2017.12.24 19:00|レシピ(鳥)
サムゲタンもどきでも作ろうかと思ったのですが、「ローストの方が...」とのたまう約1名(笑)。
我が家の冷蔵庫にあるもの(レーズンとくるみ)でリゾットを作るつもりが、レーズンすらありませんでした。
仕方なくお買い物に行ったら、アプリコットとフィグ(イチジク)も買っちゃった。

ドライフルーツ3種類とニンニクとお米。
2017/12/23-1

ニンニクはみじん切り。
ドライフルーツはレーズンサイズにカット。
塩胡椒、オリーブオイル、お米は無洗米(1合)、楊枝数本、キャセロールにキッチンペーパー。
鳥はよく洗い、キッチンペーパーで拭いてからお腹の中に塩胡椒。
私は胸の皮の間にも軽く塩胡椒しました。
2017/12/23-2

フライパンにオリーブオイルを熱し、ニンニクとお米を炒め、フルーツを加えます。
お米の1.5倍量の熱湯でコンソメも溶かしておいてね。
*追記
白粒コショウを入れたらアクセントになってさらに美味しくなりました!
2017/12/23-3

スープをジャーーっと。
2017/12/23-4

水分がなくなったらリゾット完成。
2017/12/23-5

リゾット詰めて楊枝で止めて。
オリーブオイル塗って、全体に塩胡椒。
両手でオイル塗ってると、鳥にマッサージしてる気分でね。
すなちゃんが、「お客さん、肩凝ってますね〜」とか「おかゆい所ございませんか」とか言いたくなっちゃうってコメントをくれたことがあったのですが...
すっごくわかる!!!
私なら、「お客さん、ツルツルですね〜。どこで脱毛されました?」かな(笑)。
2017/12/23-6

あらかじめ180度に熱したオーブンで1時間20分ほど。
途中2〜3度、キャセロールに溜まった脂を鳥に塗りました。
こんがりきつね色♪
夫用にジャガイモも1個。
2017/12/23-7

いつものようにソースは2種類。
右、ブレッドソースはたまねぎのみじん切りをバターで炒め、牛乳と生パン粉を入れてじっくり煮詰めたもの。
左、グレイビーソースはキャセロールに溜まった焼き汁にお湯を加えて塩胡椒。表面に浮いた脂をすくい取ったもの。
2017/12/23-8

じゃ〜ん!私のお皿。
とっても美味しくできました!!!
付け合わせはほうれん草のガーリックソテー(ホントは松の実も入れてイタリアンっぽくしたかった...)。
2017/12/23-9

このリゾットを詰めるローストチキン、いろんなリゾットで応用できると思います。
ソーセージ入りリゾットも美味しそうだと思うし、ごぼうとレンコンリゾットもありかな?と思うし。
干し椎茸や干しエビ使っても美味しそう。
さらにはリゾットでなくても、例えばひじき入りの炊き込みご飯でもいけそうと思うのです。
ちなみに、参考にしたのは...というかぜんっぜん参考にならない?レシピはこちら
1合のお米に1カップのスープでリゾット作ったら、アルデンテどころかほぼ生米だしっ。
180度のオーブンで3〜40分って、そんなんじゃ鳥は生焼けですからっ。
改訂してあげたいわ。
お礼はビールで十分だから(笑)。




Thank you for visiting my blog and I will greatly appreciate it if you click those three buttons.
来て下さってありがとう。
クリックしてもらえるととてもうれしいです♪
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村 料理ブログ 洋食・洋風料理(レシピ)へ
2017.10.02 19:00|レシピ(鳥)
鳥もも肉2枚。
皮と脂を取り除き、大きめにカット。
ニンニク、たまねぎ、ナス1袋(小5本入り)、トマト缶。
2017/10/1-2

