びんちょうマグロのステーキ 

2019, 01. 10 (Thu) 19:00

お刺身用のびんちょうマグロ。
マグロって言ったって、期待しちゃいけないやつです。
お刺身で食べても美味しくない。
だから、美味しくお料理します!
2019/1/10-3


もうね〜、いろいろアイディアはあるんだけど。
冷蔵庫にこれがあるので使います。
2019/1/10-1


白ワインに、ハーブ&ガーリックのチーズ2個、瓶に残ってたありったけのケイパー。
これをソースにするのよん♪
2019/1/10-2


煮溶かしただけ!
他のことも同時進行してたので、ちょっと煮詰まっちゃいましたが
2019/1/10-5


びんちょうさんは塩胡椒して、ジャンジャンと全面焼いて、中はレアのステーキに。
*近くのスーパーでは「びんちょう」として売ってますが、「びんなが」が正しい?
2019/1/10-4


カットしてソースを乗せて、小ネギもたっぷり。
主食のジャガイモはマッシュポテトにしました。
2019/1/10-6


んも〜〜!
これ、大成功!!!
ネオフレンチという感じです。
おしゃれで軽くて美味しい。
しかもね、サラダとかジャガイモの皮むきとか、できる用意を済ませておいたら...
調理を始めたのは食べる10分前!
ま、出来上がりは10分より2〜3分多目にかかったけど(笑)。
私としては超スピード料理でした!
2019/1/10-7


他にもびんちょうを使ったレシピこちら→ビンチョウマグロを使って



おまけ。
我が家はお餅を食べない人がいるので、食べたい時はこれ。
2019/1/10-8


うふふ。
割と好きなんです〜♪
ヨメのひとりの楽しみ(笑)。
2019/1/10-9





Thank you for visiting my blog and I will greatly appreciate it if you click those three buttons.
来て下さってありがとう。
クリックしてもらえるととてもうれしいです♪
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村 料理ブログ 洋食・洋風料理(レシピ)へ

いつものランチとトマトパッツァ 

2018, 12. 02 (Sun) 19:00

アドルフォドミンゲス のワンピースです。
私が買った時よりさらにお値下げになって、今や95%オフ!
悔しい〜〜〜!(笑)
でも、残っているのは大きいサイズだけなので納得なのだけど。
アドルフォドミンゲス Vネックワンピース
これは一番小さいサイズ(36)です。
最高気温18.5℃と、とても温かくなる予想でした。
2018/12/4-1


いつものメンバーでいつものランチ。
11月はみんなの予定が合わず、12月になってしまいました。
つまり今年はこれが最後。
2018/12/4-2


前菜にわさび菜が乗ってました!
2018/12/4-3


自分で作るブロッコリーのポタージュは美味しくないのに、やっぱりレストランのは美味しい。
そして、ブレンダーとはやはり滑らかさが違う!
「でもやっぱりブレンダー楽だよね〜」とみんなで意見一致(笑)。
2018/12/4-4


肉厚で大きなスズキの切り身。
インゲンも甘くて美味しくて。
残ったソースはパンで拭って食べました。
2018/12/4-5


先月たまたま思いつきで写真を撮ってもらったのですが、これから毎月撮ってもらうことにしました。
ラインのアルバム、20年後とかに見たら楽しそうでしょ?!
もうホントに古い付き合いです。
みんなともレストランとも「来年もよろしくお願いします」とご挨拶。
2018/12/4-17


デパートの正面入り口にあった巨大スノウマン。
2018/12/4-6




ロブションでバゲット買ってきました。
2018/12/4-8


端っこのとんがってるやつ。
2018/12/4-9


今回はトマトパッツァにします
具はなんでもお好みのものを。
砂抜き中のアサリ。
内臓と皮をとったヤリイカ。
皮と骨を取った甘塩のたら(魚はサバとイワシ以外ならなんでもいけると思います)。
生牡蠣。
ムール貝。
みじん切りのたまねぎとニンニク。
2018/12/4-7


まず、タラに小麦粉まぶしてオリーブオイルでムニエルに。
焼けたら別皿に取っておきます。
2018/12/4-10


フライパンそのままで、たまねぎとニンニク炒めて。
そこにトマトジュースドボドボ。
ちょっと濃かったので、お水も足しました。
テキトーでいいのよ(笑)。
2018/12/4-12


