえば買う時に、“お若いんだからもっと明るい色を”って、勧められたんだったわ。
あはは、確かに今よりずっと若かった!
この時は7人集まって賑やかでした。
クリスマス’92

今はもう夫の両親も他界し、帰る実家もなくなってしまいました。
クリスマスプレゼントの用意もしなくなって、もう何年になるでしょうか。
それでも、こうやって靴下↑を出すと何か入れてくれないかな?と期待しちゃいます(笑)。
そんな気の効く人じゃないけれど...
私はちょっといい葉巻でも入れてあげようかしら。

日本ではサンタクロースと言われている赤い服に白いヒゲのおじいさんは、イギリスではファーザークリスマス(クリスマス神父)と呼ばれています。
去年も少し記事にしたけれど→こちら
サンタクロースはオランダ語のシンタクラウスが語源らしいの。

クリスマスの食べ物と言えば、ターキー(七面鳥)。
この写真は昨年焼いたもの。
ターキー9
レシピはこちらから☆
一家の主が切り分けて、ブレッドソースとグレイビーソース、クランベリーソースを添えて食べます。
ところがね、まずクランベリーソース。
赤くてクリスマスらしくてキレイなんだけど。
私の知っている人は、みんなクランベリーソースが苦手!
(もちろん私も苦手)
これが好きって人に会ったことがありません。
なので、うちではパス。
それからブレッドソース。
イギリス人なら鳥には欠かせない誰でも知ってるソースなのに、アメリカ人に出すとびっくりされるの!
どうやらメイフラワーで新大陸に移住する時にレシピを忘れちゃったみたいね(笑)。

デザートもクリスマスならでは。
クリスマスプディングと言う、ドライフルーツたっぷりの濃厚な真っ黒いケーキを蒸して食べます。
元々甘いケーキを温めてさらに甘くなったところに、ブランデーバターを添えてこれでもか!って感じのヘビーなもの。
私は軽めに生クリームを添えてるけど。
クリスマスプディング12/25

今年のクリスマスは夫と二人だけ。
ターキーも食べきれないので、ローストチキンを焼くつもりです。
23日にはサントリーホールのコンサートに行く予定♪♪
あぁ、冬休み、早く来ないかな?!