コクを出したかったので、鶏肉は塩コショウ小麦粉をまぶしました。
油はサラダオイルでもオリーブオイルでも。
2017/10/1-3

チキンを焼いた同じフライパンでニンニクとたまねぎも炒めます。
2017/10/1-4

ナスは切ったそばからフライパンに放り込んじゃえば、さらす必要もなし!
オイルは足らなければ足せばよし!
2017/10/1-5

チキンを戻し入れ、
2017/10/1-6

トマト缶は潰し入れました。お水も少し。
ハーブはあるものを気分で。
オレガノとイタリアンパセリ、バジル(いずれも乾燥もの)をたっぷり入れました。
コンソメも2つ。
煮込んだら味見して、お好きなように味を整えてください。
私はいつも夫が飲んでいる粉末のフルーツトマトスープを一袋入れました。
2017/10/1-7


うちはめったに食べないのよ。
夜のパスタってものすごく体重に響くし、スパゲティを茹でるお鍋は大きいから洗うのもめんどくさい。
でも、大好きだった駅前のトラットリアのオーナーが親の介護のために鹿児島に帰ってもうすぐ2年。
そこのパスタはものすごい熱々だったんです。
そんな熱々、他のどの店でも食べられなくて、それなら自分で作るしかない!と...
パスタはお湯が飛び出さないギリギリの超強火で茹でました。
2017/10/1-8

左が夫、右が私のお皿。
2017/10/1-9

ひゃ〜〜〜!ものすっごいアッツアツ!!!
がっつりいったら口の中、上顎を火傷しちゃいました(爆)。
でも、ものすっごい美味しかった!
大満足!
お腹いっぱい!
体重増えても後悔なし!!!
2017/10/1-10




作ったよ〜のご紹介♪♪
パリで暮らそう ! パリジェンヌへの道のpcommeparisちゃんが鶏胸肉のポートワイン煮を作って記事にしてくれました!
pcommeparisちゃん、ありがとう〜〜
お借りした写真は美しい夏の南仏をグラスに閉じ込めた1枚。
2017/10/1-1
そして実はこのグラス、美しいだけでなくて、なんと「痩せる水」らしいの!!!
詳しくはpcommeparisちゃんのこちらの記事をクリック→痩せる水
pcommeparisちゃんの鶏胸肉のポートワイン煮の記事はこちらから☆





Thank you for visiting my blog and I will greatly appreciate it if you click those three buttons.
来て下さってありがとう。
クリックしてもらえるととてもうれしいです♪
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村 料理ブログ 洋食・洋風料理(レシピ)へ
2017.09.30 19:00|レシピ(鳥)
久しぶりに洋書のレシピです。

LES PETITS POULETS D'ARGENT ( Little Silver Chickens )

小さな銀の鳥

元々のこのレシピは12人前分!
それを2人分作りました。
2017/9/29-17


鳥胸肉2枚、パセリみじん切り、生クリーム、すだち2個、玉ねぎ、ニンニク。
2017/9/29-1

すだち1つは薄切り、もう一つは皮をすりおろし、汁を絞りました。
奥のお皿は玉ねぎのなるべく細かいみじん切り大さじ1、ニンニクもなるべく細かいみじん切り1かけ。
パセリのみじん切りも大さじ1ほど、乾燥タイム少々。
2017/9/29-2


チキンの下準備ができたところで、スープに取り掛かりました。
このさつまいも、シルクスイートという種類。
2017/9/29-3

皮をむいてお水にさらしたサツマイモをたまねぎとともに炒めます。
2017/9/29-4

お水とコンソメ入れて火が通るまで煮て、ブレンダーでガーーッと。
味見して、お砂糖少しとお塩で調味しました。
甘くておいし♡
2017/9/29-5


食べる50分くらい前にオーブンの余熱(180℃)を始めます。
天板にはお水を張りラックを置きました。
私は余熱の段階でアルミフォイルに包んだジャガイモも入れました。


ビニール袋に塩胡椒、小麦粉を入れて混ぜ、鶏肉を入れてまぶします。
バターかマーガリンをテキトーに熱し、両面に焼き目をつけます。
2017/9/29-6

生クリームは30ccくらいのつもり。
柔らかめに泡立てます。
ちょっとだから手でやっちゃえと思ったけど、久し振りの泡だて、ちょっとキツかった!
あらかじめ用意しておいた玉ねぎのみじん切りやすだちの皮など全部入れて、
2017/9/29-7