そうそう。これがミソ。
魚介の洋風だし。
味付けはこれ1本入れただけ。
KALDIでも売ってます。
2018/12/4-11


スープが煮立ったところに具材を入れて、蓋をして。
2018/12/4-13


貝が開けば出来上がり♪
パセリもたっぷり。
*パセリは葉先を摘んでビニール袋に入れて冷凍庫へ。
凍ったところをくしゃっとすればみじん切り完成。
パセリが無駄なく、いつでも使えて便利です。
2018/12/4-14


旨っ!!!
簡単・豪華・美味、三拍子揃ってます。
2018/12/4-15


「最近はパンもご飯も食べない」と言っていた友人も、「トマトパッツァのスープに浸して食べる」と説明すると、
「それ、いいっっ!」と大賛成
スープも残さずいただきました。
この日も大満足
2018/12/4-16




Thank you for visiting my blog and I will greatly appreciate it if you click those three buttons.
来て下さってありがとう。
クリックしてもらえるととてもうれしいです♪
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村 料理ブログ 洋食・洋風料理(レシピ)へ

ムニエルにケイパーと焦がしバターのソース 

2018, 11. 09 (Fri) 19:00

先日のいつものランチで「スズキのソテー、ケイパーと焦がしバターソース」というのを食べたのですが。
ランチとポトフリメイク
そういえば、ジェイミーのレシピでそんなようなのを一度作ったことがあったっけな〜と思い出し...


あったあった!
This is a very fast, simple and classic dish - you can't really go wrong with it.
シンプルで手早くできる伝統的な料理で...大失敗することもないし。
2018/11/8-1


オリジナルレシピではcod(タラ)を使っているのですが、買ってきたのはサーモンだったんだもん。
いいのいいの(笑)。
皮と骨を取って。
2018/11/8-2


ケイパー。の写真はいらなかったかしら?(笑)
2018/11/8-3


お水にさらすんだそう。
2018/11/8-4


サーモンは塩胡椒、小麦粉かけて、サラダオイル(ジェイミーはオリーブオイル使ってます)でムニエルに。
小さめのフライパンにバター。
2018/11/8-5


調理しながらサラダの仕上げ。
2018/11/8-6


バターを軽く色づくまで熱し、ケイパー、レモン汁を加えます。
2018/11/8-7


パセリもひとつかみ。
2018/11/8-8


焼けたサーモンの上にかければ完成〜♪
ほんっとに早い!
サーモンを小麦粉の入ったビニールに入れてまぶしてから、10分後にはテーブルに着いてました。
2018/11/8-9


Serve with lemon quarters, boiled potatoes and a big green salad.
レモンの4つ割と茹でたジャガイモ、そしてたっぷりのグリーンサラダとともにどうぞ。
レモンはなかったけどね(笑)。
2018/11/8-10


これはすっごい簡単で美味しいです。
リピありあり。
次はケイパーさらさずに使ってみるかな。
お魚、積極的に食べたいもんね〜。
*ジェイミー・オリヴァーについてはこちらでご紹介しているのでよかったらご覧くださいませ。
ジェイミー・オリヴァーのパーフェクトローストチキン




Thank you for visiting my blog and I will greatly appreciate it if you click those three buttons.
来て下さってありがとう。
クリックしてもらえるととてもうれしいです♪
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村 料理ブログ 洋食・洋風料理(レシピ)へ

赤い魚に赤いソース 

2018, 05. 04 (Fri) 19:00

またアーモンドバターソースにしようかとも思ったのですが。
買ってから1週間経って、もうすぐダメな子になりそうなマッシュルームあるし。
半端に残っている生クリームと合わせてマッシュルームクリームソースにしようかとも思ったのだけど。
でも、夏だし!
って、ホントは春ですけど(笑)。
湿気がないのがやっぱり夏とは違うところ。


プールに行く途中に「赤い魚に赤いソース」を思いつきました!
マッシュルームとたまねぎは赤くないけど(笑)。
赤い食べ物って体にいいのよ〜。
2018/5/3-2

たまねぎとパプリカは角切りな感じ。
マッシュルームは四つ割り。
トマトは湯むきして八つ割にしました。
つまりみんな大きめってことです。
火の通りにくいものから順番に、たまねぎ→マッシュルーム→パプリカまであらかじめ炒めました。
2018/5/3-3

最終工程。
骨と皮を取った振り塩銀鮭は小麦粉かけてムニエルに。
付け合わせのチンゲンサイは少しのお水を入れただけの味付けなしで蒸します。
青梗菜ができたらフライパン交代して、ソースにトマトを加え、塩胡椒、バジルたっぷり。
2018/5/3-4

ね!カラフルでしょ!綺麗でしょ!
夏のビタミンたっぷり!
チンゲンサイをお皿の周りに額縁のように盛り付けるのもオススメですっ!
お気に入りのお皿はアラビアのトゥオキオ(26cm)。
2018/5/3-5



作ったよ〜のご紹介♪♪
りぷママごはんのりぷママさんがイタリアンローストポークを作って記事にしてくれました!
りぷママさん、ありがとう〜〜
お借りしたのは「居酒屋りぷ」の写真。
人が集まってくるお家っていいな〜!
それこそりぷママさんのお人柄!!!
2018/5/3-6

りぷママさんのイタリアンローストポークの記事はこちら→スピナッチオムレツとイタリアンローストポーク



おまけ。
「泳いだからいいかな?」って、ついつい...
最近、和菓子食べることが増えてきちゃった!
それじゃ意味ないんだけどね(笑)。
2018/5/3-1




Thank you for visiting my blog and I will greatly appreciate it if you click those three buttons.
来て下さってありがとう。
クリックしてもらえるととてもうれしいです♪
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村 料理ブログ 洋食・洋風料理(レシピ)へ

ご馳走感ありありアクアパッツァ 

2018, 04. 16 (Mon) 19:00

まず最初に始めたのはフォカッチャ。
ホームベーカリーをセットして、生地作りお任せ。
トッピングはブラックオリーブ、アンチョビ、ローズマリー、ガーリックチップス。
2018/4/15-1


フォカッチャを発酵させている間にアクアパッツァの材料写真
ニンニク、たまねぎみじん切り。
砂出し中のあさり。全然口開いてくれないけど→よく洗います。
冷凍だけど、売ってるのを見つけて嬉しかったムール貝→こちらもよく洗います。
甘塩のタラ。→骨と皮を取ります。
味はブラックタイガーの方が上だし、食べるのもめんどくさいけど、見た目がアガるアルゼンチン赤エビ→よく洗い、背わたを取り除きます。
2018/4/15-2


二次発酵も済んで、あとは焼くだけ。
このトッピングもアゲアゲ〜〜
なぜか、今日の妻さんはとても軽い(笑)。
2018/4/15-3


私のアクアパッツァはとても簡単!
切り身を使ったなんちゃってアクアパッツァ
実はこのレシピよりもっと簡単になっちゃって(笑)。

タラは小麦粉まぶしてオリーブオイルで香ばしくムニエルにして、一度取り出します。
たまねぎとニンニクを炒めたらお水と、カルディで買ったフュメドポワソン入れて魚介スープ。
フュメドポワソンについてはこちらの記事でご紹介しています→簡単ブイヤベース
そして具材を並べるだけ。
見えませんがエビの下はムール貝ですっ。
あとは蓋して火を通すだけ。
2018/4/15-5


フォカッチャも焼けました。
2018/4/15-6


貝が開いたら出来上がり。
やっぱり有頭エビ、豪華だわ〜
2018/4/15-7

アクアパッツァ、うんま〜い!!!
レストランに負けてません!
スープにフォカッチャ浸して食べるとさらにうんまい!!!
2018/4/15-8

フォカッチャなければ買ってきたバゲットでも十分。
おうち料理が美味しすぎて困っちゃうよ〜〜(爆)。




Thank you for visiting my blog and I will greatly appreciate it if you click those three buttons.
来て下さってありがとう。
クリックしてもらえるととてもうれしいです♪
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村 料理ブログ 洋食・洋風料理(レシピ)へ