お塩で調味。
2017/9/29-8

アルミフォイルに焼いたチキンを乗せて、ソースを乗せて、すだちの輪切りを乗せて。
2017/9/29-9

くるくるっとまとめて...
鳥の形!!!
2017/9/29-10

もう1羽。
結構うまくできたわ〜!
こうするようにほんとにレシピに書いてあったの。
やらなくてもいいんだけどね(笑)。
2017/9/29-11

もうこの頃にはオーブンの余熱(180℃)もできているはず。
鳥を入れて40分。
天板にはお水を張って蒸し焼きです。
ジャガイモが鳥の卵みたい♪
2017/9/29-13

夫が帰ってきたところでスウィートパンプキンスープも準備して、
2017/9/29-12

ディナータイム
いやぁ、なんか可愛いわぁ〜
インスタ映えするってやつかしら?
やってないけど(笑)。
2017/9/29-14

開けた感じこんな。
2017/9/29-15

ちょうど残っていたすだち2つ使って、大満足ディナーになりました。

レシピで使われているのはライム、もしくはレモンです。
オリジナルレシピ(12人分)の材料も載せておきます。

骨なし鳥胸肉12枚
バター125g
生クリーム150ml
ライム2個、もしくは大きなレモン1個
大きめのニンニク1〜2かけ
フレッシュパセリのみじん切り大さじ2、もしくは乾燥パセリ小さじ3
フレッシュタイムのみじん切り小さじ2、もしくは乾燥タイム小さじ1/2
たまねぎのみじん切り大さじ4

Something to Celebrate ?(何かお祝い事?)というコンセプトのレシピでした。
フォイル焼きもこうやって鳥の形に作ると特別料理っぽい!
基本的にはソースを乗せて焼くだけなので簡単だし。
夫もとても気に入ってくれました!




作ったよ〜のご紹介♪♪
a welcome rainのジジママさんがオニオングレイビーソースサーモンのグリル、マスタードソースを作って記事にしてくれました!
ジジママさん、ありがとう〜〜
私が親戚のおばちゃんのつもりで、成長見守り隊長として、ずっとその成長を応援しているジジちゃん。
プラダーウィリー症候群という病気のせいで、どうしても普通の子供よりはいろんな意味で遅かったりするようだけど。
でもでもでも!
ジジちゃんはジジちゃんなりのペースで確実に成長しているんです!
ジャングルジムにだって登れる!
てっぺんだってもう少し!
まだまだ1年生。
頑張れ〜〜〜!!!
2017/9/29-16
>欧米の映画での食事シーンでマッシュポテトのボールをテーブルの人たちで回して
自分のお皿に「ペッ」と取るシーンがよくありますが
若い頃ずっとあれをマネしたかったの~~
そういうジジママさんも可愛い
ジジママさんのオニオングレイビーソースとサーモンのグリル、マスタードソースの記事はこちらから☆




Thank you for visiting my blog and I will greatly appreciate it if you click those three buttons.
来て下さってありがとう。
クリックしてもらえるととてもうれしいです♪
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村 料理ブログ 洋食・洋風料理(レシピ)へ
2017.06.14 20:12|レシピ(鳥)
reeちゃんは、「同じようなのを手羽先で作るよ」ってコメントくれたし。
りぷママさんは手羽元でつくレポしてくれたし。
もうこれは作ってみるしかないでしょっ!
チキンwithズッキーニ!
レシピはこちら→ポークwithズッキーニ


手羽先は皮&脂が多くてちょっと苦手な部位なので手羽元使いました。
皮を取り除いた手羽元16本。
野菜は玉ねぎ1個、赤パプリカ1個、ピーマン1個、黄色ズッキーニ1本、緑ズッキーニ2本。
スペアリブと比べて足りないパンチを足すべく、にんにくも3かけほど。
2017/6/14-4

チキンを焼き付けてから煮込むこと2時間。
2017/6/14-5

ハンバーグの付け合せにするつもりだったけど、めんどくさくなって出番のなかった芽キャベツも(笑)。
2017/6/14-1

うん!美味しい!
なんかね、深みがあって優しいお味。
2017/6/14-2
ポークも美味しいし、チキンも美味しい。
手羽元のほうが買いやすいし、普段着な感じ。
スペアリブのほうがガッツリ、チキンよりごちそう感あり。
どちらも骨つきがミソです。

ポークwithズッキーニ



おまけ。
写真ではわからないのですが、歯を磨いてる時に歯磨きつけてしまったらしいブラウス。
2回洗っても、胸元に白く色が抜けちゃったところが数カ所。
お気に入りだったのに...
とってもお気に入りだったので、同じものがもう1枚あるのだけど(笑)。
2017/6/14-3

思いついて色の抜けたところを油性マジックでトントン。
復活〜!!!(笑)
あ〜、よかった!




今日も読んでいただき、ありがとうございます
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村 料理ブログ 洋食・洋風料理(レシピ)へ

2017.05.25 19:00|レシピ(鳥)

イギリスの家庭料理はおいしい!

つい最近までそう信じていました。
夫の両親もおいしいもの大好き。
夫の友達もグルメ。
叔母夫妻に至っては、10人分のディナーセットを温める巨大なディッシュウォーマー(食器温め機)を備えていたほどの凝りよう。


ところがイギリスにホームステイしていたみーモフママさんや、最近何回かコメントくださったFionaさんのお話聞くと、どうやら違うみたい...
サンデーローストもなく、ソーセージとマッシュポテトだけ?!
確かにスーパー行くと温めるだけの冷凍食品の量がすごいのよね〜。

そんなイギリス人の食生活を変えたと言われるのが、ジェイミー・オリヴァー
彼の出演していたTHE NAKED CHEF(裸のシェフ)というのがすごい人気でね。
本当に普通の男の子なの。
階段をお尻でスーーッと降りてきて、スクーターに乗ってお買い物行って、コックニー訛り(ロンドン下町)でおしゃべりしながらちゃちゃっと料理する。
まるで隣の男の子ような親しみやすさと、その簡単そうに見えるお料理で、みなさん思ったわけです。

私でもできるかも?!

でね、彼は偉いのよ。
学校給食を美味しくしよう!みたいな活動もやってたし。←女王様から勲章授けられました。
そんなこんなでイギリスの食事は10数年前から劇的に美味しくなったと言われています。
EU加盟によって、ヨーロッパの他の国からもお店を出しやすくなったっていうのもあると思うけどね。
もうすぐ脱退しちゃいそうですが...


ブックオフで買ったジェイミー・オリヴァーのクッカリーブック(料理本)。
ね?可愛いでしょ?くしゃくしゃ頭。
大人気だったのよ〜。
今はすっかりおっさんになったようだけど(笑)。
2017/5/25-15


丸鶏を買ったので、My Perfect Roast Chickenを作ってみました。
レシピを見ると基本的には私の簡単ローストチキンとほぼ同じです。
大きな違いは胸の皮を剥がして、その中にハーブなど入れること。
2017/5/25-14

一番最初に始めたのはブレッドソース作り。
イギリスで鳥をローストする時にこのソースは欠かせません。
玉ねぎのみじん切りをバターで炒めて、牛乳をドボドボ。
2017/5/25-1

そこに生パン粉投入。そして、塩胡椒。
この辺の量は本当に適当で大丈夫。
水っぽかったらパン粉を足せばいいし、固くなりすぎたら牛乳かお水を足せばいいし。
ひと煮立ちすれば基本的にできあがり!
さらに玉ねぎが溶けるくらいまでじっくり煮込むとトロトロのソースになります。
私はトロトロにしたかったので、早めに始めたってわけ。
焦げやすいので気をつけてね。
2017/5/25-4

パセリとマージョラムとバジルのフレッシュハーブを使うって書いてあったけど、うちにあるフレッシュハーブはパセリだけ。
買ってきたパセリは葉先を摘んで凍らせました。
2017/5/25-2

くしゃくしゃっとすれば、パセリのみじん切りのできあがり♪
冷凍&くしゃくしゃを繰り返すともっと細かいみじん切りになります。
保存も冷凍庫で、いつでも使えるパセリのみじん切り。
2017/5/25-3

いつものように、チキンを触る前に用意。
キッチンペーパー4〜5枚、
レモン1個は半分に切りました。
ローリエの葉っぱとローズマリー、楊枝数本。
お皿は塩コショウ、オリーブオイル、そしてハーブ。
パセリはフレッシュ、バジルは乾燥、マージョラムはなかったので乾燥オレガノ。
2017/5/25-5

チキンは中も外も良く洗い、キッチンペーパーで拭き取ります。
お尻の方から胸の皮をはがし...
「皮と身はティッシューみたいなもので真ん中が繋がってるから、それをはがしてもいいし、そのまんまでもいいし」
私は作業しやすくするため、はがしました。
皮と身の間に軽くお塩。たっぷりのハーブ、そしてオリーブオイル。
お腹の中にも塩コショウ、レモン、ローズマリー、ローリエ入れます。
皮を引っ張り楊枝で縫いとめるように止めます。
ジェイミーはタコ糸で止めてたけどね。
鳥の表面全体にオリーブオイル。塩胡椒。
両手を使っての作業です。
2017/5/25-6

腿の部分にも包丁で切れ目を入れて、残りのハーブを詰めました。
2017/5/25-7

200℃のオーブン下段で1時間20分。(1.2kgの鳥が標準。これより大きい場合は焼き時間を延ばしてください。小さい場合はあまり短くしなくてもいいかも)
2〜3回、焼き汁を鳥にかけてください。←100円ショップで買ったシリコン製のブラシが便利!
ほ〜ら!いい色に焼けた♪♪
銀色の塊は皮をむいたジャガイモ。
ローストするとこれも甘くて美味しいの!
2017/5/25-8

切り分けお願いしま〜す。
これは一家の主人の仕事。
2017/5/25-9

で、その間、奥さんはソース作り。
右は最初に作ったブレッドソース。
左はチキンを焼いた器にお湯を入れて旨味をこそげ落とし、コンソメを加えたグレイビーソース。
気をつけてね。
ガラスの耐熱皿にお水を入れると温度差で割れちゃうこともあるから。
2017/5/25-10

ソースも完成。
2017/5/25-11

私のお皿。
これにグレイビーソースをかけて、ブレッドソースとともに食べます。
2017/5/25-12

食べて...驚いた
こ、こ、これは...

予想を超えるおいしさ!

上にも書きましたが、基本的には私の簡単ローストチキンとほぼ同じです。
違いは、皮を剥いで中にハーブを入れるくらい。
でも、なんか美味しい!
ジェイミーが自慢するわけもわかるわ。

MY PERFECT ROAST CHICKENとね。


2人で食べつくしましたとさ(笑)。
新玉ねぎを使ったブレッドソースも甘かった♡
2017/5/25-13

クリスマスのローストにはやはりスタッフィングありのこちらですが→クリスマスにいかが?ローストチキン♪
普段にはジェイミーチキン、しばらくはまりそうです!



今日も読んでいただき、ありがとうございます
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村 料理ブログ 洋食・洋風料理(レシピ)へ
プロフィール

愛されている妻

Author:愛されている妻
イギリス人の夫と結婚して、28年目。
結婚したときは、想像してなかった。今でもこんなに幸せとは。
専業主婦で食べることが好き。旅行が好き。おしゃれが好き。猫が好き。夫が好き。
現在は猫いない生活中。
コメント大歓迎♪♪

ブログランキング

ランキングに参加しています。 応援してね♪

FC2Blog Ranking

最近の記事+コメント

カテゴリー

検索フォーム

Wedding Anniversary

FC2カウンター

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: